Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Oct
25
7:30pm 7:30pm

10/25(水) お絵描きの会 [クレオパトラ長谷川、内田春菊、田中光、岸田メル、せらみかる、ナターシャ、畠山達也、熊本アイ]

【出演】クレオパトラ長谷川、内田春菊、田中光、岸田メル、せらみかる、ナターシャ、畠山達也、熊本アイ
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
27
8:00pm 8:00pm

10/27(金) 寺尾洋之のイチから始めるアニメ・イラスト講座 10月号

8・9・10月の本講座は、三回に分けて
「80年代ロボットアニメを語る!!」
をお送りします!
様々な試行錯誤から映像やデザインの可能性が広がっていきました。
そんな時代背景を踏まえ、作品性や映像面の解説をしたいと思います。
ロボットアニメが一番熱かった時代。
楽しく盛り上がれればと思います!
奮ってご参加ください♪


【出演】寺尾洋之
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1D付、寺尾さんの書き下ろしイラスト付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
29
3:00pm 3:00pm

10/29(日) ダレン・ムーア インディアンリズムワークショップシリーズ [ワークショップ3  5拍子のフォーカス・4拍子に5音符のグルーピングの使い方・リザムに休符を組み入れる]

[ダレン・ムーア インディアンリザムワークショップシリーズ]
ヒンドゥー教の読経をルーツに持ち、歌に太鼓や口琴をパーカッションのように合わせるカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶことでリズムに対する理解を深めリズム感を向上させませんか? 5つのワークショップでは、基本的なリズム理論を学んだり、楽器を使わずSolkattu(唱歌)と呼ばれるカルナータカ音楽のリズム習得方法で手拍子を打ちながらフレーズを勉強していきます。
リズム理論の基礎を理解することで、西洋音楽のパーカッションやその他の楽器、そして様々なジャンルの音楽に応用することができます。作曲や電子音楽などにも適応させられます。
演奏家、作曲家、ダンサー、リズムを使って作曲やお仕事をされている方にオススメです。 講師は東京に本拠地を置くオーストラリア人のプロドラマーであるダレン・ムーアが行います。レッスンは基本的に日本語で行われます。

Indian Rhythm Workshop Improve your rhythmic sense and develop a deeper understanding of rhythm through learning Carnatic Indian rhythms. Over the course of five workshops, Carnatic rhythmic concepts will be introduced and taught by using the spoken rhythmic syllables called Solkattu recited over combinations of claps, waves and finger counts. The workshop will be taught without any instruments and the rhythmic ideas can be applied to any style of music. The workshops are open to acoustic musicians, computer-based musicians, composers and dancers; anyone who works with rhythm. The workshops will be taught by Darren Moore who is an Australian professional drummer based in Tokyo. Darren studied Carnatic rhythms with South Indian master ghatam player Suresh ‘Ghatam’ Vaidyanathan and mridungam master T.R. Sundaresan. In 2013, Darren obtained a Doctorate of Music Arts from Griffith University in Australia which looked at applying Carnatic Indian rhythms to the drum set.

【出演】ダレン・ムーア
【開場】14:30
【開演】15:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)
★WS+ライブセット1日通し券:4,500円

[ダレン・ムーアプロフィール]
オーストラリア、ロンドン、シンガポールでの演奏活動を経て現在東京在住のオーストラリア人プロドラマー。1997年にジャズ音楽学科でジャズドラムを学び学士号を取得。ロンドンでジャズドラマーとして活動した後、2006〜2015年の9年間シンガポールのラサール芸術大学でポピュラー音楽とジャズ音楽の学士課程の教員として教鞭を取りながら、南インドのカルナータカ音楽とドラムセットの融合という研究で博士号を取得。南インドの打楽器・ガタムの大御所Suresh Vaidyanathanと南インドの両面太鼓、ムリダンガムの大御所T.R. Sundaresanに従事しカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶ。 www.darren-moore.net

[ワークショップ情報]
2017年10月29日 ワークショップ3  5拍子のフォーカス・4拍子に5音符のグルッピングの使い方・リザムに休符を組み入れる
2017年11月19日 ワークショップ4  7拍子のフォーカス・4拍子に7音符のグルッピングの使い方・リズムデザイン
2017年12月10日 ワークショップ5  9拍子のフォーカス・4拍子と3拍子に9音符のグルッピングの使い方・リズムのバリエーションの作り方

[ライブ情報]
10月29日 ダレン・ムーア×芳垣安洋
11月19日 ダレン・ムーア大グループ 定村史朗 (v)/田中邦和(s)/水谷浩章(b)/坂口ミツヒサ(keys)/ダレン・ムーア(d)
12月10日 インドリズム×フリージャズ U-zhaan(tabla)/スガダイロー(p)/ダレン・ムーア(dr)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
30
8:00pm 8:00pm

10/30(月) 小西遼クインテットにeetee食堂 [小西遼(sax) 石川広行(tp) 佐藤浩一(pf) 千葉広樹(b) 竹村一哲(ds) food: eetee食堂]

CRCK/LCKSのリーダー、象眠舎主宰。新進気鋭の音楽家・小西遼によるベルベットサンでの毎月企画。ハンドサインによるインプロ(Tokyo Sound-painting)、象眠舎実験公演、角銅真実さんや千葉広樹さんとのデュオを行ってきましたが、ここに来てまさかの王道ジャズ・クインテット!rabbitooの佐藤浩一さん・千葉広樹さん、blacksheepの石川広行さん、峰厚介カルテット等で活躍する竹村一哲さんといったジャズメンと小西はどう対峙するのか…?フードには独自のスパイス料理を振る舞うeetee食堂も参戦!

【出演】小西遼(sax) 石川広行(tp) 佐藤浩一(pf) 千葉広樹(b) 竹村一哲(ds) フード:eetee食堂
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
3
2:00pm 2:00pm

11/3(金) 昼の部:cooking song vol.22 [高橋保行(vo/tb/cook)・伴瀬朝彦(vo/pf/cook)・田島拓(gt)・上運天淳市(as)・パニック大原(ts)]

高橋保行(渋さ知らズ)と伴瀬朝彦(片想い)による双頭リーダーバンドcooking songsをより身近に楽しめる、ベルベットサンでの毎月企画。今回はホーン隊勢揃いのチェンバー編成を、お昼にお届けします。前菜からパスタまで付いて音楽と料理を楽しめる恒例企画!
※料理準備のため、事前にご予約をお願い致します。

【出演】cooking songs small set [高橋保行(vo/tb/cook)・伴瀬朝彦(vo/pf/cook)・田島拓(gt)・上運天淳市(as)・パニック大原(ts)]
【開場】13:30
【開演】14:00
【料金】2,500円(イタリアン:前菜からパスタまで付いてます!・ドリンク別)

■Profile 高橋保行(「渋さ知らズ」)と伴瀬朝彦(「片想い」)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーに「WUJA BIN BIN」「スガダイロー:リトルブルー」「田我流とカイザーソゼ」等に参加するメンバーを擁する。フリージャズとポップスにまみれた男子たちが、手塩から酸いも甘いも飲み込み振りかけ、歌を届けている。 ■Member 高橋保行(vo/tb/cook) 伴瀬朝彦(vo/pf/cook) ケイタイモ(b) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt) 上運天淳市(as) パニック大原(ts) ■Website https://cookingsong.amebaownd.com/

■Profile
高橋保行(「渋さ知らズ」)と伴瀬朝彦(「片想い」)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーに「WUJA BIN BIN」「スガダイロー:リトルブルー」「田我流とカイザーソゼ」等に参加するメンバーを擁する。フリージャズとポップスにまみれた男子たちが、手塩から酸いも甘いも飲み込み振りかけ、歌を届けている。

■Member
高橋保行(vo/tb/cook) 伴瀬朝彦(vo/pf/cook) ケイタイモ(b) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt) 上運天淳市(as) パニック大原(ts)

■Website
https://cookingsong.amebaownd.com/

前菜・しかかりめのおかず・パスタをご用意しています!お腹を空かせて、是非お越し下さい!

前菜・しかかりめのおかず・パスタをご用意しています!お腹を空かせて、是非お越し下さい!

