Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Jun
23
8:00 pm20:00

6/23(金) 寺尾洋之のイチから始めるアニメ・イラスト講座 6月号

今回はゲストに、じん(@jin_jin_suruyo)さんをお迎えして、
影響を受けたアニメーションや音楽などを伺い、
彼の表現活動の、原点や本質を探っていく中で、
新しい表現の可能性を模索していきたいと思います!
トークセッション!!

【出演】寺尾洋之 ゲスト:じん
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1D付、寺尾さんの書き下ろしイラスト付)

■ご予約はこちら

Jun
24
7:00 pm19:00

6/24(土) 辻祐×藤代洋平『Thawing air castle-響振実験室-』

ノイズ、カセットなど様々な音を駆使してコンテンポラリーダンス作品の音楽など手がける気鋭のアーティスト藤代洋平と、 音楽の身体性をコンセプトの軸に活動する太鼓奏者 辻祐 両名による実験的な初のセッションライブ。今回は音の実験の他に、1st、 2ndにダンサーを1名ずつゲストに招き場を共有していきます。何と「?」な組み合わせ。化学反応でスパークです!明日の表現の為の実験室にぜひ遊びにおいでませ。


【出演】辻祐(太鼓,etc) 藤代洋平(Noise、Sound、etc)
【ゲストダンサー】シマダタダシ・荒悠平
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jun
25
12:00 pm12:00

6/25(日) バイク小説朗読×カバーソングLIVE "Neutral"

バイク女優・望月ミキのソロプロジェクト、新企画。
バイク小説朗読×旅ソングのカバーライブ "Neutral"始動!
ギタリストのZimio氏迎え、ギターと声だけの、旅とオートバイに想いを馳せる小さなライブ。
リーディング作品は、武田宗徳氏の「Rider's Story」より数作品。
バイクに乗らないあなたも、
バイクに乗っているあなたも、
一人でふらっと出掛けたくなるような世界観、作ります。
さあ、あなたの心を、ニュートラルに。

【出演】望月ミキ・Zimio
【開場】11:30
【開演】12:00
【料金】3,500円(1ドリンク付)

■座席予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/mochizukimikineutral

Jun
25
7:00 pm19:00

6/25(日) 。。。『tententen』

【出演】Eugene The Oceanographer / Public Pool Gods / Lo-shi / NTsKi
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,000円(+1ドリンク)

- Eugene The Oceanographer

イングランドマンチェスターを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップアーティスト。自身のレーベル「Maybles Labels」から、三島由紀夫、1988年ソウルオリンピック、ソビエト社会主義共和国連邦といった、広範囲な題材をテーマにした作品をリリースしている。Scott Walker、Yellow Magic Orchestraに影響を受ける。2015年にリリースしたアルバム「The Tigers Of Mount Paektu」がThe Quietusのベストアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。2016年にポスト・コミュニストによるヨーロッパツアー行い、先月韓国ソウルでの公演を終えたばかり。 https://maybles.bandcamp.com/album/bun-bu-ryo-do https://youtu.be/-Dmm5_RvXkk https://maybles.bandcamp.com/album/seoul-1988

イングランドマンチェスターを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップアーティスト。自身のレーベル「Maybles Labels」から、三島由紀夫、1988年ソウルオリンピック、ソビエト社会主義共和国連邦といった、広範囲な題材をテーマにした作品をリリースしている。Scott Walker、Yellow Magic Orchestraに影響を受ける。2015年にリリースしたアルバム「The Tigers Of Mount Paektu」がThe Quietusのベストアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。2016年にポスト・コミュニストによるヨーロッパツアー行い、先月韓国ソウルでの公演を終えたばかり。
https://maybles.bandcamp.com/album/bun-bu-ryo-do
https://youtu.be/-Dmm5_RvXkk
https://maybles.bandcamp.com/album/seoul-1988

 

- Public Pool Gods (Biology of the Future + Cal Lyall) with Terada Kyosuke (visuals, from HUH)

2007年に結成された、東京都大久保出身の2ピース・トライバル・ユニット。バイオロジー・オブ・ザー・フューチャー・キャル・ライアルで構成。水中音声にポップ性を加味した新しいサウンドを創造。

2007年に結成された、東京都大久保出身の2ピース・トライバル・ユニット。バイオロジー・オブ・ザー・フューチャー・キャル・ライアルで構成。水中音声にポップ性を加味した新しいサウンドを創造。

 

テラダ キョウスケ (映像)

1985年生まれ 男 声、ギター、サンプラー、etc... 2008年より bum というソロ名義でノイズ制作を開始。 その後、カナダの Hobo Cult Records のオーナー Hobo Cubes と Leather Soup というノイズ/エクスペリメンタルデュオを組み、短い期間で3枚のダウンロードアルバムをリリースする(現在活動休止)。 2009年7月 フリーインプロ集団 MUTE MUTE を発足。 2013年1月 パワーバイオレンスバンド AiR STRIKES を結成。 他にも、個人名義でのソロ演奏や楽器や機材を限定しないでのセッションへの参加、風人氏とのTERROR HIT、脱構築を目的としたソロ oyogase や、ノイズデュオ VELTZ+bum、bum+scum、First Foods (Tanabe Yuuki+bum)や、T~ky、Naoki Nomoto氏との1534522、kkkならyyy、仙人の手、殺し屋ン2、秋福音、Making Music、E.Maki、他 DJ 等々で活動。 また 日の毬 , DOOOMBOYS presents Party "ABRACATABRA" レギュラーVJ を始め、バンド、ノイズ、クラブイベント等のVJ 絵やコラージュ等の平面作品、実験的な映像作品、CDジャケット、イベントフライヤー、PV等の制作も行っている。 https://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/

1985年生まれ 男
声、ギター、サンプラー、etc...
2008年より bum というソロ名義でノイズ制作を開始。
その後、カナダの Hobo Cult Records のオーナー Hobo Cubes と Leather Soup というノイズ/エクスペリメンタルデュオを組み、短い期間で3枚のダウンロードアルバムをリリースする(現在活動休止)。
2009年7月 フリーインプロ集団 MUTE MUTE を発足。
2013年1月 パワーバイオレンスバンド AiR STRIKES を結成。
他にも、個人名義でのソロ演奏や楽器や機材を限定しないでのセッションへの参加、風人氏とのTERROR HIT、脱構築を目的としたソロ oyogase や、ノイズデュオ VELTZ+bum、bum+scum、First Foods (Tanabe Yuuki+bum)や、T~ky、Naoki Nomoto氏との1534522、kkkならyyy、仙人の手、殺し屋ン2、秋福音、Making Music、E.Maki、他 DJ 等々で活動。
また 日の毬 , DOOOMBOYS presents Party "ABRACATABRA" レギュラーVJ を始め、バンド、ノイズ、クラブイベント等のVJ
絵やコラージュ等の平面作品、実験的な映像作品、CDジャケット、イベントフライヤー、PV等の制作も行っている。
https://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/

 

- Lo-shi

ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するイン ストゥルメンタルユニット。 ポスト・アシッドハウスやブリッティッシュエレクトロニカの早急ビートとコズミックなサウンドスケープを想起させるLo-shiの楽曲。Neu! や Cluster や CAN などに代表されるクラウトロックの中毒的な実験音楽、シュルレアリズムやダダなどの芸術活動への影響を受けていることが見て取れる彼等。2013年にはダモ鈴木と共にフリッツラングの「Metropolis」にあわせサウンドトラックを即興で表現するパフォーマンスを行い、さらに2015年には長野で開催された音楽フェスティバル TAICOCLUB への出演を果たす。 2016年には Echo Park Film Centerと現代美術ギャラリー Blum & Poe 東京とのコラボレーション映画「The Sound We See: A Tokyo City Symphony」のサウンドトラックを Blum & Poe にて即興演奏。 2017年の春、サードアルバム「 Ninjin」リリースツアーをダンサーの菊地美佐子と共にまわる。そしてその年、彼らのセカンドアルバム「 Baku」の楽曲が Anshul Chauhan 監督の短編映画「KAWAGUCHI 4256」のサウンドトラックとなった。 http://www.lo-shi.org https://soundcloud.com/lo-shi

ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するイン ストゥルメンタルユニット。
ポスト・アシッドハウスやブリッティッシュエレクトロニカの早急ビートとコズミックなサウンドスケープを想起させるLo-shiの楽曲。Neu! や Cluster や CAN などに代表されるクラウトロックの中毒的な実験音楽、シュルレアリズムやダダなどの芸術活動への影響を受けていることが見て取れる彼等。2013年にはダモ鈴木と共にフリッツラングの「Metropolis」にあわせサウンドトラックを即興で表現するパフォーマンスを行い、さらに2015年には長野で開催された音楽フェスティバル TAICOCLUB への出演を果たす。
2016年には Echo Park Film Centerと現代美術ギャラリー Blum & Poe 東京とのコラボレーション映画「The Sound We See: A Tokyo City Symphony」のサウンドトラックを Blum & Poe にて即興演奏。
2017年の春、サードアルバム「 Ninjin」リリースツアーをダンサーの菊地美佐子と共にまわる。そしてその年、彼らのセカンドアルバム「 Baku」の楽曲が Anshul Chauhan 監督の短編映画「KAWAGUCHI 4256」のサウンドトラックとなった。
http://www.lo-shi.org

https://soundcloud.com/lo-shi

 

- NTsKi

マンチェスターを拠点に活動する京都出身のシンガーソングライター。 https://soundcloud.com/ntski

マンチェスターを拠点に活動する京都出身のシンガーソングライター。
https://soundcloud.com/ntski

 

- Dj : Ian Martin (Call And Response Records)

イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。

イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。

 

 

■ご予約はこちら

Jun
27
7:00 pm19:00

6/27(火) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他)

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)
一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

 

■ご予約はこちら

Jun
28
8:00 pm20:00

6/28(水) cooking song vol.19 【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook)】

cooking songsによる食事と音楽の一夜。ベルベットサンでのスモールセットは、料理のフルコースをお楽しみいただけます。オリジナル曲や、small setならではのカバー曲まで、2setたっぷりお楽しみ下さい。


【出演】cooking songs small set【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

■cooking songs
高橋保行(『渋さ知らズ』)と伴瀬朝彦(『片想い』『ホライズン山下宅配便』ほか)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーにケイタイモ(『WUJA BIN BIN』『ikanimo』『ヘヴンリーボーイズ』『ex:BEAT CRUSADERS』ほか)、池澤龍作(『WUJA BIN BIN』『スガダイロー:リトルブルー』ほか)、田島拓(『two necks』『南国ペヤング』ほか)、上運天淳市(『stim』『WUJA BIN BIN』)パニック大原(即興舞台『瞬間を紡ぐ時間』)を迎えた7人組で活動中。
また、バンドから数名ピックアップしたcooking songs small setによる、ディナーと音楽を落ち着いて楽しむイベントとして”cooking song”も定期的に開催している。

■ご予約はこちら

Jun
29
7:30 pm19:30

6/29(木) 「ワラケ音楽研究室」(ダスティン・ウォング AFRA 田中馨 小暮哲也(監督))

ダスティン・ウォング、AFRA、田中馨によるスーパーセッションライブ開催!!
川村亘平斎とライブや音源、DVDなどで共演経験のある3人。今回のクラウドファンディング『A river flow ~影絵師 川村亘平斎の記録 インドネシア修行編~』制作プロジェクトの趣旨に賛同いただき、快くオファーを受けていただきました。それぞれ第一線で活躍するこの3人が揃うのは奇跡としか言いようがありません!
インドネシアの大衆音楽「クロンチョン」をテーマにしたセッションライブの他に、パネルトークや本プロジェクトの監督でカメラマンの小暮哲也が2月にインドネシアで撮影した映像の上映など、盛りだくさんの内容を予定しています!
また、すでにクラウドファンディング『A river flow ~インドネシア修行編~』制作プロジェクトにご支援いただいている方は、会場にてチケット代から500円キャッシュバックさせていただきます!ぜひともクラウドファンディングでご支援いただいてからライブへお越し下さい!お待ちしています!!
https://motion-gallery.net/projects/kankakufilm

【開場】19:00
【開演】19:30
【出演】ダスティン・ウォング AFRA 田中馨 小暮哲也(監督) ※川村亘平斎の出演はありません
【料金】3,000円(1D付き ファンディング支援者には500円キャッシュバック)

■ご予約はこちら

Jun
30
8:00 pm20:00

6/30(金) 佐瀬悠輔カルテット【佐瀬悠輔・小金丸慧・新井和輝・秋元修】

Nao Kawamura、廣瀬真理子とPurple Haze、Gentle Forest Jazz Bandにて活躍するトランペッター佐瀬悠輔によるカルテット。King Gnu (ex.Srv.Vinci)、DC/PRG、OOPS! PIGPALEALEINC.(ex.O.P.P.A.I)等に参加する実力派メンバーを擁し、ジャズに留まらずプログレ・メタルを感じさせる楽曲は、tigran hamasyan的なジャズの新潮流の解釈を組むサウンドです!


【出演】佐瀬悠輔(tp: Nao Kawamura、廣瀬真理子とPurple Haze、Gentle Forest Jazz Band)・小金丸慧(gt: OOPS! PIGPALEALEINC.(ex.O.P.P.A.I))・新井和輝(bs: King Gnu (ex.Srv.Vinci), 高井息吹と眠る星座)・秋元修(ds: DC/PRG, showmore)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jul
2
8:00 pm20:00

7/2(日) マハゴニーシティバンド【スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)】

2016年9月、KAAT神奈川芸術劇場にて公演された白井晃・演出「舞台マハゴニー市の興亡」。音楽監督としてクルト・ヴァイルの音楽を大胆にアレンジしたスガダイローさん率いるマハゴニーシティバンドが荻窪の地へ。自由と歓楽を!

【出演】スガダイロー(pf)竹内直(ts)ギデオン・ジュークス(tuba)石川広行(tp)石若駿(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jul
7
8:00 pm20:00

7/7(金) 「LL教室の夏期講習 試験に出ないリズム歌謡講座」【森野誠一・ハシノイチロウ・矢野利裕】

ーーやっぱり日本のポップスは「リズム歌謡」なのか!?
前回のイベント『LL教室の試験に出ない音ゲー講座~リズム歌謡の系譜として』で、音ゲー発展期の楽曲制作についての思いや核心に迫るエピソードを明らかにし、「音ゲーとはリズム歌謡である」ということを強引に証明してみせたLL教室。とはいえ限られた時間の中での議論だったため、もっとリズム歌謡の話を聞きたいという声を多数いただくことにもなりました。そこで、リズム歌謡に特化したイベントを急遽開催!

シャロックってどんなリズム? マッシュポテトってなに? 新しいリズムを取り入れていく経緯から現在進行形の「リズム歌謡」まで、日本の音楽にとってリズムとはなにかということについて、豊富なレコード音源を手がかりに掘り下げていきます! 前回好評だった、「リズム歌謡のレコードに書かれた解説文を読み、そのリズムを想像で演奏し、後でレコードを聴いて答え合わせをする遊び」の続編も!?

