Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Back to All Events

11/6(Wed) スガダイロー Dairo Suga・坂本弘道 Hiromichi Sakamoto・勝井祐二 Yuji Katsui

act :

スガダイロー / Dairo Suga (piano)

坂本弘道 / Hiromichi Sakamoto (Cello)

勝井祐二 / Yuji Katsui (Violin)

1st set : open 18:30 / start 19:00 / 1,000 yen (+tax)

2nd set : open 19:50 / start 20:10 / 1,500 yen (+tax)

3rd set : open 21:00 / start 21:30 / 1,500 yen (+tax)

● 入れ替え制となりますが、各回続けてのご鑑賞も可能です。

● 初回の入場時のみファーストドリンクのご注文をお願いいたします。

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
ご希望のSetを選んでください / Check

スガダイロー  / Dairo Suga

ピアニスト/作曲家/1974年生まれ/神奈川県鎌倉生

洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。  

Jason Moran、山下洋輔、田中泯、灰野敬二、飴屋法水、京極夏彦、中村達也、U-zhaan、向井秀徳、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoらジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品にも参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

2008年 初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル:二階堂和美 3曲参加)を発表。

2011年 『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

2012年 志人(降神)との共作アルバム『詩種』を発表。

2013年 星野源『地獄でなぜ悪い』および、後藤まりこ『m@u』に参加。

2015年 サントリーホール主催ツィン・マーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)」にスガダイロー・カルテットを率いて参加。  

2015、2016年 KAAT神奈川芸術劇場にて白井晃 演出「舞台 ペール・ギュント」「舞台 マハゴニー市の興亡」の音楽監督を担当。 

2016年 夢枕獏(小説家)との共作『蝉丸-陰陽師の音-』発表。 

2016年 「BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS I」にてNYスタインウェイ工場を舞台に、ジャズ・ピアニストJASON MORANと初共演。

2016年 10月~2017年7月 水戸芸術館にて「スガダイローPROJECT(全3回)」を開催。

2017年 「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」を草月ホール、ロームシアター京都にて行う。

2018年 ピアノソロ作品「季節はただ流れて行く」発表。

2019年 トリオ作品「公爵月へ行く」を発表。

Official Web Site: http://sugadairo.com/ 

Facebook: https://www.facebook.com/Sugadairo 

twitter: https://twitter.com/sugadairo

Dairo Suga / Composer, Pianist
Born in Kamakura, Kanagawa Prefecture, Japan in 1974

If we were to name the instrumental music artists who have emerged from Japan, a small island nation on the far east of the world, and become famous around the globe, it would be a short list.


In Japan, only a handful of musicians and performers have true name value: Seiji Ozawa, Ryuichi Sakamoto, Toru Takemitsu, Yuji Takahashi, Yellow Magic Orchestra, Akiko Yano, Kitaro, Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Yasuaki Shimizu, Yosuke Yamashita, Aki Takase, Toshinori Kondo, Otomo Yoshihide, Keiji Haino, Mitsuko Uchida, Hiromi Uehara, ...

No doubt you know some of these artists.

From the 1960s to the 1980s, many Japanese artists were active internationally in the fields of classical music, contemporary classical music, jazz, synthpop, and noise music. But recently it’s Japanese artists in animation or contemporary art who have been getting all the attention.

In 1974, Dairo Suga was born in Kamakura, a city near Tokyo with a long history. Raised in Kamakura, he went on to study at Berklee College of Music in Boston and now works as an interdisciplinary composer and pianist. He has gained prominence for his flexible, collaborative approach that traverses jazz and other genres, and for his emotional musical style that is beautiful and noble.

In Dairo Suga’s “pianism” we can see the influence of many other acclaimed jazz musicians, such as Thelonious Monk, Duke Ellington, Bud Powell, Jaki Byard, Dollar Brand, Egberto Gismonti, and Randy Weston. And yet in the dynamic moments and aesthetic lacunae of his performances we also glimpse his highly Japanese originality.