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
4
8:00pm 8:00pm

11/4(金) 11対4 [俺はこんなもんじゃない・peaks・八木映美と静かな実験]

【出演】俺はこんなもんじゃない・peaks・八木映美と静かな実験
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■俺はこんなもんじゃない
独自の音楽を2001年くらいから勝手に作り続けている集団。
現在までに4枚のアルバムを自主レーベルから発表。
バンド名とその音楽性との間に多少のギャップがあるように感じている。
しかしそれ自体が、本人達が「俺はこんなもんじゃない」と思っているという事である。
よってギャップは無い。
Kariu Kenji (guitar,最初から) http://kariuk.tumblr.com
Masuda Yuki (keyboards,最初から)https://twitter.com/owkmj
Takeda Yoshihiko (drums,最初から)https://twitter.com/voodooclave
Kishida Yoshinari (percussion,2008~ )http://d.hatena.ne.jp/ksdysnr/
Ando Akihiko (alto sax,2008〜)https://twitter.com/akiandhiko
Ando Tatsuya (soprano sax,2009~)https://twitter.com/Tattuya
Soeda Yusuke (bass,2012~) http://www.muddyworld.com
Tanaka Kotaro (guitar,2012~) http://www.shacique.com
Matsumura Takumi (Flute,2014~) http://takumi-info.net/

■peaks
ヒロカワマチコGuitar、土屋滋朗Guitar、マツイユウキBase、ふっさんDrumsからなる4人組。お賽銭泥棒とSPIIICAというバンドのメンバーで2017年結成。黄色い肌のアフリカ人。自然と調和したロックンロールを目指しています。

■八木映美と静かな実験
ボーカリスト八木映美による、毎回異なるメンバーとのスペーシーな実験。

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
8
7:30pm 7:30pm

11/8(水)「ワニ3匹がジャズを解放する!」[柳樂光隆・村井康司・吉田隆一]

ジャズの演奏家、研究家、評論家、DJ、リスナーの間に横たわるものを肴に評論家と演奏家、そして演奏する評論家の三人のおじさんがゆるゆる語る「ワニ3匹がジャズを解放する!」
今回は9月16日に発売された、村井康司『あなたの聴き方を変えるジャズ史』(シンコーミュージック)を話題としたトークが繰り広げられます。

【出演】柳樂光隆(ジャズ評論家)、村井康司(ジャズ評論家/ギタリスト)、吉田隆一(ジャズ演奏家)
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
11
7:30pm 7:30pm

11/11(土) マーライオンバンド(Guest: 大谷能生)とermhoi

前回、ファック松本(どついたるねん)とのソロツーマンを行ったマーライオン。昨年「大谷能生とマーライオンの崖から落ちてみる」(@黄金町試聴室その2)にて一年間鍛えを受けた大谷能生氏をゲストに迎えたバンドセットで登場。エレクトロニカ、エクスペリメンタルポップ界に衝撃を与え続けるermhoiとの豪華ツーマンライブ!


【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,300円(1ドリンク別)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
12
2:00pm 2:00pm

11/12(日) 昼の部:LCC 2017 day5 Horizontal Tonal Gravity 2 / Tonic Station Modality 2, Mode of Cadence

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!
レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。
今回は、Bachなどの旋律を例に具体的にメロディーがどのように展開するかを考察します。また、和声と旋律の組み合わせによって発生する"Mode of Cadence"を学習します。


【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■
LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!
講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!
アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!

・「フナヤマノート」と「講義動画」のセットを2,000円(1講義分)にて販売
・年間講義通年のパス「通し券」購入の方は、特別に1,000円(1講義分)にて販売
ご希望の方は、下記フォームよりお申込み下さい。

★講義概要はこちらのページよりご確認下さい

 

■ご予約はこちら

 

■「フナヤマノート」と「講義動画」ご希望の方はこちら

View Event →
Nov
16
8:00pm 8:00pm

11/16(木) 仙波清彦(per)・ヨシダダイキチ(シタール)・大石竜輔(レク)・モヒカン織本(タブラ)

【出演】仙波清彦(per)・ヨシダダイキチ(シタール)・大石竜輔(レク)・モヒカン織本(タブラ)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約: 3,000円 当日:3,500円 (ともに1ドリンク別)

仙波清彦プロフィール 邦楽囃子方仙波流家元・仙波宏祐の長男として生まれ、3歳より父に師事、日本伝統打楽器(小鼓、太鼓)を学ぶ。 10歳で歌舞伎界に入り、数多くの舞台に出演。東京芸術大学在学中には邦楽技能優秀者に与えられる安宅賞を受賞。 1978年“THE SQUARE”へ加入後、数々のセッションを経て、1982年“はにわオールスターズ”を結成。 1998年より「エイジアン・ファンタジー・オーケストラ」のリーダーとなりアジア諸国をツアー。 2000年結成のユニット“SEMBA SONIC SPEAR”等でライブ活動を展開。 2005年、愛知万博『愛・地球博』で「世界民族楽器オーケストラ・LEEO」ゲスト参加、「森の中のパレード」の音楽監督兼HANIWA EXPOのリーダーとして出演。洋・邦楽の分野を問わず多彩な活動を行っている。 現在、総勢23名の打楽器を中心とした「仙波清彦とカルガモーズ」を率い、更に破壊派BAND「疑惑のイージーリスニング」で活動。 数多くのセッションやプロデュースを行う。

仙波清彦プロフィール
邦楽囃子方仙波流家元・仙波宏祐の長男として生まれ、3歳より父に師事、日本伝統打楽器(小鼓、太鼓)を学ぶ。
10歳で歌舞伎界に入り、数多くの舞台に出演。東京芸術大学在学中には邦楽技能優秀者に与えられる安宅賞を受賞。
1978年“THE SQUARE”へ加入後、数々のセッションを経て、1982年“はにわオールスターズ”を結成。 1998年より「エイジアン・ファンタジー・オーケストラ」のリーダーとなりアジア諸国をツアー。 2000年結成のユニット“SEMBA SONIC SPEAR”等でライブ活動を展開。 2005年、愛知万博『愛・地球博』で「世界民族楽器オーケストラ・LEEO」ゲスト参加、「森の中のパレード」の音楽監督兼HANIWA EXPOのリーダーとして出演。洋・邦楽の分野を問わず多彩な活動を行っている。
現在、総勢23名の打楽器を中心とした「仙波清彦とカルガモーズ」を率い、更に破壊派BAND「疑惑のイージーリスニング」で活動。 数多くのセッションやプロデュースを行う。

大石竜輔 9歳からドラムセットを叩き始め、高校卒業後音楽学校に進学する。 音楽学校卒業後、タンバリンと出会い、その表現力の高さに感動し、特にエジプトのタンバリン「レク」に心を奪われる。 トルコのモダン奏法やルーディメンツ、ドラムセットにおけるリニアドラミングやカンジーラ奏法等さまざまな打楽器の技術をレクに応用し、独自のプレイを追求している。 トルコでレク奏者のMEHMET AKATAYにレクのモダン奏法を学ぶ。 レクを和田啓氏に師事。 ベリーダンスの伴奏や打楽器アンサンブル、アーティストのサポートやレッスン、保育園や小学校等様々な施設での演奏で活動中。 共演アーティスト iora・泉沢果那、須田隆久、キウイとパパイヤ、マンゴーズ・式町水晶...etc

大石竜輔
9歳からドラムセットを叩き始め、高校卒業後音楽学校に進学する。
音楽学校卒業後、タンバリンと出会い、その表現力の高さに感動し、特にエジプトのタンバリン「レク」に心を奪われる。
トルコのモダン奏法やルーディメンツ、ドラムセットにおけるリニアドラミングやカンジーラ奏法等さまざまな打楽器の技術をレクに応用し、独自のプレイを追求している。
トルコでレク奏者のMEHMET AKATAYにレクのモダン奏法を学ぶ。
レクを和田啓氏に師事。
ベリーダンスの伴奏や打楽器アンサンブル、アーティストのサポートやレッスン、保育園や小学校等様々な施設での演奏で活動中。
共演アーティスト
iora・泉沢果那、須田隆久、キウイとパパイヤ、マンゴーズ・式町水晶...etc