【出演】LL教室(森野誠一、ハシノイチロウ、矢野利裕)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】1,500円(1ドリンク別)

 

■ご予約はこちら

Jul
8
8:00 pm20:00

7/8(土) ヨシダダイキチ・きゅうり・Chihei Hatakeyama

【出演】ヨシダダイキチ・きゅうり・Chihei Hatakeyama
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヨシダダイキチ/シタール奏者
http://www.yoshidadaikiti.net/
http://www.facebook.com/sitar.yoshidadaikiti/

1996年からインドにてシタールとインド音楽を学ぶ。

ウスタッド・シュジャート・カーン/Ustad Shujaat Khanの弟子。
YOSHIMI(ボアダムス/ooioo)とのユニット「saicobaba」を結成し5枚のCDをリリース。様々なアジア楽器のポリリズムと歌唱法を取り入れた「AlayaVijana」を結成し5枚のCDをリリース。シタール5~30台を使ったユニット「sitaar-tah」を結成しニューヨークachiverecord/importantrecordより2枚のCDをリリース。日本のレーベルからオリジナルアルバム「Tah!」をリリース。UAのアルバム「ファティマとセミラ」「テュリ」を楽曲提供、プロデュース。奄美民謡の朝崎郁恵のアルバム「はまさき」を、インド楽器、バリ・ガムランなど多彩なアジア音楽でアレンジしたアルバムをプロデュース。秋田民謡・梅若会、アルナングシュ・チョドリィ、アリフ・カーン、スダマニ、ヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、ジム・オルーク、デバシシュ・バッタチャリア、フェルナンド・カブサッキほか多様なジャンルの音楽家と共演。台湾、中国、韓国、インド等公演。

主な活動>
・ボアダムスーオープニングアクト
・sonic youth日本公演オープニングアクト
・世界的に活躍するバリ・ガムラン「スダマニ」と共演
・タブラ奏者アルナングシュ・チョウドリーと共演
・タブラ奏者マタプラサド・ミシュラと共演
・タブラ奏者 アリフ・カーンと共演
・ブラジル音楽のヘナード・モタ、パトリシア・ロバート、マリコス・スザーノなど共演
・シタール奏者スガト・ナグとの共演
・インド・スライド・ギター・デバシーシ・バッタチャリアと共演
・日本民謡 梅若流梅若会と共演
・フジ・ロック・フェスティバル、SUKIYAKI MEETS THE WORLD他、多くのミュージジックフェスティバルに出演
・ダライラマの提唱する世界聖なる音楽祭出演
・森美術館主催インド現代アート展「チャロ・インディア」出演
・NHK-BS1 「アジアン・クロスロード」出演
・NHK Eテレ「ムジカ・ピッコリーノ」出演
・フジTV ヨルタモリ「世界音楽旅行~インド~」出演
・テレビ朝日「題名のない音楽会」出演
・映画「マンガをはみ出した男ー赤塚不二夫」エンディング曲参加
・シタール、インド音楽に関する本「シタールのほん」執筆
・ポカリスエットCM
・広告代理店SPOONのWEB音楽
・U-HA味覚糖 ココロCM

主なCDリリース>
/psychobaba 1stCD//japan-overseas
/psychobaba 2ndCD//japan-overseas
/psychobaba 3rdCD//eep
/saicobaba 4thdCD//mau
/saicobaba 5thdCD//mau
/AlayaVijana 1CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 2CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 3CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 4CD//music-robita/high contrast
/AlayaVijana 5CD「火と薪」//music-robita/high contrast
/sitaar-tah「amimanima」/achive record/important record/USA
/sitaar-tar「tah」/high contrast
/sitaar-tah「semimimimimin」/achive record/USA
/朝崎郁恵+ヨシダダイキチ「はまさき」プロデュース//high contrast
/UA「SUN」ファティマとセミラを作曲、プロデュース/ビクター
/UA「GOLDEN GREEN」テュリを作曲、プロデュース/ビクター
/シタールsolo vol 1 //oro
/シタールsolo vol 2 //oro
/shock-city-shockersコンピレ-ションCD//ポリスター
/ジブラrimixCDに参加//ワーナーレコード
/リタ-アッカーマンとのコラボレ-ション//PURPLE、オランダ
/シュガーソウルCDに参加//ワーナー
/ディデュリデュ奏者GOMA2ndCDに参加//japan-overseas
/OOIOO-CDに参加//ポリスター/ショーン-レノン他
/リガージテイターのrimixCD//ワーナー
/rovoコンピレーションCDに参加
/baraki<ex-soft>//タグラグ-
/ourour//bubblecore.USA
/オランダ"Green Groceries"コンピレーションCDに参加
/sonic youthトリビュート・アルバムに参加
/ニューウエイブ・トリビュート・コンビレーションに参加/ソニー
/雲南color/エイベックス
/「白夜」ダミアナ・テリー楽曲提供
/ヘナード・モタ、パトリシア・ロバートとのライブ・アルバム
/Van cleef & Arpels ((exhibition) 作品に参加。
/DISCOVER NEW JAPAN 民謡ニューウェーブ vol.1」参加
/スクエア・エニックス「Beer SQ」参加
/津軽三味線奏者 上妻宏光「GEN -源-」参加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きゅうり タブラ奏者
https://www.kyuri-tabla.com/
https://www.facebook.com/unit.aa/

タブラをインド国内外で活躍するアルナングシュ・チョウドリィ氏に師事し、インドをはじめ、諸外国での公演も行なう。日本ではインドから古典音楽演奏家を招聘し、文化交流公演の企画・共演も行なっている。ハイブリットインストバンド ”Unit_a a_”ヨシダダイキチ、きゅうり、TAKSEEMA、HAMA from 滞空時間での活動を軸としながら、タブラとラップトップを組合わせたソロ活動や、画家日下部泰生とのユニット”MetaHolics”をはじめ、芝居、ダンスなど音楽以外のアーティストとの活動も精力的に行なう。

主な活動>
・Yoshidadaikiti x KyuRiによる1stアルバム「a a」を発売
・CAMP Off-Toneに「MetaHolics」出演
・吉野翼企画「銀河鉄道の夜」の音楽を担当
・インド ニムラナフォートにて公演
・インド ハビタットセンターにて公演
・インド エピセンターにて公演
・台北 国立台北藝術大学にて公演
・日印文化交流企画「アルナングシュ・チョウドリィ来日」主催・出演
・日印文化交流企画「モーシン・アリ・カーン来日」主催・出演
・UHA味覚糖 CMソングにてタブラ演奏
・イオンオーガニックコットンCMソングにてタブラ演奏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考動画
■Electric Set
https://youtu.be/kyzDTWcYwOg

https://youtu.be/-5uFd6CKo60

■Acoustic Set
https://youtu.be/vYBLZe6IqXs

https://youtu.be/8vV6_QJdYl8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Chihei Hatakeyama

http://www.chihei.org/

Chihei Hatakeyamaとして2006年にKrankyより、ファーストアルバムをリリース。以後Room40, Home Normal, Own Records, Under The Spire, hibernate, Students Of Decayなど世界中のレーベルから現在にいたるまで多数の作品を発表。デジタルとアナログの機材を駆使したサウンドが構築する美しいアンビエント・ドローン作品が特徴。ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ、韓国など世界中でツアーを敢行し、To Rococo Rot, Tim Heckerなどと共演。NHKのEテレ「schola 坂本龍一音楽の学校シーズン3」にて、アルバム『River』収録の”Light Drizzle”が紹介され、坂本龍一、岩井俊二らからその場を空気を一変させる音楽と評される。映画音楽では、松村浩行監督作品『TOCHKA』の環境音を使用したCD作品「The Secret distance of TOCHKA」を発表。第86回アカデミー賞<長編ドキュメンタリー部門>にノミネートされた篠原有司男を描いたザカリー・ハインザーリング監督作品『キューティー&ボクサー』(2013年)でも楽曲が使用された。またNHKアニメワールド:プチプチ・アニメ『エんエんニコリ』の音楽を担当している。ソロ以外では伊達伯欣とエレクトロ・アコースティックデュオOpitopeとして、SPEKKから2枚のアルバムをリリース。佐立努とのユニットLuis Nanookでは電子音と伝統的なフォークサウンドが混ざり合う音楽世界で2枚のアルバムをリリース。ASUNA、Hakobune等ともコラヴォレーションアルバムを発表。マスタリング・録音エンジニアとしても、自身の作品のみならず、100作品以上を世に送り出している。2013年にはレーベルWhite Paddy Mountainを設立しShelling, Family Basik, neohachi, Federico Durand, suisen, Satomimagaeなどをリリースしている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=3HukOv1Ye7E
https://www.youtube.com/watch?v=VRGhEubX4vU