 Suga’s compositions are known to explore themes of the enigma of life. This tendency has its roots in how Suga initially aspired to be a biologist when he was younger and even majored in biology at university. In his music we can sense his deep affection for life, something akin to Monet’s lilies, like a vast, profound ocean.

 From jazz to rock, pop, and contemporary classical music, Suga’s quest for musical expression never ceases. His collaborations include with traditional Japanese instruments, electronics, basketballs and contemporary dance artists, while recently he has also composed film and theatre soundtracks.

 He has toured Europe with the likes of Shibusashirazu Orchestra and Orquesta Libre, and is planning a European tour with his own band.

勝井祐二 Yuji Katsui

音楽家/ヴァイオリニスト

ROVO . KOMA . DRAMATICS . 勝井祐二 × U-zhaan . などのバンドやユニットと、ソロや様々な音楽家との即興演奏で、エレクトリック・ヴァイオリンの表現の可能性を追求し続ける第一人者。

「1991-1992 JAPAN – UK Festival」の中心展示「VISIONS OF JAPAN」(Victoria and Albert Museum)のサウンド・ディレクターを務め、渡英。帰国後、日本最初期のレイヴ・パーティー「WATER」をオーガナイズする。

96年、山本精一と「ROVO」結成。バンド編成のダンスミュージックで、90~00年代以降のオルタナティブ~野外フェスティバルのシーンを牽引した。

02年に初来日したファナ・モリーナ、フェルナンド・カブサッキとの共演を機にアルゼンチンの新しい音楽シーンと交流を深める。

09年には、サイケデリック・ロック・バンド「GONG」の結成40周年を記念したアルバム「2032」に、スティーブ・ヒレッジと共に参加。以後「SYSTEM 7」のアルバムにも参加するなどの交流を続け、2013年「ROVO and SYSTEM 7」名義のアルバム「Phoenix Rising LP」を世界発売。2013~2014年にかけて、アジア~ヨーロッパツアーを行い、フジロックフェスティバル’14に凱旋。

2016年 ROVO結成20周年記念アルバム「XI (eleven)」発表。

2017年にはスガダイローとのデュオユニットですみだジャズフェスティバルのヘッドライナーとしてトリフォニー大ホールに出演。近年はバンコクを中心に東南アジアツアーを頻繁に行うなど、ソロ~デュオの活動の幅を広げる。

2018年度キネマ旬報文化映画第1位、日本映画ペンクラブ賞文化映画部門ベスト1、など、数々の賞を受賞した傑作ドキュメンタリー映画『沖縄スパイ戦史』の音楽を制作、サウンドトラックアルバム「勝井祐二フィルムワークス」を発表した。

2019年 音楽を担当したNHKスペシャルのドラマ「詐欺の子」が放送文化基金賞のテレビドラマ部門の最優秀賞を受賞。

https://katsuiyuji.exblog.jp

http://www.rovo.jp

坂本弘道 Hiromichi Sakamoto

80年代後半より活動するチェロ奏者、作曲家、インプロバイザー。ダンス、映像、美術、現代サーカスなど多彩なジャンルのアーティストとのセッションや、ソロ活動を国内外で展開。早川義夫、遠藤ミチロウ、川上未映子など共演・サポート多数。バンド「パスカルズ」所属。近年は数多くの演劇・舞台の音楽を手がけている。コクーン歌舞伎「盟三五大切」、シスカンパニー・日本文学シアター全作品、シビウ国際演劇祭参加・台湾阮劇團×流山兒事務所『馬克白:マクベス』、KERA・MAP「修道女たち」等々。映画音楽では、『緑子/ MIDORI-KO』、『アジア犬肉紀行』等々。音楽ドキュメンタリー映画『We Don't Care About Music Anyway』出演。「JAZZ ART せんがわ」プロデューサー。