ヨシダダイキチ 1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。世界的に活躍するウスタッド・シュジャート・カーン/ustad shujaat khanに師事。 YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)とのユニット「saicobaba」を結成し5枚のCDをリリース。 様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」を結成し5枚のCDをリリース。シタール5~30台を使ったユニット「sitaar tah!」を結成しニューヨークachiverecord/importantrecordより2枚のCDをリリース。 日本のレーベルからオリジナルアルバム「Tah!」をリリース。UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、プロデュース。 奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」を、インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジしたアルバムをプロデュース。

ヨシダダイキチ
1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。世界的に活躍するウスタッド・シュジャート・カーン/ustad shujaat khanに師事。
YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)とのユニット「saicobaba」を結成し5枚のCDをリリース。
様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」を結成し5枚のCDをリリース。シタール5~30台を使ったユニット「sitaar tah!」を結成しニューヨークachiverecord/importantrecordより2枚のCDをリリース。
日本のレーベルからオリジナルアルバム「Tah!」をリリース。UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、プロデュース。
奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」を、インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジしたアルバムをプロデュース。

モヒカン織本 高校の吹奏楽部に入部し、打楽器に目覚める。 卒業後、ミューズモード音楽院に入学。ドラムをスコットレイサム、坂口良治(米米CLUB)に師事。都内を中心にライブサポートやレコーディング活動の傍ら、独学でラテンパーカッションやインド打楽器タブラを始める。 邦楽お囃子仙波流家元、仙波清彦(元T-square)が主宰するバンド「仙波清彦&カルガモーズ」にタブラ奏者として加入。 2015年から世界中を飛び回り活躍するタブラ奏者Pt Arunangshu Chaudhury氏に師事。 2017年に初めてインドへ。現地ミュージシャンの圧倒的な熱量、技術力に打ちのめされる。 日本を代表するシタール奏者ヨシダダイキチ(UA saicobaba)との共演や、若手打楽器奏者のみで構成された即興指揮型パーカッション軍団 「La Señas」のメンバーとして活動するなど、様々な活動をしている。

モヒカン織本
高校の吹奏楽部に入部し、打楽器に目覚める。
卒業後、ミューズモード音楽院に入学。ドラムをスコットレイサム、坂口良治(米米CLUB)に師事。都内を中心にライブサポートやレコーディング活動の傍ら、独学でラテンパーカッションやインド打楽器タブラを始める。
邦楽お囃子仙波流家元、仙波清彦(元T-square)が主宰するバンド「仙波清彦&カルガモーズ」にタブラ奏者として加入。
2015年から世界中を飛び回り活躍するタブラ奏者Pt Arunangshu Chaudhury氏に師事。
2017年に初めてインドへ。現地ミュージシャンの圧倒的な熱量、技術力に打ちのめされる。
日本を代表するシタール奏者ヨシダダイキチ(UA saicobaba)との共演や、若手打楽器奏者のみで構成された即興指揮型パーカッション軍団
「La Señas」のメンバーとして活動するなど、様々な活動をしている。

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
18
7:00pm 7:00pm

11/18(土) OKHP JAM(スガダイロー(p) Dr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb))

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。


【セッションホスト】スガダイロー(p) Dr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
19
3:00pm 3:00pm

11/19(日) ダレン・ムーア インディアンリズムワークショップシリーズ [ワークショップ4  7拍子のフォーカス・4拍子に7音符のグルッピングの使い方・リズムデザイン]

[ダレン・ムーア インディアンリザムワークショップシリーズ]
ヒンドゥー教の読経をルーツに持ち、歌に太鼓や口琴をパーカッションのように合わせるカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶことでリズムに対する理解を深めリズム感を向上させませんか? 5つのワークショップでは、基本的なリズム理論を学んだり、楽器を使わずSolkattu(唱歌)と呼ばれるカルナータカ音楽のリズム習得方法で手拍子を打ちながらフレーズを勉強していきます。
リズム理論の基礎を理解することで、西洋音楽のパーカッションやその他の楽器、そして様々なジャンルの音楽に応用することができます。作曲や電子音楽などにも適応させられます。
演奏家、作曲家、ダンサー、リズムを使って作曲やお仕事をされている方にオススメです。 講師は東京に本拠地を置くオーストラリア人のプロドラマーであるダレン・ムーアが行います。レッスンは基本的に日本語で行われます。

Indian Rhythm Workshop Improve your rhythmic sense and develop a deeper understanding of rhythm through learning Carnatic Indian rhythms. Over the course of five workshops, Carnatic rhythmic concepts will be introduced and taught by using the spoken rhythmic syllables called Solkattu recited over combinations of claps, waves and finger counts. The workshop will be taught without any instruments and the rhythmic ideas can be applied to any style of music. The workshops are open to acoustic musicians, computer-based musicians, composers and dancers; anyone who works with rhythm. The workshops will be taught by Darren Moore who is an Australian professional drummer based in Tokyo. Darren studied Carnatic rhythms with South Indian master ghatam player Suresh ‘Ghatam’ Vaidyanathan and mridungam master T.R. Sundaresan. In 2013, Darren obtained a Doctorate of Music Arts from Griffith University in Australia which looked at applying Carnatic Indian rhythms to the drum set.

【出演】ダレン・ムーア
【開場】14:30
【開演】15:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)
★WS+ライブセット1日通し券:4,500円

[ダレン・ムーアプロフィール]
オーストラリア、ロンドン、シンガポールでの演奏活動を経て現在東京在住のオーストラリア人プロドラマー。1997年にジャズ音楽学科でジャズドラムを学び学士号を取得。ロンドンでジャズドラマーとして活動した後、2006〜2015年の9年間シンガポールのラサール芸術大学でポピュラー音楽とジャズ音楽の学士課程の教員として教鞭を取りながら、南インドのカルナータカ音楽とドラムセットの融合という研究で博士号を取得。南インドの打楽器・ガタムの大御所Suresh Vaidyanathanと南インドの両面太鼓、ムリダンガムの大御所T.R. Sundaresanに従事しカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶ。 www.darren-moore.net

[ワークショップ情報]
2017年11月19日 ワークショップ4  7拍子のフォーカス・4拍子に7音符のグルッピングの使い方・リズムデザイン
2017年12月10日 ワークショップ5  9拍子のフォーカス・4拍子と3拍子に9音符のグルッピングの使い方・リズムのバリエーションの作り方

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
19
8:00pm 8:00pm

11/19(日) 夜の部:ダレン・ムーア大グループ [定村史朗 (v)/田中邦和(s)/水谷浩章(b)/坂口ミツヒサ(keys)/ダレン・ムーア(d)]

【出演】ダレン・ムーア大グループ [定村史朗 (v)/田中邦和(s)/水谷浩章(b)/坂口ミツヒサ(keys)/ダレン・ムーア(d)]
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)

★昼の部にはダレンさんによるインディアンリズム講座もございます!詳細

 WS+ライブセットのお得な1日通し券は4,500円!

■ご予約はこちら

View Event →
Nov
24
8:00pm 8:00pm

11/24(金) TZBOLABO 2017【第5回 クラシック音楽の感動----新垣隆 Takashi Niigaki(作曲家)】

坪口昌恭さんによるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」。第5回は作曲家の新垣隆さんがゲスト。ジャズとクラッシクの違いや共通点を通して、音楽そのものを探求できる一日となりそうです。


【出演】坪口昌恭・新垣隆
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円

坪口昌恭<Masayasu Tzboguchi>
福井大学工学部応用物理学科卒業後1987年に上京。
ジャズにエレクトロニクスを積極的に取り入れ、ポリリズミックでボーダーレスなキーボーディストとして多数のライブや音楽制作に携わっている。
主宰するエレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(’12年、’13年にNY公演)、
キューバ勢ジャズメンとのNY録音リーダー作、ソロピアノ作、モジュラーシンセ作、ピアノトリオ・リミックス等自己名義のアルバムを17枚発表。
原田知世、伊藤ゴロー、JUJU、小泉今日子、宇多田ヒカル、大友良英ほか85枚以上のCDに参加。
’08年上妻宏光のアルバムをプロデュース。’11年ハリウッド映画「Lily」の音楽制作。’16年アニメ「ReLIFE」の劇中音楽を制作。
『DC/PRG』『菊地成孔Dub Septet』『RM jazz legacy』の鍵盤奏者としても現在進行形のジャズを担う存在として注目を集める。
intoxicate、キーボードマガジン他音楽誌への執筆多数。尚美学園大学/同大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。
http://www.tzboguchi.com

★年間スケジュールはこちらから!