 

■ご予約はこちら

Jul
9
2:00 pm14:00

7/9(日)昼の部:LCC 2017 Vertical Tonal Gravity 1 / Tonical Bias, Symmetrical Intervals and Penta Tonic, Hepta Tonic, Lydian Chromatic

Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization
The New Edition 2017

日々、進化しつづけるリディアン・クロマチック・コンセプトの最新版!レッスンをスタートした'97年以来培われてきたノウハウと新たな発見の集大成。本シリーズではLCCの門弟であり、ベロベロ音楽理論で名を馳せた船山美也子をアシスタントに迎え、より機能的かつ実践的にリディアン・クロマチック・コンセプトを解説します。

------------------------------------------------------
サモス島の大先生によって発見された12音。
我々は偉大なるガースト・トニカル・バイアスのお導きによってこれに序列を与えた。
んだけれどもだ。
この序列の8番目が時計の目盛りに従ってはくれない。
始祖はこの厄介物"di"を西洋音楽の澱と断罪して無視した。
311から6年の年月がながれ、
彼女が度数40度の母乳でつつましく育児に励んでいる頃、
トニックへむかう3ドア型通勤電車のなかでその12席のベンチシートは発見されたのである。
最初の椅子取りゲームに勝ち残った5音は処女限定の合唱団によって白痴的に歌い上げられた。
果たして遅れてやってきた8番目の男は何番目の席に座ることになるのか?
ババーン!
この続きは7月9日の日曜日14時に荻窪ベルベットサンにて開示される。
ふぉふぉふぉ。
あらゆるトーナル・グラビティー・フィールドの父と母の誕生と、秩序に従わない4人の道化の出現に立ち会うべし。
------------------------------------------------------
【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子
【開場】13:30
【開講】14:00
【料金】1回受講券 / ¥3,000(1ドリンク別) 通し券 / ¥15,000(各公演1ドリンク付)

■年間スケジュール
day1 / '17/07/09
Vertical Tonal Gravity 1 /  Tonical Bias, Symmetrical Intervals and Penta Tonic, Hepta Tonic, Lydian Chromatic
音楽で扱われる12音の発生とペンタ・トニック・スケール〜リディアン・スケール、さらにトーン・オーダーに準ずるリディアン・クロマチック・スケールの成立を解説します。

day2 / '17/08/27
Vertical Tonal Gravity 2 / Modal Genre, Chord Mode
すべての和声、ハーモニーの本質であるLydian TonicおよびModal Tonicについて解説します。

day3 / '17/09/17
復習

day4 / '17/10/15
Horizontal Tonal Gravity 1 / The Low of Resolving Tendency, Tonic
Station Modality 1
LCCによる偉大な発見のひとつ”The Low of Resolving Tendency”とジオメトリック・デザインを学びます。
”メロディー”がもつTonic Station Modalityと4つのHepta Tonic Scales
にあらわれるConceptual Modal Genreについて考察します。

day5 / '17/11/12
Horizontal Tonal Gravity 2 / Tonic Station Modality 2, Mode of Cadence
Bachなどの旋律を例に具体的にメロディーがどのように展開するかを考察します。また、和声と旋律の組み合わせによって発生する"Mode of
Cadence"を学習します。

day6 / '17/12/17
Supra Vertical Tonal Gravity
Pan Tonic, A TonicのTonal Resourceにおけるトーナル・グラヴィティー・フィールドについて学びます。
Out Going RegionにおけるSecondly Modal Genre

day7 / '18/01/21
総括

 

■ご予約はこちら

Jul
9
8:00 pm20:00

7/9(日) 夜の部:「Star☆mine仮説」【菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)】

アーバン・サイケデリカ・クロスオーバー…。
オリジナルチューン、AORからあの名曲まで、サイケやダブの要素を加えた菊地マチャアキ氏の新プロジェクト!


【出演】菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jul
15
7:00 pm19:00

7/15(土) KA presents vol.8〜時をかけて舞まくれ編〜

【出演】KisamaAlternative・水越朋・時々自動
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】予約:¥2,500 当日:¥3,000(ともに1ドリンク付)

KisamaAlternative
ドラムス担当の男性が発する口三味線を、ギターとベースを担当する男性2名と、管楽器担当の女性1名が律儀に音を拾ってしこしこ音楽に仕立て上げるバンドです。なかなかどうしてドラマティック!

水越朋
神奈川県平塚市出身。
桜美林大学総合文化学群演劇専修卒業。
在学時より木佐貫邦子に師事。
これまでに笠井叡・笠井瑞丈・北尾亘・伊藤千枝などの作品に出演。
14年よりソロダンス活動を開始。
横浜ダンスコレクション2017コンペティションⅠ ファイナリスト。
動作の本質・特性を掘り下げる作業から作品を作り出す。
15年より様々なアーティストと取り組む自主企画「KAIKOH PROJECT」始動。ダンス、演劇、映像作品などジャンルにとらわれず多岐にわたり活動中。

時々自動
朝比奈尚行を中心とした、ポップ・ミュージックを演劇する劇団。
ダンス、映像、美術など、作品によってスタイルは変幻自在、時には80年代的「ミクストメディア」パフォーマンスのスタイルを採ることもある。作品のテーマは、2010年ころから、社会的な視点をもったより批評性の高いものになってきている。
KisamaAlternativeとは2014年時々自動公演『生まれて初めて出すフォルテ』で共演。

■ご予約はこちら

Jul
19
8:00 pm20:00

7/19(水) stim

2002年ドラマー DJ エンジニアとして多岐に渡る音楽活動で知られるTaichiを中心に結成。ホテルニュートーキョー wuja bin bin 田我流とカイザーソゼ toe など現在のインディーズシーンを"クロスオーバー"しながらそのサウンドの屋台骨を支えるメンバーと共に、ジャンル名では表しきれない唯一無二なサウンドを奏でるインストゥルメンタルバンド。ダンスミュージックに強く影響を受けながらも、変拍子やポリリズムをとり入れた変態かつ身体的なアプローチのアンサンブルが各方面から注目を浴びている。2009年よりアルバムを2枚リリース。現在サードアルバムリリースに向けて精力的に活動中。


【出演】Taichi(ds) 松崎幹雄(b) 高田陽平(per) 中村圭作(key) 後関好宏(ts) 上運天淳市(bs)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

Jul
21
8:00 pm20:00

7/21(金) TZBOLABO 2017【第1回・魅惑のシンセサイザー ゲスト:笹路正徳(キーボーディスト/プロデューサー)】

坪口昌恭さんによるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」は今年で4年目。初回は「鈴木勲グループ」「MARIAH」(清水靖晃・土方隆行・山木秀夫 )への参加から「スピッツ」「ユニコーン」等のプロデュースまで、多岐に渡る音楽性を持つキーボーディスト/プロデューサーの笹路正徳さんを招いての講座。坪口さんのシンセ奏者としての見地も深く探ることができそうです!
【出演】坪口昌恭・笹路正徳
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(6回通し券¥15,000(全公演1Drink付))

tzbolabo2017_omote.jpg

“TZBOLABO” 2017 at 荻窪Velvetsun
坪口昌恭レクチャー・シリーズ

上京して丁度30年目の2017年、レクチャーシリーズ「TZBOLABO」は4年目を向かえました。
初年度は「坪口昌恭の音楽形成ショウケース」、一昨年は「今ジャズ分析」、昨年はTowerRecordsフリー音楽誌「intoxicate」での楽曲分析コラムを題材におこなって参りました。
今年は、自分が影響を受けてきた音楽の重要項目に再度向き合い、それらのスペシャリストである刺激的な先輩方や音楽仲間を年間6名お招きし、エピソードを交えながら分析してゆきます。実際に音源を聴いたり楽器を鳴らしながら、スペシャルな楽曲や奏法の秘密を解き明かしてゆければと思います。

2017年7月より毎月1回、基本最終金曜日全6回を予定(7月は第3、8月と10月は第2金曜日となりますのでご注意下さい)

 ※出演者の都合で変更する場合がありますので、Webサイトその他で随時告知いたします。
【開場】19:30
【開演】20:00~
【料金】3,000円(6回通し券¥15,000(全公演1Drink付))
【出演】
第1回・7月21日(金) 魅惑のシンセサイザー----笹路正徳 Masanori Sasaji(キーボーディスト/プロデューサー)
第2回・8月11日(金・山の日) H.ハンコック&R.グラスパー----丈青 Josei(ピアニスト)
第3回・9月29日(金) ボサノバとビートルズ----伊藤ゴロー Goro Ito(ギタリスト/作編曲家)
第4回・10月13日(金) バリー・ハリス・メソッド----横山和明 Kazuaki Yokoyama(ジャズドラマー)
第5回・11月24日(金) クラシック音楽の感動----新垣隆 Takashi Niigaki(作曲家)
第6回・12月29日(金) アフリカン・ポリリズム----芳垣安洋 Yasuhiro Yoshigaki(ドラム&パーカッション奏者)

坪口昌恭<Masayasu Tzboguchi>
福井大学工学部応用物理学科卒業後1987年に上京。
ジャズにエレクトロニクスを積極的に取り入れ、ポリリズミックでボーダーレスなキーボーディストとして多数のライブや音楽制作に携わっている。
主宰するエレクトロ・ジャズユニット『東京ザヴィヌルバッハ』(’12年、’13年にNY公演)、
キューバ勢ジャズメンとのNY録音リーダー作、ソロピアノ作、モジュラーシンセ作、ピアノトリオ・リミックス等自己名義のアルバムを17枚発表。
原田知世、伊藤ゴロー、JUJU、小泉今日子、宇多田ヒカル、大友良英ほか85枚以上のCDに参加。
’08年上妻宏光のアルバムをプロデュース。’11年ハリウッド映画「Lily」の音楽制作。’16年アニメ「ReLIFE」の劇中音楽を制作。
『DC/PRG』『菊地成孔Dub Septet』『RM jazz legacy』の鍵盤奏者としても現在進行形のジャズを担う存在として注目を集める。
intoxicate、キーボードマガジン他音楽誌への執筆多数。尚美学園大学/同大学院ジャズ&コンテンポラリー分野准教授。
http://www.tzboguchi.com

 

■ご予約はこちら

Jul
29
7:00 pm19:00

7/29(土) SAICOBAB

14年ぶりの2nd Album
「SAB SE PURANI BAB」
2017年6月6日日本での先行発売記念ライブ

【Live】
● SAICOBAB (http://saicobab.com/)
 ARE
 SITAR / YOSHIDADAIKITI
 FRAME DRUM / HAMA
 &
 YOSHIMIO
● Moan

大井戸猩猩 SAB SE PURANI BAB 展

【開場】18:00
【開演】19:00
【料金】予約:¥3,000 当日:¥3,500 (+1ドリンク¥500)

ーーーーー
アルバムタイトルですが、
SAB SE PURANIはヒンドゥーで「最古の(女の)赤ちゃん」の意
よって。「最古の女の赤ちゃん、”BAB”」って、意味です。

2001年からSAICOBAB(サイコバブ=最古の赤ちゃん)は
SitarのYOSHIDADAIKITI / ヨシダダイキチとYOSHIMIO / ヨシミ
のimprovisationから生まれる合間のゆらぎ音楽を奏でてきましたが、
今年からRagaの古代ヌメロロジカルな手法をもとに作曲した音楽を
演奏するGrind Raga Core バンドとして活動することに
決めました、笑。
YOSHIMIOは珍しく何も楽器を持たずただただボーカリストとして
ジャンプしようとしてます。

日本からはBOREDOMSのEY3とYOSHIMIOのプロデュースするSHOCK CITY宙にさらに、
YOSHIMIOのOUTPUTをリリースする専門レーベル、SHOCHY立ち上げ、そこよりリリース!
日本盤はちょっと文庫本的なCDケース仕様。。。

10/20にはシカゴの老舗レーベル、thrill jockeyからアナログ盤2LP(ボーナストラック入り)と、
CDがリリースされます。

とにかく聴いてみてください。誰も聴いたことないやつですから。。。

YOSHIMIO

ーーーー

●SAICOBAB

スパイラルなグラインド・ラーガ・コアによって覚醒させるものは、
エゴの世界を内包するスーパーオーガニズムの世界。
古代ヌメロロジカルな手法をもとに演奏される音楽は、
表層的な民族性を超え真我の次元へと誘なう。

メンバー、
シタール奏者YOSHIDADAIKITI、
ガムラン / パーカッション奏者として滞空時間などに参加する濱元智行。
そして
YOSHIMIO(Boredoms / OOIOO)。

 

●Moan

元々は増子真二のソロ・ユニットとしてスタートし、2012年よりユニット名義を『Moan』として、正式にMakiとの2人ユニットとなる。

2013年、アメリカン・アンダーグラウンド・シーンの重鎮、Akron/Familyのリーダー、Seth Olinskyによる新レーベル「Lightning Records」のリリース第一弾アーティストとして、Moan名義での1stアルバム、『Think About Forgotten Days』を発表。Pitchfolkのピックアップ・アルバムに選出される等、大きな話題を呼んだ。また、ほぼ同時期に、フィラデルフィアのエクスペリメンタルなエレクトロ・ミュージック系レーベル、「Data Garden」より、アルバム『Bookshelf Sanctuary』をリリース。The Stranger内の音楽コーナー「Line Out」において年間ベストアルバムに選出される等、各方面より注目を集める。

今年2017年4月に、初の国内リリースとなるアルバムを日本アンビエント・ミュージックの中心的存在である畠山地平主宰のレーベルWhite Puddy Mountainよりリリース。

 

■ご予約はこちら

Jul
30
7:00 pm19:00

7/30(日) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他)

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

■ご予約はこちら

Aug
17
8:00 pm20:00

8/17(木) nouon

多国籍な例を見ない属性の重なりを持ち、また既成のどのバンドとも異なる楽器編成を持つインストゥメンタルの4人組、nouon。新譜レコーディングを控えた録音直前ライブとなります!