 

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
10
3:00pm 3:00pm

12/10(日) 昼の部:ダレン・ムーア インディアンリズムワークショップシリーズ [ワークショップ5 9拍子のフォーカス・4拍子と3拍子に9音符のグルッピングの使い方・リズムのバリエーションの作り方

[ダレン・ムーア インディアンリズムワークショップシリーズ]
ヒンドゥー教の読経をルーツに持ち、歌に太鼓や口琴をパーカッションのように合わせるカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶことでリズムに対する理解を深めリズム感を向上させませんか? 5つのワークショップでは、基本的なリズム理論を学んだり、楽器を使わずSolkattu(唱歌)と呼ばれるカルナータカ音楽のリズム習得方法で手拍子を打ちながらフレーズを勉強していきます。
リズム理論の基礎を理解することで、西洋音楽のパーカッションやその他の楽器、そして様々なジャンルの音楽に応用することができます。作曲や電子音楽などにも適応させられます。
演奏家、作曲家、ダンサー、リズムを使って作曲やお仕事をされている方にオススメです。 講師は東京に本拠地を置くオーストラリア人のプロドラマーであるダレン・ムーアが行います。レッスンは基本的に日本語で行われます。

Indian Rhythm Workshop Improve your rhythmic sense and develop a deeper understanding of rhythm through learning Carnatic Indian rhythms. Over the course of five workshops, Carnatic rhythmic concepts will be introduced and taught by using the spoken rhythmic syllables called Solkattu recited over combinations of claps, waves and finger counts. The workshop will be taught without any instruments and the rhythmic ideas can be applied to any style of music. The workshops are open to acoustic musicians, computer-based musicians, composers and dancers; anyone who works with rhythm. The workshops will be taught by Darren Moore who is an Australian professional drummer based in Tokyo. Darren studied Carnatic rhythms with South Indian master ghatam player Suresh ‘Ghatam’ Vaidyanathan and mridungam master T.R. Sundaresan. In 2013, Darren obtained a Doctorate of Music Arts from Griffith University in Australia which looked at applying Carnatic Indian rhythms to the drum set.

【出演】ダレン・ムーア
【開場】14:30
【開演】15:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)
★WS+ライブセット1日通し券:4,500円

170820ダレンワークショップ2.jpg
170820ダレンワークショップ1.jpg

[ダレン・ムーアプロフィール]
オーストラリア、ロンドン、シンガポールでの演奏活動を経て現在東京在住のオーストラリア人プロドラマー。1997年にジャズ音楽学科でジャズドラムを学び学士号を取得。ロンドンでジャズドラマーとして活動した後、2006〜2015年の9年間シンガポールのラサール芸術大学でポピュラー音楽とジャズ音楽の学士課程の教員として教鞭を取りながら、南インドのカルナータカ音楽とドラムセットの融合という研究で博士号を取得。南インドの打楽器・ガタムの大御所Suresh Vaidyanathanと南インドの両面太鼓、ムリダンガムの大御所T.R. Sundaresanに従事しカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶ。

www.darren-moore.net

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
10
8:00pm 8:00pm

12/10(日) 夜の部:インドリズム×フリージャズ [U-zhaan(tabla)/スガダイロー(p)/ダレン・ムーア(dr)]

【出演】U-zhaan(tabla) スガダイロー(p) ダレン・ムーア(dr)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

★お昼にはダレン・ムーアさんによる「インディアンリズムワークショップ」も開催しています。お得なWS+ライブセット1日通し券:4,500円もございます。お見逃しなく!

 

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
12
8:00pm 8:00pm

12/12(火) 帰還と共振による煮えたぎった無秩序 [藤原大輔filter bank,ts・山本達久dr・千葉広樹electronics,b・加藤一平gt]

【出演】
藤原大輔 filter bank, tenor sax,
山本達久 drums
千葉広樹 electronics, bass
加藤一平 guitar
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
13
7:30pm 7:30pm

12/13(水) 「セイヤ!」石若駿のJam Session企画

気鋭のドラマー石若駿が身体を張って、参加者ほぼ全員とジャムセッションをする体当たり企画!ジャズスタンダードからガチガチの読譜モノ、インプロだってなんでもOK!参加お待ちしてます!
※本企画はドラムセットを石若駿が使用するため、ドラムでの参加を希望の方はお手数をおかけしますがドラムセットをお持ち込みください。


【出演】石若駿
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付) 見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
14
8:00pm 8:00pm

12/14(木) DOBU SOUND SYSTEM [高橋保行(tb,etc) 後関好宏(ts) 松井宏樹(as) 加藤一平(gt) 溝辺隼巳 (b) 池澤龍作(dr)]

どぶ界のスーパースター・高橋保行(cooking songs・渋さ知らズetc)による新たなインストバンド!


【出演】高橋保行(tb,etc) 後関好宏(ts) 松井宏樹(as) 加藤一平(gt) 溝辺隼巳 (b) 池澤龍作(dr)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
17
2:00pm 2:00pm

12/17(日) 昼の部:LCC 2017 #6 [Supra Vertical Tonal Gravity]

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!
レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。
今回は、Pan Tonic, A TonicのTonal Resourceにおけるトーナル・グラヴィティー・フィールドについて学びます。

【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■
LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!
講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!
アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!

・「フナヤマノート」と「講義動画」のセットを2,000円(1講義分)にて販売
・年間講義通年のパス「通し券」購入の方は、特別に1,000円(1講義分)にて販売
ご希望の方は、下記フォームよりお申込み下さい。

★講義概要はこちらのページよりご確認下さい

LCC.jpeg

■ご予約はこちら

■「フナヤマノート」と「講義動画」ご希望の方はこちら

View Event →
Dec
17
8:00pm 8:00pm

12/17(日) nébuleuse [ermhoi(vo, track) 吉田隆一(bs,fl) 池澤龍作(dr)]

nébuleuse - 星雲 -
The Nebula Awards/星雲賞 米国と日本の優秀なSF作品に贈られる賞の名称。
日仏学院「哲学の夕べ」で出逢った3名の音楽家が描き出す、遥か遠くの景色。


【出演】ermhoi(vo, track) 吉田隆一(bs,fl) 池澤龍作(dr)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

ermhoi.jpg
吉田隆一.jpg
クレジット ♯BackStageCaravan ©Makoto Ebi.jpg

 

■ご予約

View Event →
Dec
26
8:00pm 8:00pm

12/26(火) Mao Soné Quartet: Brightness Of The Lives [曽根麻央(tp,key etc) 井上銘(gt) 山本連(b) 木村紘(dr)]

2014年セロニアス・モンク・ジャズ・コンペティションでのファイナリストに名を連ね、本年より活動拠点を日本に移した曽根麻央率いるカルテット「Brightness Of The Lives」がベルベットサンに登場。CRCK/LCKSのギタリスト・井上銘等、若手にして手練のジャズメンによるプログレッシブなサウンドをお見逃しなく!


【出演】曽根麻央 - trumpet, piano, keyboards & vocal・井上銘 - guitar・山本連 - bass・木村紘 - drums
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

Brightness OF The Lives.jpg

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
29
8:00pm 8:00pm

12/29(金) TZBOLABO 2017【アフリカン・ポリリズム ゲスト:芳垣安洋 Yasuhiro Yoshigaki(ドラム&パーカッション奏者)】

坪口昌恭さんによるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」。最終回はROVO・Orquesta Libre・MoGoToYoYoの芳垣安洋さんを迎えてのアフリカン・ポリリズム講座!