【出演/act】山田あずさ(Vibraphone) Kevin McHugh(Fender Rhodes) Huw Lloyd(Contrabass Clarinet) 山本淳平(Drums)
【開場/open】19:30
【開演/start】20:00
【料金/charge】¥3,000(1ドリンク付/with 1drink)

nouon "dicks"

nouon "Shi Mei"

■ご予約はこちら

Sep
9
6:30 pm18:30

9/9(土) ケモノディスクライブ vol.12 シティ・ポップのゆくえ ~1988年のオメガトライブ~

1986オメガトライブおよび、カルロス・トシキ&オメガトライブのサウンドプロデューサーだった新川 博氏と、シティ・ポップの世界観に憧れて青春時代を過ごした音楽ライターの久保田 泰平氏を迎え、オメガトライブを中心に、80年代を代表するシティ・ポップの制作の裏側を紐解きます。

【出演者プロフィール】
■新川 博  音楽プロデューサー・編曲家・ピアニスト
5才よりピアノを習い始める。中学生のとき、Charとバンドを組み、ライトミュージックコンテストに出場。日大芸術学部在学中より、松任谷由実、ハイ・ファイ・セットのツアーに音楽監督、キーボードプレイヤーとして参加。ステージアレンジも担当する。1983年より本格的にレコーディングアレンジャ-としての活動に入る。小林麻美「雨音はショパンの調べ」、原田知世「時をかける少女」、荻野目洋子「六本木純情派」、カルロス・トシキ&オメガトライブ「アクアマリンのままでいて」、少年隊「じれったいね」、カールスモ-キー石井&松任谷由実「愛のWAVE」、酒井法子「碧いうさぎ」、山本潤子「翼をください」、KinKi Kids「青の時代」など、サウンドプロデューサー、アレンジャ-として手がけた作品は1000曲を超える。
[オフィシャルサイト]http://www.shinkawa.info/


■久保田 泰平  音楽ライター・エディター
1967年生まれ。青春時代は「ザ・ベストテン」とMTV。タワーレコードのフリーマガジン「bounce」編集部を経て、2004年からフリーライター/エディターとして活動。邦楽のポピュラー・ミュージックを中心に、一般誌から音楽誌/音楽サイトなどで執筆中。FMおだわらでパーソナリティーを務めるレギュラー・プログラム「NO BASEBALL, NO LIFE.」は今年で6年目。


【開場】18:00
【開演】18:30
【料金】 前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000 (1ドリンク¥500別)※税込
【お申込み方法】
※7月2日(日)午前10:00〜 ケモノディスクメールcontact@kemonodisc.comにて受付
※荻窪ベルベットサンでも7月2日(日)より受付いたします。店頭でお申込み下さい。
※先着受付となりますので、ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
※全席自由席となります。

●お申込み&お申込み詳細はこちらから→ http://kemonodisc.com/vol12/
【お問合せ】 メールかツイッターでご連絡下さい。
[メール]contact@kemonodisc.com
[ツイッター]https://twitter.com/KemonoDisc
【主催】 ケモノディスク


Jun
21
8:00 pm20:00

6/21(水) 田中教順(ds)&荒井康太(ds:SUNDRUM) ゲスト:横川理彦(vln,PC) ミナミリョウヘイ(vo)from Mr.Understand

SUNDRUMのドラマー荒井康太氏、ex.dCprGの田中教順氏によるデュオ!そしてゲストにはP-MODEL等での活躍でも著名な横川理彦氏、そしてMr.Understandミナミリョウヘイ氏を迎えるとんでもないセッションが実現!

【出演】田中教順(ds)&荒井康太(ds) Guest:横川理彦(vln,PC) ミナミリョウヘイ(vo)from Mr.Understand
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(+1ドリンクオーダー)

■田中教順 埼玉県生まれ。ドラマーとしての活動の他、スネアドラムの音色研究など、楽器演奏者の視点からの学術的研究も行いつつ、未知のリズムを求めてミャンマーやスリランカへと旅する大学職員。現在はSepteto Bunga Tropisというラテンバンド等で好きにドラムを叩いている。ナマズと古代魚が好き。

■田中教順
埼玉県生まれ。ドラマーとしての活動の他、スネアドラムの音色研究など、楽器演奏者の視点からの学術的研究も行いつつ、未知のリズムを求めてミャンマーやスリランカへと旅する大学職員。現在はSepteto Bunga Tropisというラテンバンド等で好きにドラムを叩いている。ナマズと古代魚が好き。

■荒井康太 伊豆諸島最南端の孤島、青ヶ島出身。幼い頃から島の伝統太鼓に慣れ親しみ育つ。『青ヶ島還住太鼓』とその先祖であり400年以上の歴史を持つ『八丈太鼓』の様々なリズムを叩き分けることのできる伝統太鼓の名手である。高校進学後、千葉を拠点にドラマーとして活動を始める。その後、アフリカを代表するカメルーンのドラマーBrice wassyの演奏に衝撃を受け、Briceとその弟Vincent wouassiに師事。現地カメルーンに渡りのトラディショナルリズムをエッセンスとしたドラミングを学ぶ。 ジャズ、ポップス、ロック、はたまた韓国の農楽やシャーマン音楽、台湾原住民の音楽、ブラジルやアフリカなどの民族音楽から、即興音楽や実験音楽、ライブペイントやダンスとの共演など幅広いく演奏活動を行っている。 伝統太鼓のルーツを元に、アフリカやアジアの豊かなエネルギーを吸収した特異な感性によって生み出されるそのリズムと自然体なグルーヴで、民族の枠を超えて太鼓の魅力を体現している。

■荒井康太

伊豆諸島最南端の孤島、青ヶ島出身。幼い頃から島の伝統太鼓に慣れ親しみ育つ。『青ヶ島還住太鼓』とその先祖であり400年以上の歴史を持つ『八丈太鼓』の様々なリズムを叩き分けることのできる伝統太鼓の名手である。高校進学後、千葉を拠点にドラマーとして活動を始める。その後、アフリカを代表するカメルーンのドラマーBrice wassyの演奏に衝撃を受け、Briceとその弟Vincent wouassiに師事。現地カメルーンに渡りのトラディショナルリズムをエッセンスとしたドラミングを学ぶ。 ジャズ、ポップス、ロック、はたまた韓国の農楽やシャーマン音楽、台湾原住民の音楽、ブラジルやアフリカなどの民族音楽から、即興音楽や実験音楽、ライブペイントやダンスとの共演など幅広いく演奏活動を行っている。 伝統太鼓のルーツを元に、アフリカやアジアの豊かなエネルギーを吸収した特異な感性によって生み出されるそのリズムと自然体なグルーヴで、民族の枠を超えて太鼓の魅力を体現している。

■ミナミリョウヘイ 大阪出身。2007 - 08年N.Y.で米国の絵画を学ぶため約一年活動。同時期にメキシコの僻地にてホースキャラバン団体[Nomads United]に加わり馬と共に山々で生活する。 帰国後、絵画・写真・コラージュ等平面作品の発表に加え、廃材・照明・ネオン・映像・音響など様々な表現法を用いて無意味で内包的なお可笑しみを追求したインスタレーションを個展や各地レジデンスで発表している。 また音・声・身体・物を使った即興パフォーマンス・コラボレーションや、構成・演出・音響・映像・美術・出演を全て一人で手掛けるパフォーマンス舞台作品の発表も重要な活動の一つになってきている。2015年末より山梨に在住。一方で、ネオポップバンド”Mr.Understand”のボーカル、パフォーマンスアート集合体”ANTIBODIES Collective”のパフォーマー、現代美術家の水内義人とのヒップホップフォークデュオ”梅干”、?ユニット”OPENdAN”の謎などを並行して活動。2017年よりソロプロジェクト”BANANAperry”名義でライブや楽曲制作、DJの活動を新たに始動。また近年では、アニメーションやスナップビデオ、中古VHSのサンプリング等を駆使してミュージックビデオの制作ディレクターも手掛ける。 Mr.Understand『トリートメントな侵略者』/ Mr.Understand『鍾乳洞に誘いたい』 等 http://www.ryohei-minami.com/

■ミナミリョウヘイ
大阪出身。2007 - 08年N.Y.で米国の絵画を学ぶため約一年活動。同時期にメキシコの僻地にてホースキャラバン団体[Nomads United]に加わり馬と共に山々で生活する。 帰国後、絵画・写真・コラージュ等平面作品の発表に加え、廃材・照明・ネオン・映像・音響など様々な表現法を用いて無意味で内包的なお可笑しみを追求したインスタレーションを個展や各地レジデンスで発表している。
また音・声・身体・物を使った即興パフォーマンス・コラボレーションや、構成・演出・音響・映像・美術・出演を全て一人で手掛けるパフォーマンス舞台作品の発表も重要な活動の一つになってきている。2015年末より山梨に在住。一方で、ネオポップバンド”Mr.Understand”のボーカル、パフォーマンスアート集合体”ANTIBODIES Collective”のパフォーマー、現代美術家の水内義人とのヒップホップフォークデュオ”梅干”、?ユニット”OPENdAN”の謎などを並行して活動。2017年よりソロプロジェクト”BANANAperry”名義でライブや楽曲制作、DJの活動を新たに始動。また近年では、アニメーションやスナップビデオ、中古VHSのサンプリング等を駆使してミュージックビデオの制作ディレクターも手掛ける。
Mr.Understand『トリートメントな侵略者』/ Mr.Understand『鍾乳洞に誘いたい』 等
http://www.ryohei-minami.com/

■横川理彦(よこがわ ただひこ) 4-D、After Dinner、P-Model、Metrofarceなどを経て現在ソロ。生楽器とコンピュータを併用してライブ活動中。即興演奏やDAWについてのワークショップも多数。美学校講師 http://bigakko.jp/、マニュアル・オブ・エラーズ・アーチスツ所属 http://www.manuera.com/、Cycleレーベル主宰 https://twitter.com/cycle_label

■横川理彦(よこがわ ただひこ)

4-D、After Dinner、P-Model、Metrofarceなどを経て現在ソロ。生楽器とコンピュータを併用してライブ活動中。即興演奏やDAWについてのワークショップも多数。美学校講師 http://bigakko.jp/、マニュアル・オブ・エラーズ・アーチスツ所属 http://www.manuera.com/、Cycleレーベル主宰 https://twitter.com/cycle_label

Jun
15
8:00 pm20:00

6/15(木) 【響生体】発表記念ライブ【吉田隆一(bs) eetee(food, VJ)】

音楽カード「SONOCA」で発表される吉田隆一&酉島伝法【響生体】発表記念ライブです。
カードの内容は、吉田のバリトンサックス無伴奏演奏/酉島氏のイラストと言葉(曲名)の「往復」による「デュオ」です。
酉島氏がデザインし、設定をした「生物の声」の記録です。
ライブでは、酉島氏の【響生体】の画と、eetee氏による映像のコラボが展開されます。
そして、酉島氏の現時点での代表作、日本SF大賞受賞作『皆勤の徒』にちなんだメニューを誇る「社員食堂」もeetee氏によって開店。
音と画と食のコラボレーションで【響生体】の住まう世界に招待いたします。
(文:吉田隆一)


【出演】吉田隆一(bs) eetee(food, VJ)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円

■ご予約はこちら

Jun
14
8:00 pm20:00

6/14(水) Altered States

【出演】内橋和久(g) ナスノミツル(b) 芳垣安洋(d)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jun
10
8:00 pm20:00

6/10(土) 小西遼 × 角銅真実

CRCK/LCKSのリーダー、象眠舎主宰。新進気鋭の音楽家・小西遼によるベルベットサンでの毎月企画。
今月は打楽器奏者・ボーカリストであり、ceroやDoppelzimmerのサポートも務める角銅真実。
ポップス・ジャズ・クラシックを軽やかに横断する、多彩な二名によるライブをお見逃しなく!
【出演】小西遼・角銅真実
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:2,500円(1ドリンク付) 当日:3,000円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jun
7
8:00 pm20:00

6/7(水) 芳垣安洋3days!!!【day3: 芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)】

Orquesta Libre主宰・ROVOのドラマー芳垣安洋さん、ロック~アンビエントまで独自の世界を構築するキーボディスト細海魚さん、細野晴臣・星野源のサポートベーシストとして活躍する伊賀航さん、Blacksheep主宰でありSFをこよなく愛するバリトンサックスプレーヤー吉田隆一さんによる異次元カルテット!

【出演】芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jun
6
7:30 pm19:30

6/6(火) 芳垣安洋3days!!!【day2: Muxic reflexology vol.7 芳垣安洋ソロ&Kimidori reflexology】

昨年5月に開催されたMusic reflexology vol.2芳垣安洋ソロライブ。
感動に包まれた、あの伝説の夜が再び荻窪に...!!
kimidori reflexology(足つぼマッサージ)で五感が開き、音の世界に包まれる
たくさんの人に感じてほしい、見逃せない一夜。ご期待ください!

【出演】芳垣安洋(dr, per)
【リフレ】kimidori
【フード】kimidori特製カレーの販売あり!
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】予約3,000円 当日3,500円 リフレ体験付き(10分程度)
※足裏のみの施術となります
※演奏前を施術時間としておりますが、人数・順番によっては休憩中・演奏後となります。時間についてはお問い合わせください
※飲酒後の施術はお避け下さい

■ご予約はこちら

Jun
5
8:00 pm20:00

6/5(月) 芳垣安洋3days!!!【day1: 芳垣安洋(perc) Joachim Badenhorst(cl) 広瀬淳二(ts) 岩見継吾(b)】

ベルギー出身、ハン・ベニンク・トリオでも活躍の若手クラリネット奏者、ヨアヒム・バデンホルストさんが来日!
重音やパーカッシブな技巧が温かい音色へとうつろうクラリネットに、芳垣さんのパーカッション、岩見さんのベースが寄り添います。サックスによる音響的なアプローチにおいてレジェンドともいえる広瀬淳二さんが、ヨアヒムさんとどう対峙するのかも必見!!

【出演】芳垣安洋(perc) Joachim Badenhorst(cl) 広瀬淳二(ts) 岩見継吾(b)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円 (1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Jun
3
Jun 4

6/3(土),4(日) ちからとちからのぶつかりげいこ【稲川悟史・佐藤紘平】

ウスメラとはドラえもんについての知識が豊富な俳優・稲川悟史と、インターネットを中心に活動している広告クリエイター・佐藤紘平によるユニット。
「人間は、業を糧にテクノロジーを進めてきた。 インターネットがリアルを侵食していく現代。復讐の鬼・佐藤紘平と、救世主・稲川悟史が出会った。 新たなテクノロジーと演劇の融合。」

【日時】
・6/3(土)【開場】18:30 【開演】19:00
・6/4(日)【開場】14:30 【開演】15:00
・6/4(日)【開場】18:30 【開演】19:00
【料金】
・予約:1,500円(+1ドリンク)
・当日:2,000円(+1ドリンク)
(予約は六月二日まで受け付けております。)
【チケット予約方法】
https://tiget.net/events/11349
【Tumblr】
https://usumela.tumblr.com/

■稲川悟史
子供鉅人の演出助手などを経て、フリーの役者として活動中。
主な出演作として、子供鉅人、KUNIO、さいたまトリエンナーレ、明日のアーなど。次回、ピンク・リバティ「人魚の足」に出演する予定。演劇作品のDVDの撮影・編集なども行う。ドラえもんについての知識が尋常ではない。

■佐藤紘平
京都造形芸術大学情報デザイン学科中退後武蔵野美術大学映像学科に編入、同大学にて卒業。
大学生時代よりフリーのコピーライターとして活動し、2017年春より広告クリエイターとして働く。

May
28
8:00 pm20:00

5/28(日) cooking song vol.18 【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 田島拓(gt)】

cooking songsによる食事と音楽の一夜。ベルベットサンでのスモールセットは、料理のフルコースをお楽しみいただけます。オリジナル曲や、small setならではのカバー曲まで、2setたっぷりお楽しみ下さい。
【出演】cooking songs small set【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 田島拓(gt)】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