【出演】坪口昌恭・芳垣安洋
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円

坪ラボ2017.jpeg
坪ラボ2017_ura.jpeg

坪口昌恭<Masayasu Tzboguchi>
福井大学工学部応用物理学科卒業後1987年に上京。
ジャズにエレクトロニクスを積極的に取り入れ、ポリリズミックでボーダーレスなキーボーディストとして多数のライブや音楽制作に携わっている。
主宰するエレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(’12年、’13年にNY公演)、
キューバ勢ジャズメンとのNY録音リーダー作、ソロピアノ作、モジュラーシンセ作、ピアノトリオ・リミックス等自己名義のアルバムを17枚発表。
原田知世、伊藤ゴロー、JUJU、小泉今日子、宇多田ヒカル、大友良英ほか85枚以上のCDに参加。
’08年上妻宏光のアルバムをプロデュース。’11年ハリウッド映画「Lily」の音楽制作。’16年アニメ「ReLIFE」の劇中音楽を制作。
『DC/PRG』『菊地成孔Dub Septet』『RM jazz legacy』の鍵盤奏者としても現在進行形のジャズを担う存在として注目を集める。
intoxicate、キーボードマガジン他音楽誌への執筆多数。尚美学園大学/同大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。
http://www.tzboguchi.com

★通年のスケジュールはこちらからご確認頂けます

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
7
2:00pm 2:00pm

1/7(日) 昼の部:『新春邦楽セッション』[尺八(杉沼幸雄) 琵琶(塩高和之) 篠笛(長谷川美鈴) ピアノ(早川由紀子) ベース(落合康介)]

ツワモノミュージシャン達による、邦楽+フリージャズ、現代ジャズ、色々。
融合したサウンドをお楽しみ下さい!


【出演】尺八(杉沼幸雄) 琵琶(塩高和之) 篠笛(長谷川美鈴) ピアノ(早川由紀子) ベース(落合康介)
【開場】13:30
【開演】14:00
【料金】3,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
8
8:00pm 8:00pm

1/8(月) マハゴニーシティバンド [スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)]

2016年9月、KAAT神奈川芸術劇場にて公演された白井晃・演出「マハゴニー市の興亡」。音楽監督としてクルト・ヴァイルの音楽を大胆にアレンジしたスガダイローさん率いるマハゴニーシティバンドが荻窪の地へ。自由と歓楽を!


【出演】スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

Mahagonny City Band 名前入り.jpg

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
21
2:00pm 2:00pm

1/21(日) 昼の部:LCC 2017 #7 [総括]

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!
レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。
最終回はこれまでの講義を総括!

【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■
LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!
講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!
アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!

・「フナヤマノート」と「講義動画」のセットを2,000円(1講義分)にて販売
・年間講義通年のパス「通し券」購入の方は、特別に1,000円(1講義分)にて販売
ご希望の方は、下記フォームよりお申込み下さい。

★講義概要はこちらのページよりご確認下さい

LCC.jpeg

■ご予約はこちら

■「講義動画」と「フナヤマノート」をご希望の方はこちら

View Event →

Oct
20
8:00pm 8:00pm

10/20(金) 「Star☆mine仮説」[菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)]

アーバン・サイケデリカ・クロスオーバー…。
オリジナルチューン、AORからあの名曲まで、サイケやダブの要素を加えた菊地マチャアキ氏の新プロジェクト!
【出演】菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちらから

View Event →
Oct
15
7:00pm 7:00pm

10/15(日) 夜の部:。。。『tententen』

【出演】Void Of Sound / Lo-shi / UNDER / Les Belles Noiseuses
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,000円(+1ドリンク)

。。。.png
- Void Of Sound ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト。 PC、ギター、声を用いて紡ぎだされるサウンドは荒涼としたした大地や、森林などの神秘的で広大な自然を感じさせる。 http://cargocollective.com/voidofsound https://soundcloud.com/voidofsound

- Void Of Sound
ノルウェーのアーティストSigurd Borge Kristoffersenによるアンビエント、ドローンプロジェクト。
PC、ギター、声を用いて紡ぎだされるサウンドは荒涼としたした大地や、森林などの神秘的で広大な自然を感じさせる。
http://cargocollective.com/voidofsound
https://soundcloud.com/voidofsound

- UNDER テープループ、シューゲイザーギター、幻想的世界に歌う。 https://underunderunderunder30.bandcamp.com

- UNDER
テープループ、シューゲイザーギター、幻想的世界に歌う。
https://underunderunderunder30.bandcamp.com

- Les Belles Noiseuses 「レ・ベル・ノワズーズ」のパフォーマンスには数十体の人形が登場する。人形には電子回路が入っており、腕を回すことで音が変化 。ライブパフォーマンスでは、それぞれの人形に組み込まれた様々なサウンドが、リアルタイムにミックスされていく。 https://www.facebook.com/lxbxnx/

- Les Belles Noiseuses
「レ・ベル・ノワズーズ」のパフォーマンスには数十体の人形が登場する。人形には電子回路が入っており、腕を回すことで音が変化 。ライブパフォーマンスでは、それぞれの人形に組み込まれた様々なサウンドが、リアルタイムにミックスされていく。
https://www.facebook.com/lxbxnx/

- Lo-shi ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するインストゥルメンタルユニット。 http://www.lo-shi.org https://soundcloud.com/lo-shi

- Lo-shi
ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するインストゥルメンタルユニット。
http://www.lo-shi.org
https://soundcloud.com/lo-shi

- Dj : Ian Martin (Call And Response Records) イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。 https://callandresponse.jimdo.com

- Dj : Ian Martin (Call And Response Records)
イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。
https://callandresponse.jimdo.com

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
15
2:00pm 2:00pm

10/15(日)昼の部:LCC 2017 [day4 Horizontal Tonal Gravity 1 / The Low of Resolving Tendency, Tonic Station Modality 1 ]

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。
第四回目はLCCによる偉大な発見のひとつ”The Low of Resolving Tendency”とジオメトリック・デザインを学びます。”メロディー”がもつTonic Station Modalityと4つのHepta Tonic ScalesにあらわれるConceptual Modal Genreについて考察します。


【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■
LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!
講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!
アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!

・「フナヤマノート」と「講義動画」のセットを2,000円(1講義分)にて販売!
・年間講義通年のパス「通し券」購入の方は、特別に1,000円(1講義分)にて販売します!
※ライブ講義のフォローアップを目的としています。そのため、販売は次回受講予約者のみを対象とし、ベルベットサン店頭にてご購入頂く形を予定しております。お手数ですが、ご希望の方は第二回目講義以降、ベルベットサンイベント予約フォームにてお申込み下さい。

★講義概要はこちらのページよりご確認下さい

LCC.jpeg

 

■(1回券)ご予約はこちらから

■「講義動画」と「フナヤマノート」をご希望の方はこちら

View Event →
Oct
13
8:00pm 8:00pm

10/13(金) TZBOLABO 2017 [第4回・バリー・ハリス・メソッド----横山和明 Kazuaki Yokoyama(ジャズドラマー)]

坪口昌恭さんによるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」。ビバップを体系的に方法論としたバリー・ハリスメソッドについて、ジャズドラマー・横山和明さんを迎え、坪口さんとクロストーク!


【出演】坪口昌恭・横山和明
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(6回通し券¥15,000(全公演1Drink付))

坪口昌恭<Masayasu Tzboguchi>
福井大学工学部応用物理学科卒業後1987年に上京。
ジャズにエレクトロニクスを積極的に取り入れ、ポリリズミックでボーダーレスなキーボーディストとして多数のライブや音楽制作に携わっている。
主宰するエレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(’12年、’13年にNY公演)、
キューバ勢ジャズメンとのNY録音リーダー作、ソロピアノ作、モジュラーシンセ作、ピアノトリオ・リミックス等自己名義のアルバムを17枚発表。
原田知世、伊藤ゴロー、JUJU、小泉今日子、宇多田ヒカル、大友良英ほか85枚以上のCDに参加。
’08年上妻宏光のアルバムをプロデュース。’11年ハリウッド映画「Lily」の音楽制作。’16年アニメ「ReLIFE」の劇中音楽を制作。
『DC/PRG』『菊地成孔Dub Septet』『RM jazz legacy』の鍵盤奏者としても現在進行形のジャズを担う存在として注目を集める。
intoxicate、キーボードマガジン他音楽誌への執筆多数。尚美学園大学/同大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。
http://www.tzboguchi.com

★通年のスケジュールはこちらからご確認頂けます

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
4
8:00pm 8:00pm

10/4(水) i KnoW 2G4 [芳垣安洋(d) 須川崇志(b) 助川太郎(g) 椎谷求(g)]

ジャズ界の偉人セロニアス・モンクの名曲の数々を、フロントに2ギターを迎え演奏するプロジェクト『i KnoW 2G4』。モンクチューンしか扱わないとうストイックさも然ることながら、芳垣安洋さんならではのロック・ファンク愛を感じさせるアレンジが好評です!


【出演】芳垣安洋(d) 須川崇志(b) 助川太郎(g) 椎谷求(g)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
3
7:30pm 7:30pm

10/3(火)「ぐらもくらぶvol.3 片岡一郎&坂本頼光・活動写真弁士ふたり会 ~フィルム発掘苦心談の巻~」

★現代における著名活動写真弁士ふたりによるトークとライブのイベント!トークのメインテーマとして『上映の為のネタ(無声映画)はどうやって調達するの?』など、フィルム発掘などアーカイブに関する裏話、そしてもちろん両弁士による無声映画やネタのお楽しみライブもあります!


【出演】片岡一郎&坂本頼光
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】3,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
2
8:00pm 8:00pm

10/2(月) 石若駿 Cleanup Trio feat.ニラン・ダシカ [石若駿dr 井上銘gt 須川崇志b ニラン・ダシカtp]

【出演】石若駿 Cleanup Trio feat.ニラン・ダシカ [石若駿dr 井上銘gt 須川崇志b ニラン・ダシカtp]
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Oct
1
7:00pm 7:00pm

10/1(日) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr. Lonely Blue(sax) 池澤龍作(dr) 他)

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。


【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr. Lonely Blue(sax) 池澤龍作(dr) 他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
29
8:00pm 8:00pm

9/29(金) TZBOLABO 2017【第3回 歌モノ vs インスト----冨田恵一(冨田ラボ、音楽家/プロデューサー)】

坪口昌恭さんによるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」。第3回目はキリンジ作品、MISIA「Everything」をプロデュースしその地位を不動のものとした冨田恵一さん。『SUPERFINE』にて新たなフィールドに出発した冨田さんが、「歌」と「インスト」の関係性を坪口さんと探ります!

【出演】坪口昌恭・冨田恵一
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

坪口昌恭<Masayasu Tzboguchi>
福井大学工学部応用物理学科卒業後1987年に上京。
ジャズにエレクトロニクスを積極的に取り入れ、ポリリズミックでボーダーレスなキーボーディストとして多数のライブや音楽制作に携わっている。
主宰するエレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(’12年、’13年にNY公演)、
キューバ勢ジャズメンとのNY録音リーダー作、ソロピアノ作、モジュラーシンセ作、ピアノトリオ・リミックス等自己名義のアルバムを17枚発表。
原田知世、伊藤ゴロー、JUJU、小泉今日子、宇多田ヒカル、大友良英ほか85枚以上のCDに参加。
’08年上妻宏光のアルバムをプロデュース。’11年ハリウッド映画「Lily」の音楽制作。’16年アニメ「ReLIFE」の劇中音楽を制作。
『DC/PRG』『菊地成孔Dub Septet』『RM jazz legacy』の鍵盤奏者としても現在進行形のジャズを担う存在として注目を集める。
intoxicate、キーボードマガジン他音楽誌への執筆多数。尚美学園大学/同大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。
http://www.tzboguchi.com

View Event →
Sep
28
8:00pm 8:00pm

9/28(木) ヨシダダイキチ(シタール)・きゅうり(タブラ)・Chihei Hatakeyama(ギター) (food: eetee食堂)

タブラ奏者・きゅうりさんに、saicobabのシタール奏者ヨシダダイキチさん、刺激的なアンビエントミュージックを奏でるChihei Hatakeyamaのユニット、第二回目のライブ!今回はベルベットサンでもお馴染み、「eetee食堂」も出店!お腹を空かせてお越しください!

【出演】ヨシダダイキチ・きゅうり・Chihei Hatakeyama (food: eetee食堂)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヨシダダイキチ/シタール奏者
http://www.yoshidadaikiti.net/
http://www.facebook.com/sitar.yoshidadaikiti/

1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。

ウスタッド・シュジャート・カーン/Ustad Shujaat Khanの弟子。
YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)とのユニット「saicobaba」を結成し5枚のCDをリリース。様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」を結成し5枚のCDをリリース。シタール5~30台を使ったユニット「sitaar-tah」を結成しニューヨークachiverecord/importantrecordより2枚のCDをリリース。日本のレーベルからオリジナルアルバム「Tah!」をリリース。UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、プロデュース。奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」を、インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジしたアルバムをプロデュース。秋田民謡・梅若会、アルナングシュ・チョドリィ、アリフ・カーン、スダマニ、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、ジム・オルーク、デバシシュ・バッタチャリア、フェルナンド・カブサッキほか多様なジャンルの音楽家と共演。台湾、中国、韓国、インド等公演。

主な活動>
・ボアダムスーオープニングアクト
・sonic youth日本公演オープニングアクト
・世界的に活躍するバリ・ガムラン「スダマニ」と共演
・タブラ奏者アルナングシュ・チョウドリーと共演
・タブラ奏者マタプラサド・ミシュラと共演
・タブラ奏者 アリフ・カーンと共演
・ブラジル音楽のヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、マリコス・スザーノなど共演
・シタール奏者スガト・ナグとの共演
・インド・スライド・ギター・デバシーシ・バッタチャリアと共演
・日本民謡 梅若流梅若会と共演
・フジ・ロック・フェスティバル、SUKIYAKI MEETS THE WORLD他、多くのミュージジックフェスティバルに出演
・ダライラマの提唱する世界聖なる音楽祭出演
・森美術館主催インド現代アート展「チャロ・インディア」出演
・NHK-BS1 「アジアン・クロスロード」出演
・NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」出演
・フジTV ヨルタモリ「世界音楽旅行~インド~」出演
・テレビ朝日「題名のない音楽会」出演
・映画「マンガをはみ出した男ー赤塚不二夫」エンディング曲参加
・シタール、インド音楽に関する本「シタールのほん」執筆
・ポカリスエットCM
・広告代理店SPOONのWEB音楽
・U-HA味覚糖 ココロCM

主なCDリリース>
/psychobaba 1stCD//japan-overseas
/psychobaba 2ndCD//japan-overseas
/psychobaba 3rdCD//eep
/saicobaba 4thdCD//mau
/saicobaba 5thdCD//mau
/AlayaVijana 1CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 2CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 3CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 4CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 5CD「火と薪」//music-robita/high contrast
/sitaar-tah「amimanima」/achive record/important record/USA
/sitaar-tar「tah」/high contrast
/sitaar-tah「semimimimimin」/achive record/USA
/朝崎郁恵+ヨシダダイキチ「はまさき」プロデュース//high contrast
/UA「SUN」ファティマとセミラを作曲、プロデュース/ビクター
/UA「GOLDEN GREEN」テュリを作曲、プロデュース/ビクター
/シタールsolo vol 1 //oro
/シタールsolo vol 2 //oro
/shock-city-shockersコンピレ-ションCD//ポリスター
/ジブラrimixCDに参加//ワーナーレコード
/リタ-アッカーマンとのコラボレ-ション//PURPLE、オランダ
/シュガーソウルCDに参加//ワーナー
/ディデュリデュ奏者GOMA2ndCDに参加//japan-overseas
/OOIOO-CDに参加//ポリスター/ショーン-レノン他
/リガージテイターのrimixCD//ワーナー
/rovoコンピレーションCDに参加
/baraki<ex-soft>//タグラグ-
/ourour//bubblecore.USA
/オランダ"Green Groceries"コンピレーションCDに参加
/sonic youthトリビュート・アルバムに参加
/ニューウエイブ・トリビュート・コンビレーションに参加/ソニー
/雲南color/エイベックス
/「白夜」ダミアナ・テリー楽曲提供
/ヘナード・モタ、パトリシア・ロバートとのライブ・アルバム
/Van cleef & Arpels ((exhibition) 作品に参加。
/DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ vol.1」参加
/スクエア・エニックス「Beer SQ」参加
/津軽三味線奏者 上妻宏光「GEN -源-」参加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きゅうり タブラ奏者
https://www.kyuri-tabla.com/
https://www.facebook.com/unit.aa/

タブラをインド国内外で活躍するアルナングシュ・チョウドリィ氏に師事し、インドをはじめ、諸外国での公演も行なう。日本ではインドから古典音楽演奏家を招聘し、文化交流公演の企画・共演も行なっている。ハイブリットインストバンド ”Unit_a a_”ヨシダダイキチ、きゅうり、TAKSEEMA、HAMA from 滞空時間での活動を軸としながら、タブラとラップトップを組合わせたソロ活動や、画家日下部泰生とのユニット”MetaHolics”をはじめ、芝居、ダンスなど音楽以外のアーティストとの活動も精力的に行なう。

主な活動>
・Yoshidadaikiti x KyuRiによる1stアルバム「a a」を発売
・CAMP Off-Toneに「MetaHolics」出演
・吉野翼企画「銀河鉄道の夜」の音楽を担当
・インド ニムラナフォートにて公演
・インド ハビタットセンターにて公演
・インド エピセンターにて公演
・台北 国立台北藝術大学にて公演
・日印文化交流企画「アルナングシュ・チョウドリィ来日」主催・出演
・日印文化交流企画「モーシン・アリ・カーン来日」主催・出演
・UHA味覚糖 CMソングにてタブラ演奏
・イオンオーガニックコットンCMソングにてタブラ演奏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考動画
■Electric Set
https://youtu.be/kyzDTWcYwOg

https://youtu.be/-5uFd6CKo60

■Acoustic Set
https://youtu.be/vYBLZe6IqXs

https://youtu.be/8vV6_QJdYl8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Chihei Hatakeyama

http://www.chihei.org/

Chihei Hatakeyamaとして2006年にKrankyより、ファーストアルバムをリリース。以後Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、To Rococo Rot, Tim Heckerなどと共演。NHKのEテレ「schola 坂本龍一音楽の学校シーズン3」にて、アルバム『River』収録の”Light Drizzle”が紹介され、坂本龍一、岩井俊二らからその場を空気を一変させる音楽と評される。映画音楽では、松村浩行監督作品『TOCHKA』の環境音を使用したCD作品「The Secret distance of TOCHKA」を発表。第86回アカデミー賞<長編ドキュメンタリー部門>にノミネートされた篠原有司男を描いたザカリー・ハインザーリング監督作品『キューティー&ボクサー』(2013年)でも楽曲が使用された。またNHKアニメワールド:プチプチ・アニメ『エんエんニコリ』の音楽を担当している。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKから2枚のアルバムをリリース。佐立努とのユニットLuis Nanookでは電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で2枚のアルバムをリリース。ASUNA、Hakobune等ともコラヴォレーションアルバムを発表。マスタリング・録音エンジニアとしても、自身の作品のみならず、100作品以上を世に送り出している。2013年にはレーベルWhite Paddy Mountainを設立しShelling, Family Basik, neohachi, Federico Durand, suisen, Satomimagaeなどをリリースしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=3HukOv1Ye7E

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
25
8:00pm 8:00pm

9/25(月) cooking song vol.21 【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 田島拓(gt)】

cooking songsによる食事と音楽の一夜。ベルベットサンでのスモールセットは、料理のフルコースをお楽しみいただけます。オリジナル曲や、small setならではのカバー曲まで、2setたっぷりお楽しみ下さい。
【出演】cooking songs small set【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 田島拓(gt)】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
24
8:00pm 8:00pm

9/24(日) 夜の部:ダレン・ムーアクインテット [藤原大輔(ts)/松井宏樹(as)/加藤一平(g)/カイドーユタカ(b)/ダレン・ムーア(d)]

【出演】ダレン・ムーアクインテット [藤原大輔(ts)/松井宏樹(as)/加藤一平(g)/カイドーユタカ(b)/ダレン・ムーア(d)]
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
24
3:00pm 3:00pm

9/24(日)昼の部:ダレンムーア・インドリザムワークショップ [ワークショップ2 3拍子のフォーカス・トリカラムコンセプト・トリプェットのアイデア]

ダレンムーアさんによる、インドリザムワークショップ講座!
今回は
・3拍子のフォーカス
・トリカラムコンセプト
・トリプェットのアイデア
についてのレクチャー!
【出演】ダレン・ムーア
【開場】14:30
【開演】15:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

夜の部ではダレンムーアさんによるライブもございます。こちらもお見逃しなく!

[ダレン・ムーアインディアンリザムワークショップシリーズ]
ヒンドゥー教の読経をルーツに持ち、歌に太鼓や口琴をパーカッションのように合わせるカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶことでリズムに対する理解を深めリズム感を向上させませんか? 5つのワークショップでは、基本的なリズム理論を学んだり、楽器を使わずSolkattu(唱歌)と呼ばれるカルナータカ音楽のリズム習得方法で手拍子を打ちながらフレーズを勉強していきます。
リズム理論の基礎を理解することで、西洋音楽のパーカッションやその他の楽器、そして様々なジャンルの音楽に応用することができます。作曲や電子音楽などにも適応させられます。
演奏家、作曲家、ダンサー、リズムを使って作曲やお仕事をされている方にオススメです。 講師は東京に本拠地を置くオーストラリア人のプロドラマーであるダレン・ムーアが行います。レッスンは基本的に日本語で行われます。

Indian Rhythm Workshop Improve your rhythmic sense and develop a deeper understanding of rhythm through learning Carnatic Indian rhythms. Over the course of five workshops, Carnatic rhythmic concepts will be introduced and taught by using the spoken rhythmic syllables called Solkattu recited over combinations of claps, waves and finger counts. The workshop will be taught without any instruments and the rhythmic ideas can be applied to any style of music. The workshops are open to acoustic musicians, computer-based musicians, composers and dancers; anyone who works with rhythm. The workshops will be taught by Darren Moore who is an Australian professional drummer based in Tokyo. Darren studied Carnatic rhythms with South Indian master ghatam player Suresh ‘Ghatam’ Vaidyanathan and mridungam master T.R. Sundaresan. In 2013, Darren obtained a Doctorate of Music Arts from Griffith University in Australia which looked at applying Carnatic Indian rhythms to the drum set.

[ダレン・ムーアプロフィール]
オーストラリア、ロンドン、シンガポールでの演奏活動を経て現在東京在住のオーストラリア人プロドラマー。1997年にジャズ音楽学科でジャズドラムを学び学士号を取得。ロンドンでジャズドラマーとして活動した後、2006〜2015年の9年間シンガポールのラサール芸術大学でポピュラー音楽とジャズ音楽の学士課程の教員として教鞭を取りながら、南インドのカルナータカ音楽とドラムセットの融合という研究で博士号を取得。南インドの打楽器・ガタムの大御所Suresh Vaidyanathanと南インドの両面太鼓、ムリダンガムの大御所T.R. Sundaresanに従事しカルナータカ音楽(南インドの古典音楽)のリズムを学ぶ。

www.darren-moore.net

 

[ワークショップ情報]
2017年8月20日 ワークショップ1  インディアンリズムシステムを紹介します・4拍子のフォーカス・リズム技術を開発する
2017年9月24日 ワークショップ2  3拍子のフォーカス・トリカラムコンセプト・トリプェットのアイデア
2017年10月29日 ワークショップ3  5拍子のフォーカス・4拍子に5音符のグルッピングの使い方・リザムに休符を組み入れる
2017年11月19日 ワークショップ4  7拍子のフォーカス・4拍子に7音符のグルッピングの使い方・リズムデザイン
2017年12月10日 ワークショップ5  9拍子のフォーカス・4拍子と3拍子に9音符のグルッピングの使い方・リズムのバリエーションの作り方

[ライブ情報]
8月20日 坂田明(as)/スガダイロ(p)/ダレン・ムーア(d)
9月24日 ダレン・ムーアクインテット 藤原大輔(ts)/松井宏樹(as)/加藤一平(g)/カイドーユタカ(b)/ダレン・ムーア(d)
10月29日 ダレン・ムーアXヨシガキヤスヒロドラムデュオ
11月19日 ダレン・ムーア大グループ 定村史朗 (v)/田中邦和(s)/水谷浩章(b)/坂口ミツヒサ(keys)/ダレン・ムーア(d)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
23
8:00pm 8:00pm

9/23(土) CHIO ALLIN SOLO CONCERT IN TOKYO

クラシック、ジャズ、ロック、キューバンと多彩な音楽を探求し、コンテンポラリーなピアノと深い叙情を湛えた歌で、新しいスタイルを創造するチオ・アリンさんによるソロライブ。ライブからサーカスまで、多彩でユニークな活動を行うチオさんならではの音像をお楽しみ下さい!


【出演】チオ・アリン(pf, vo)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
22
8:00pm 8:00pm

9/22(金) 寺尾洋之のイチから始めるアニメ・イラスト講座 9月号

8・9・10月の本講座は、三回に分けて
「80年代ロボットアニメを語る!!」
をお送りします!
様々な試行錯誤から映像やデザインの可能性が広がっていきました。
そんな時代背景を踏まえ、作品性や映像面の解説をしたいと思います。
ロボットアニメが一番熱かった時代。
楽しく盛り上がれればと思います!
奮ってご参加ください♪

【出演】寺尾洋之
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1D付、寺尾さんの書き下ろしイラスト付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
20
8:00pm 8:00pm

9/20(水) マハゴニーシティバンド [スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)]

2016年9月、KAAT神奈川芸術劇場にて公演された白井晃・演出「舞台マハゴニー市の興亡」。音楽監督としてクルト・ヴァイルの音楽を大胆にアレンジしたスガダイローさん率いるマハゴニーシティバンドが荻窪の地へ。自由と歓楽を!


【出演】スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
18
7:00pm 7:00pm

9/18(月) OKHP JAM [スガダイロー(p) Dr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)]

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。


【セッションホスト】スガダイロー(p) Dr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
17
8:00pm 8:00pm

9/17(日) 夜の部:スガダイロー(p) 千葉広樹(b) 今泉総之輔(dr)

オリジナル楽曲、ジャズスタンダード、童謡、ヒップホップに至るまで新感覚のサウンドが、あなたの五感を刺激し尽します!


【出演】スガダイロー(p) 千葉広樹(b) 今泉総之輔(dr)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円 (1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
17
2:00pm 2:00pm

9/17(日) 昼の部:LCC 2017 day3 復習!

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。

【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■
LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!
講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!
アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!

・「フナヤマノート」と「講義動画」のセットを2,000円(1講義分)にて販売!
・年間講義通年のパス「通し券」購入の方は、特別に1,000円(1講義分)にて販売します!
※ライブ講義のフォローアップを目的としています。そのため、販売は次回受講予約者のみを対象とし、ベルベットサン店頭にてご購入頂く形を予定しております。お手数ですが、ご希望の方は第二回目講義以降、ベルベットサンイベント予約フォームにてお申込み下さい。

★講義概要はこちらのページよりご確認下さい

 

■ご予約はこちら

券種 *
「フナヤマノート」と「講義動画」
View Event →
Sep
13
8:00pm 8:00pm

9/13(水) 帰還と共振による煮えたぎった無秩序 [藤原大輔filter bank,ts・山本達久dr・千葉広樹electronics,b・加藤一平gt]

【出演】
藤原大輔 filter bank, tenor sax,
山本達久 drums
千葉広樹 electronics, bass
加藤一平 guitar
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
12
8:00pm 8:00pm

9/12(火) i KnoW 2G4 [芳垣安洋(d) 須川崇志(b) 助川太郎(g) 椎谷求(g)]

ジャズ界の偉人セロニアス・モンクの名曲の数々を、フロントに2ギターを迎え演奏するプロジェクト『i KnoW 2G4』。モンクチューンしか扱わないとうストイックさも然ることながら、芳垣安洋さんならではのロック・ファンク愛を感じさせるアレンジが好評です!


【出演】芳垣安洋(d) 須川崇志(b) 助川太郎(g) 椎谷求(g)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
11
8:00pm 8:00pm

9/11(月) 小西遼 × 角銅真実

CRCK/LCKSのリーダー、象眠舎主宰。新進気鋭の音楽家・小西遼によるベルベットサンでの毎月企画。
打楽器奏者・ボーカリストであり、ceroやDoppelzimmerのサポートも務める角銅真実。
6月に行った企画が好評につき、二回目の公演が決定!
ポップス・ジャズ・クラシックを軽やかに横断する、多彩な二名によるライブをお見逃しなく!


【出演】小西遼・角銅真実
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:2,500円(1ドリンク付) 当日:3,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
10
8:00pm 8:00pm

9/10(日) 月刊ツジタスク9月号 辻祐×藤代洋平『Shivering at fanaticism for beauty―響振実験室―phase2』

音楽の身体性を自身の活動コンセプトの軸に据える太鼓奏者 辻祐による藤代洋平とのDUO実験室企画第2弾!
今回のゲストダンサーはストリート出身NY仕込みの強烈な野獣的身体とコンテンポラリーダンス界の若きメテオスマッシャーという強者2人。相当にアドレナリン分泌量高めの予感!


【出演】辻祐(太鼓etc) 藤代洋平(noise,etc) 川村美紀子(dancer) 矢野智裕(dancer)
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

21039754_687779824751121_896238857_n.jpg

 

■ご予約はこちら

View Event →
Sep
9
6:30pm 6:30pm

9/9(土) ケモノディスクライブ vol.12 シティ・ポップのゆくえ ~1988年のオメガトライブ~

1986オメガトライブおよび、カルロス・トシキ&オメガトライブのサウンドプロデューサーだった新川 博氏と、シティ・ポップの世界観に憧れて青春時代を過ごした音楽ライターの久保田 泰平氏を迎え、オメガトライブを中心に、80年代を代表するシティ・ポップの制作の裏側を紐解きます。

【出演者プロフィール】
■新川 博  音楽プロデューサー・編曲家・ピアニスト
5才よりピアノを習い始める。中学生のとき、Charとバンドを組み、ライトミュージックコンテストに出場。日大芸術学部在学中より、松任谷由実、ハイ・ファイ・セットのツアーに音楽監督、キーボードプレイヤーとして参加。ステージアレンジも担当する。1983年より本格的にレコーディングアレンジャ-としての活動に入る。小林麻美「雨音はショパンの調べ」、原田知世「時をかける少女」、荻野目洋子「六本木純情派」、カルロス・トシキ&オメガトライブ「アクアマリンのままでいて」、少年隊「じれったいね」、カールスモ-キー石井&松任谷由実「愛のWAVE」、酒井法子「碧いうさぎ」、山本潤子「翼をください」、KinKi Kids「青の時代」など、サウンドプロデューサー、アレンジャ-として手がけた作品は1000曲を超える。
[オフィシャルサイト]http://www.shinkawa.info/


■久保田 泰平  音楽ライター・エディター
1967年生まれ。青春時代は「ザ・ベストテン」とMTV。タワーレコードのフリーマガジン「bounce」編集部を経て、2004年からフリーライター/エディターとして活動。邦楽のポピュラー・ミュージックを中心に、一般誌から音楽誌/音楽サイトなどで執筆中。FMおだわらでパーソナリティーを務めるレギュラー・プログラム「NO BASEBALL, NO LIFE.」は今年で6年目。


【開場】18:00
【開演】18:30
【料金】 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 (1ドリンク¥500別)※税込
【お申込み方法】
※7月2日(日)午前10:00〜 ケモノディスクメールcontact@kemonodisc.comにて受付
※荻窪ベルベットサンでも7月2日(日)より受付いたします。店頭でお申込み下さい。
※先着受付となりますので、ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
※全席自由席となります。

●お申込み&お申込み詳細はこちらから→ http://kemonodisc.com/vol12/
【お問合せ】 メールかツイッターでご連絡下さい。
[メール]contact@kemonodisc.com
[ツイッター]https://twitter.com/KemonoDisc
【主催】 ケモノディスク

View Event →