■cooking songs
高橋保行(『渋さ知らズ』)と伴瀬朝彦(『片想い』『ホライズン山下宅配便』ほか)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーにケイタイモ(『WUJA BIN BIN』『ikanimo』『ヘヴンリーボーイズ』『ex:BEAT CRUSADERS』ほか)、池澤龍作(『WUJA BIN BIN』『スガダイロー:リトルブルー』ほか)、田島拓(『two necks』『南国ペヤング』ほか)、上運天淳市(『stim』『WUJA BIN BIN』)パニック大原(即興舞台『瞬間を紡ぐ時間』)を迎えた7人組で活動中。
また、バンドから数名ピックアップしたcooking songs small setによる、ディナーと音楽を落ち着いて楽しむイベントとして”cooking song”も定期的に開催している。

■ご予約はこちら

May
27
6:30 pm18:30

5/27(土) 『LL教室の試験に出ない音ゲー講座~リズム歌謡の系譜として』

ーー日本のポップスとは「リズム歌謡」である!?
 かつて日本の歌謡曲界では、「今年のニュー・リズムはこれだ!」というかたちで、レコード会社主導の「リズム」輸入がおこなわれていました。そんな「リズム歌謡」のムーヴメントは50年代後半~60年代後半のものですが、海外から影響を受け続けた日本のポップスは本質的に「リズム歌謡」である、と言えるかもしれません。そこで、浮かび上がってくるのが、『beat mania』や『pop’n’music』などといったリズム・ゲームの存在。
 今回は音大で打楽器を専攻し、リズム・ゲームにも数多くの楽曲を提供してきた音楽家の杉本清隆さん(ORANGENOISE SHORTCUT)をゲストに迎え、日本ポップス史をリズム歌謡の歴史ととらえたうえで、「日本人とリズム」や「リズム歌謡としての音ゲー」について一緒に考えていきます。

【出演】LL教室(森野誠一、ハシノイチロウ、矢野利裕)ゲスト:杉本清隆(orangenoise shortcut)
【開場】17:30
【開演】18:30
【料金】1,500円(1ドリンク別)

■LL教室
2015年3月、チューターに憧れる非常勤講師たちが意気投合。構成作家の森野誠一、会社員のハシノイチロウ、批評家の矢野利裕の3人によって結成され、DJ、評論、イベントなどを通じて音楽を提示するユニット。

■ご予約はこちら

May
21
8:00 pm20:00

5/21(日) 「Sound Shape vol.12」【Kinetic / SEASICK】

Kineticライヴは久々の企画!
ゲストにSSWの潮田雄一と、ハマこと浜田将充(Learners)のユニット「SEASICK」!!
個人的に激押しのSEASICKでありますので皆様ぜひともお越しくださいませ!!


【出演】Kinetic(千葉広樹、服部正嗣)/ SEASICK(潮田雄一、浜田将充)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)


■SEASICK
浜田将充、潮田雄一による、CASIO SAシリーズ等チープな楽器やエフェクターで大海原を漂泊する、船酔いスーサイド・ユニット。2013年5月、とあるイベントで二人でライブをやることになる。弾き語り等をイメージされていた、某主催者側の意図は無視され、ノイズ、リズムを垂れ流し、客、主催者を呆然とさせるものの、本人たちは快感を覚え、これをきっかけに結成される。2014年、ライブを重ねる中で「SEASICK」というユニット名になる。一会場限定でデモCD(リハーサル音源をエディットしたもの)リリース。
音楽的には徐々に形になって来る。2015年4月、RSDにてFLAKE SOUNDより、オリジナル曲「PELT」、BEAT HAPPENINGのカバー「Indian Summer」含む、7inch EPをリリース。

■Kinetic
千葉広樹(Bass)と服部正嗣(Drums)によるリアルタイムプロセッシング人力エレクトロニカリズムユニット。
これまでに1stアルバム「Kinetic」2016年6月にBlack Smoker RecordsよりOMSB、K-BOMB、志人をゲストに迎えた2nd Album「db」をリリース。これまでの共演はOMSB(SIMI LAB)、志人(降神)、K-BOMB、Boris Hegenbart(ベルリン)、Cal Lyall、大谷能生、千住宗臣、小林うてな。
http://kineticjapan.tumblr.com/

■ご予約はこちら

May
19
8:00 pm20:00

5/19(金) スガダイロー(pf)・辻祐(太鼓)

CD+BOOK企画『蝉丸 -陰陽師の音-』(夢枕獏×スガダイロー)や、「大群青」にて共演する二人が久しぶりのデュオ演奏!太鼓奏者の第一人者林英哲に師事し英哲風雲の会、最年少メンバーとして師と共に国内外の舞台で活躍する辻祐が、スガダイローに挑む。

【出演】スガダイロー(pf)、辻祐(太鼓)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

May
14
7:00 pm19:00

5/14(日) クレオパトラトークライブ「誰かと喋りたい夜〜祝第五十夜目スペシャル〜」

お笑い芸人・クレオパトラが、毎回喋ってみたいゲストを招いてのトーク企画「誰かと喋りたい夜」。
今回でなんと公演が50回目!それを記念した豪華ライブです!


【出演】クレオパトラ ゲスト:錦鯉・トップリード・ジェントル&シークレットゲスト
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,000円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

May
12
8:00 pm20:00

5/12(金) chio allin solo live

クラシック、ジャズ、ロック、キューバンと多彩な音楽を探求し、コンテンポラリーなピアノと深い叙情を湛えた歌で、新しいスタイルを創造するチオ・アリンさんによるソロライブ。ライブからサーカスまで、多彩でユニークな活動を行うチオさんならではの音像をお楽しみ下さい!
【出演】chio allin
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付)

■ご予約はこちら

May
5
7:00 pm19:00

5/5(金) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他)

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)
 

■ご予約はこちら

May
2
8:00 pm20:00

5/2(火) 「Star☆mine」【菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)】

アーバン・サイケデリカ・クロスオーバー…。
オリジナルチューン、AORからあの名曲まで、サイケやダブの要素を加えた菊地マチャアキ氏の新プロジェクト!


【出演】菊地雅晃(gt) 松村拓海(fl) 堀田秀顕(el-b) 金子充伯(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■ご予約はこちら

Apr
28
8:00 pm20:00

4/28(金) OKI & Rekpo Talk&Live

トンコリ奏者OKIとアイヌの女性コーラスグループ「マレウレウ」のリーダー・Rekpoによる大好評デュオTalk&Live企画の第三弾!!!
アイヌに歌い継がれるウポポ(歌)の伝統曲を、夫婦ならではの息のあった演奏とトークを交えながらアットホームな雰囲気でご堪能いただけます。
先日、OKI DUB AINU BANDにて出演し、大盛況だったオーストラリアでのフェス話しも聞けるハズです!こちらのトークもお楽しみに!この日の為に日本酒もご用意してお待ちしております!

【出演】OKI / Rekpo
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約3500円  /  当日4000円 (各1ドリンク付)

■予約チケットは完売致しました

【日本酒】

・酉与右衛門 (よえもん)
特別純米   吟ぎんが 
直汲み生原酒

・会津娘
純米吟醸  花さくら

Apr
27
7:30 pm19:30

4/27(木) 「お絵描きの会」【長谷川優貴・せらみかる・田中光・岸田メル・ナターシャ・モネ・熊本アイ・畠山達也】

芸人・イラストレーター・絵師が一同に介し、「絵描き歌」「お絵描き人狼」といったテーマに沿って絵を描き競うイベント「お絵描きの会」。同じテーマでありながら各自の画風が表れる様と、臨場感あるトークが好評です!

【出演】長谷川優貴(クレオパトラ) せらみかる 田中光 岸田メル ナターシャ(ニュークレープ) モネ(ジャパネーズ) 熊本アイ(ストレンジサニィシアター) 畠山達也
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら