Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Aug
8
7:00 PM19:00

8/8(Thu) RENEWAL OPEN / DAIRO SUGA PIANO SOLO

クレジット:長谷川健太郎..jpg

act :

スガダイロー / Dairo Suga (piano)

1st set : open 18:30 / start 19:00 / 1,000 yen (+tax)

2nd set : open 19:50 / start 20:10 / 1,500 yen (+tax)

3rd set : open 21:00 / start 21:30 / 1,500 yen (+tax)

● 入れ替え制となりますが、各回続けてのご鑑賞も可能です。

● 初回の入場時のみファーストドリンクのご注文をお願いいたします。

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
ご希望のset を選んでください / Check

スガダイロー  / Dairo Suga

ピアニスト/作曲家

1974年生まれ。神奈川県鎌倉生

洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。  

Jason Moran、山下洋輔、田中泯、灰野敬二、飴屋法水、京極夏彦、中村達也、U-zhaan、向井秀徳、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoらジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品にも参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

2008年 初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル:二階堂和美 3曲参加)を発表。

2011年 『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

2012年 志人(降神)との共作アルバム『詩種』を発表。

2013年 星野源『地獄でなぜ悪い』および、後藤まりこ『m@u』に参加。

2015年 サントリーホール主催ツィン・マーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)」にスガダイロー・カルテットを率いて参加。  

2015、2016年 KAAT神奈川芸術劇場にて白井晃 演出「舞台 ペール・ギュント」「舞台 マハゴニー市の興亡」の音楽監督を担当。 

2016年 夢枕獏(小説家)との共作『蝉丸-陰陽師の音-』発表。 

2016年 「BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS I」にてNYスタインウェイ工場を舞台に、ジャズ・ピアニストJASON MORANと初共演。

2016年 10月~2017年7月 水戸芸術館にて「スガダイローPROJECT(全3回)」を開催。

2017年 「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」を草月ホール、ロームシアター京都にて行う。

2018年 ピアノソロ作品「季節はただ流れて行く」発表。

2019年 トリオ作品「公爵月へ行く」を発表。

Official Web Site: http://sugadairo.com/ 

Facebook: https://www.facebook.com/Sugadairo 

twitter: https://twitter.com/sugadairo

Dairo Suga / Composer, Pianist
Born in Kamakura, Kanagawa Prefecture, Japan in 1974

If we were to name the instrumental music artists who have emerged from Japan, a small island nation on the far east of the world, and become famous around the globe, it would be a short list.


In Japan, only a handful of musicians and performers have true name value: Seiji Ozawa, Ryuichi Sakamoto, Toru Takemitsu, Yuji Takahashi, Yellow Magic Orchestra, Akiko Yano, Kitaro, Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Yasuaki Shimizu, Yosuke Yamashita, Aki Takase, Toshinori Kondo, Otomo Yoshihide, Keiji Haino, Mitsuko Uchida, Hiromi Uehara, ...

No doubt you know some of these artists.

From the 1960s to the 1980s, many Japanese artists were active internationally in the fields of classical music, contemporary classical music, jazz, synthpop, and noise music. But recently it’s Japanese artists in animation or contemporary art who have been getting all the attention.

In 1974, Dairo Suga was born in Kamakura, a city near Tokyo with a long history. Raised in Kamakura, he went on to study at Berklee College of Music in Boston and now works as an interdisciplinary composer and pianist. He has gained prominence for his flexible, collaborative approach that traverses jazz and other genres, and for his emotional musical style that is beautiful and noble.

In Dairo Suga’s “pianism” we can see the influence of many other acclaimed jazz musicians, such as Thelonious Monk, Duke Ellington, Bud Powell, Jaki Byard, Dollar Brand, Egberto Gismonti, and Randy Weston. And yet in the dynamic moments and aesthetic lacunae of his performances we also glimpse his highly Japanese originality.

 Suga’s compositions are known to explore themes of the enigma of life. This tendency has its roots in how Suga initially aspired to be a biologist when he was younger and even majored in biology at university. In his music we can sense his deep affection for life, something akin to Monet’s lilies, like a vast, profound ocean.

 From jazz to rock, pop, and contemporary classical music, Suga’s quest for musical expression never ceases. His collaborations include with traditional Japanese instruments, electronics, basketballs and contemporary dance artists, while recently he has also composed film and theatre soundtracks.

 He has toured Europe with the likes of Shibusashirazu Orchestra and Orquesta Libre, and is planning a European tour with his own band.

View Event →
Aug
9
8:00 PM20:00

8/9(Fri) 芳垣安洋・伊賀航・吉田隆一・元晴・吉森信 / Yoshigaki Yasuhiro, Wataru Iga, Ryuichi Yoshida, Motoharu, Makoto Yoshimori

act :

芳垣安洋 / Yasuhiro Yoshigaki (drums)

伊賀航 / Wataru Iga (bass)

吉田隆一 / Ryuichi Yoshida (sax)

元晴 / Motoharu (sax)

吉森信 / Makoto Yoshimori (piano)

open 19:30 / start 20:00

charge 3,000yen (+tax, w/ 1drink )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
View Event →
Aug
11
8:00 PM20:00

8/11(Sun) 深海魚 / Shinkaigyo

huge_avatar.jpg

大西順子Trio/Sextetへの楽曲提供、2018年にはグラミー賞受賞ピアニストBilly Childs カルテットのブルーノート東京公演に参加するなど、いま注目のテナーサックス奏者 吉本章紘 率いるサックストリオ「深海魚」。

ベースは芳垣安洋バンド、林栄一 GatosMeetingなど引く手数多の岩見継吾、ドラムは中学からプロ活動を開始し林栄一、板橋文夫、南博らのバンドや丈青トリオなどで活躍する20歳の鬼才 林頼我。

act :

深海魚 Shinkaigyo

吉本章紘 / Akihiro Yoshimoto (TenorSax)

岩見継吾 / Keigo Iwami (Bass)

林頼我 / Raiga Hayashi (Drums)

open 19:30 / start 20:00

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
View Event →
Aug
12
7:30 PM19:30

8/12(Mon, 祝日) 東京塩麹 feat. 荘子it / Tokyo Shiokouji feat. Zo Zhit

8人組の人力ミニマルバンド・東京塩麹と、Dos Monosのトラックメイカー/ラッパーの荘子it。ベルベットサンにゆかりのある2組が、リニューアルを記念してコラボレーション。東京塩麹が奏でるミニマルミュージックに荘子itのラップが重なる、令和を切り開くミニマル・ヒップホップ。コラボレーションだけでなく、お互いのパフォーマンスも披露予定。

act : 東京塩麹 feat. 荘子it / Tokyo Shiokouji feat.Zo Zhit

open 19:00 / start 19:30

adv 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name


東京塩麹

2013年始動。東京から世界に向けて、新世代のミニマルを発信する8人組バンド。

ミニマルミュージックをベースに、テクノ、ヒップホップなどを取り入れたサウンドで、ディスクユニオン主催『DIM.オーディション2016』に選出。2017年、1stアルバム『FACTORY』をリリース。同作はNYの作曲家スティーヴ・ライヒから「素晴らしい生バンド」と評された。翌年にはFUJI ROCK FESTIVAL’18へ出演。

ライブ活動のみならず、趣向を凝らした単独公演の開催や塩麹の中にDLコードを封入した「ビン詰め音源」の販売、広告音楽なども手掛ける。

荘子it(ソーシット) a.k.a Zo Zhit

1993年生まれ。

東京を拠点に活動するトラックメイカー/ラッパー。

2019年3/20に1stAlbum「Dos City」でデビューしたDos Monosを率いながら、yahyel、向井太一、入江陽など、様々なアーティストへのトラック提供もしている。

楽曲制作に限らず、テレビやラジオの音楽番組のMCも務めるなど、現在もインディペンデントかつ越境的に活動の幅を拡げている。

View Event →
Aug
14
8:00 PM20:00

8/14(Wed) cooking songs

CRjaket-fixOL_hyo1.jpg

「音楽」と「料理」をお届けする フリージャズ・ポップス・バンド。 高橋保行(vo,tb,cook、渋さ知らズ)と、伴瀬朝彦(vo,p,cook、片想い)による、手作りのディナーショーとして始まったcooking songs。 現在は、池澤龍作(dr、スガダイロー・リトルブルー)、田島拓(gt、南国ペヤング)、ケイタイモ(b、WUJA BIN BIN、ex.BEAT CRUSADERS、家も頑張れお父ちゃん!)、上運天淳市(as、田我流とカイザーソゼ)を加えた6人体制バンド。 毎回ライブではイタリアンやスパイスカレーを中心とした料理を提供し、出演バンドとの「カレー対決」や、フェス会場にて「料理」を振る舞い、食事が楽曲に、楽曲が食卓に、腕利きミュージシャン達が気負いのない等身大の楽曲を届けている。

act :

cooking songs 

高橋保行 / Yasuyuki Takahashi (vo, tb, cook)

伴瀬朝彦 / Tomohiko Banse (vo, p, cook),

ケイタイモ / Keitaimo (b)

田島拓 / Taku Tajima (g)

上運天淳市 / Junichi Kamiunten (sax)

池澤龍作 / Ryusaku Ikezawa (dr)

open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,000 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前/ Name *
名前/ Name
View Event →
Aug
15
8:00 PM20:00

8/15(Thu) -TALK- 菊地成孔・ヴィヴィアン佐藤の第一次映画対戦(仮)

菊地成孔とヴィヴィアン佐藤が、

それぞれのフェイバリットムービーを持ち寄り、

対戦形式でその作品への愛を語るトークセッションです。

名作、珍作、最新作、なにが飛び出すかはお楽しみ!

共に映画のみならず幅広く文化への造詣の深いお二人なので、

映画ファンもそうでない方も楽しめること間違いなし!

皆さまカモン!

act :

菊地成孔(音楽家/文筆家/大学講師)

ヴィヴィアン佐藤(美術家、文筆家、非建築家、映画批評家、ドラァグクイーン)

open 19:30 / start 20:00

charge ¥3,500 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name


NK_2009_3.jpg

菊地成孔

1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。

音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。



vivi.jpg

ヴィヴィアン佐藤

美術家、文筆家、非建築家、映画批評家、ドラァグクイーン。

「同時代性」をキーワードに、ジャンルを横断し独自の見解で分析、制作発表、批評をこなす。 青森県七戸町の町興しコンサルタント担当、広島県尾道市の観光大使。たまプラーザ「ダダンチダンチ」アートディレクター。サンミュージック提携タレント。08年伊勢丹ISETAN 浴衣メインモデル。

View Event →
Aug
16
7:00 PM19:00

8/16(Fri) DAIRO SUGA + TOKU DUO

TOKU-2017.jpg
クレジットは写真:梅原渉_低.jpg

act :

スガダイロー / Dairo Suga (piano)

TOKU (flugelhorn, vo)

1st set : open 18:30 / start 19:00 / 1,000 yen (+tax)

2nd set : open 19:50 / start 20:10 / 1,500 yen (+tax)

3rd set : open 21:00 / start 21:30 / 1,500 yen (+tax)

● 入れ替え制となりますが、各回続けてのご鑑賞も可能です。

● 初回の入場時のみファーストドリンクのご注文をお願いいたします。

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
ご希望のSetを選んでください / Check

スガダイロー  / Dairo Suga

ピアニスト/作曲家/1974年生まれ/神奈川県鎌倉生

洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、同校卒業後米バークリー音楽大学に留学。  

Jason Moran、山下洋輔、田中泯、灰野敬二、飴屋法水、京極夏彦、中村達也、U-zhaan、向井秀徳、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzoらジャンルを越えた異色の対決を重ね、夢枕獏との共作や星野源の作品にも参加するなど、日本のジャズに旋風を巻き起こし続ける。

2008年 初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル:二階堂和美 3曲参加)を発表。

2011年 『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

2012年 志人(降神)との共作アルバム『詩種』を発表。

2013年 星野源『地獄でなぜ悪い』および、後藤まりこ『m@u』に参加。

2015年 サントリーホール主催ツィン・マーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)」にスガダイロー・カルテットを率いて参加。  

2015、2016年 KAAT神奈川芸術劇場にて白井晃 演出「舞台 ペール・ギュント」「舞台 マハゴニー市の興亡」の音楽監督を担当。 

2016年 夢枕獏(小説家)との共作『蝉丸-陰陽師の音-』発表。 

2016年 「BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS I」にてNYスタインウェイ工場を舞台に、ジャズ・ピアニストJASON MORANと初共演。

2016年 10月~2017年7月 水戸芸術館にて「スガダイローPROJECT(全3回)」を開催。

2017年 「スガダイローとJASON MORANと東京と京都」を草月ホール、ロームシアター京都にて行う。

2018年 ピアノソロ作品「季節はただ流れて行く」発表。

2019年 トリオ作品「公爵月へ行く」を発表。

Official Web Site: http://sugadairo.com/ 

Facebook: https://www.facebook.com/Sugadairo 

twitter: https://twitter.com/sugadairo

Dairo Suga / Composer, Pianist
Born in Kamakura, Kanagawa Prefecture, Japan in 1974

If we were to name the instrumental music artists who have emerged from Japan, a small island nation on the far east of the world, and become famous around the globe, it would be a short list.


In Japan, only a handful of musicians and performers have true name value: Seiji Ozawa, Ryuichi Sakamoto, Toru Takemitsu, Yuji Takahashi, Yellow Magic Orchestra, Akiko Yano, Kitaro, Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Yasuaki Shimizu, Yosuke Yamashita, Aki Takase, Toshinori Kondo, Otomo Yoshihide, Keiji Haino, Mitsuko Uchida, Hiromi Uehara, ...

No doubt you know some of these artists.

From the 1960s to the 1980s, many Japanese artists were active internationally in the fields of classical music, contemporary classical music, jazz, synthpop, and noise music. But recently it’s Japanese artists in animation or contemporary art who have been getting all the attention.

In 1974, Dairo Suga was born in Kamakura, a city near Tokyo with a long history. Raised in Kamakura, he went on to study at Berklee College of Music in Boston and now works as an interdisciplinary composer and pianist. He has gained prominence for his flexible, collaborative approach that traverses jazz and other genres, and for his emotional musical style that is beautiful and noble.

In Dairo Suga’s “pianism” we can see the influence of many other acclaimed jazz musicians, such as Thelonious Monk, Duke Ellington, Bud Powell, Jaki Byard, Dollar Brand, Egberto Gismonti, and Randy Weston. And yet in the dynamic moments and aesthetic lacunae of his performances we also glimpse his highly Japanese originality.

 Suga’s compositions are known to explore themes of the enigma of life. This tendency has its roots in how Suga initially aspired to be a biologist when he was younger and even majored in biology at university. In his music we can sense his deep affection for life, something akin to Monet’s lilies, like a vast, profound ocean.

 From jazz to rock, pop, and contemporary classical music, Suga’s quest for musical expression never ceases. His collaborations include with traditional Japanese instruments, electronics, basketballs and contemporary dance artists, while recently he has also composed film and theatre soundtracks.

 He has toured Europe with the likes of Shibusashirazu Orchestra and Orquesta Libre, and is planning a European tour with his own band.

TOKU

日本唯一のヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤー

父親の影響でノンジャンルで音楽に親しみ、
中学時代にブラスバンドで初めての楽器コルネットを手にする。

2000年1月アルバム“Everything She Said”でソニー・ミュージックよりデビュー。
デビュー当初から注目を集め、その年の8月には早くもブルーノート東京に出演。
また、アルバムはアジア各国でもリリースされ、積極的に海外での公演も行っている。

昨今、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、m-flo、平井堅、Skoop On Somebody、
今井美樹、大黒摩季、などのアルバムに作家、プレイヤーとして参加。

2008年に発売したアルバム「Love Again」は初のDuet Songを
ExileのATSUSHI氏を迎えて収録。

また、2011年3月の東日本大震災の直後に行われた、
シンディー・ローパーの国内ツアーにも参加し、話題となる。

そして2011年4月27日、本人がずっと温めていた企画
「TOKU sings & plays STEVIE WONDER- JAZZ TRIBUTE FROM ATLANTA」を発売。

2015年5月、フランクシナトラの生誕100周年を記念して
全曲シナトラのカバーアルバムを発売。
そのレベルの高さに各所で大絶賛を浴びている。

 

Introduction of in English about TOKU.

In Japan “TOKU”is the only flugel horn player who is also well known as a jazz singer.
He was born 1973 in Niigata where he started to play the flugel horn while in junior highschool.
As a high school and college student he played pop music in a cover band.
He was discovered by a jazz drummer who heard his play Miles Davis’ “If I were a bell”
at a college festival.
He was later invited to a jam session where he became deeply inspired by jazz.

In his second year of college he moved to the states to learn the language.
While there he started a band with his room mate (who happened to be a jazz pianist) and
thus started his career as a jazz musician.
Upon graduating from college he started singing at some jazz clubs.
There he was scouted by an American DJ ( Rob Crocker from WBGO now )  from local radio station which led to his first album
“Everything She Said” on Sony Records in January 2000.
In August 2000 he made his debut at the “Blue Note Tokyo”.
In January 2001 his 2nd album “Bewitching” was released as well as mini LP
“Winds of Change” which contained two tracks written by Kyohei Tsutsumi.
In June 2002 John Simon produced Toku’s 3rd album “Chemistry of Love”.
He further established himself as a jazz singer throughout Japan by singing
“You are so beautiful” for a Hitachi TV commercial and also “Do-Re-Mi” for Honda’s Odyssey ad campaign.
In January 2003 “TOKU” came out. This was released includes both instruments and
vocal tracks which highlights his versatile flugel horn technique and sensual voice.
In March 2004 “30” was released as well as all vacal tracks.
In February 2006 “A Brand-New Beginning”was released.
In November 2008 “Love Again” was recentry released. This New Album was recorded at Atlanta,GA with Super Musicians.
In April 2011 ” Toku Sings and Plays Stevie Wonder ~a jazz tribute from Atlanta” was
released, also recorded in Atlanta.

In June 2013 ” Dream A Dream ” was released, the first album which Toku tried all the human love type of songs, including originals.

In May 2015 ” Dear, Mr Sinatra” was released, recorded in Tokyo. A tribute album to Frank Sinatra.

Along the way he worked with other talents such as Ken Hirai,Skoop On Somebody,
Paris Match,Miki Imai,Mariko Takahashi and m-flo. They are the Stars Of J-POP






View Event →
Aug
20
8:00 PM20:00

8/20(Tue) KILLER-BONG × Yoshio Ootani 3DAYS!!!!! - DAY1 -

大谷能生あるいは谷王(Jazz Dommunisters)です。K-BOMBと去年からはじめたブレイクビーツ・ライブ、荻窪ベルサン改修終了に乗っかってさらに拡大3DAYsで開催する。外山明/秋元修という世代屈指のドラマーに参加してもらうことの意味は明白だが、夏の大△!!! 密室に空高く輝く大事故の運河と濁流。さらに三日目にはもう一組ブランニューな荘子it (Dos Monos)が決定!!!我が身を燃やして打つ黒い花火を目撃せよ

act :

KILLER-BONG (MPC, KAOSS PAD etc..)

大谷能生 / Yoshio Ootani (sax, PC, CDJ)

外山明 / Akira Sotoyama (dr)

open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,000 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name

KILLER-BONG

BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男。
リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。

大谷能生 / Yoshio Ootani

1972年生まれ。批評家、音楽家。96年、音楽批評誌「Espresso」を立ち上げ、02年まで編集、執筆。日本のインディペンデントな音楽シーンに実践と批評の両面から深く関わる。著書に『持ってゆく歌、置いてゆく歌 不良たちの文学と音楽』(エスクァイアマガジンジャパン)、『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)がある。菊地成孔とのコンビによる講義録は本書のほかに『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社)、『東京大学のアルバート・アイラー  東大ジャズ講義録』(全2巻、文春文庫)、『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクァイアマガジンジャパン)がある。

外山明 / Akira Sotoyama

斬新なドラムセンスとテクニックで独特の磁場を創り出 し、ジャンルを問わず幅広く活動するドラマー。 24歳の時『坂田明DADADAオーケストラ』『日野皓正・HAVATAMPA』に参加。 この頃から様々なセッション活動を行い、その後『渡辺貞夫グループ』 『松岡直也スーパー5』『Tipographica』などで活躍。キューバ、インド、西アフリカ などの多くの国を旅し、音色とリズムの幅を広げる。 近年は単身ギニアに渡り、ギニア国立舞踊団のバラフォニストに手ほどきを受ける。

View Event →
Aug
21
8:00 PM20:00

8/21(Wed) KILLER-BONG × Yoshio Ootani 3DAYS!!!!! - DAY2

大谷能生あるいは谷王(Jazz Dommunisters)です。K-BOMBと去年からはじめたブレイクビーツ・ライブ、荻窪ベルサン改修終了に乗っかってさらに拡大3DAYsで開催する。外山明/秋元修という世代屈指のドラマーに参加してもらうことの意味は明白だが、夏の大△!!! 密室に空高く輝く大事故の運河と濁流。さらに三日目にはもう一組ブランニューな荘子it (Dos Monos)が決定!!!我が身を燃やして打つ黒い花火を目撃せよ

act : K-BOMB+谷王+夏の大△

open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,000 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name


KILLER-BONG

BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男。
リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。

谷王 a.k.a. 大谷能生 Tanioo a.k.a. Yoshio Ootani

1972年生まれ。批評家、音楽家。96年、音楽批評誌「Espresso」を立ち上げ、02年まで編集、執筆。日本のインディペンデントな音楽シーンに実践と批評の両面から深く関わる。著書に『持ってゆく歌、置いてゆく歌 不良たちの文学と音楽』(エスクァイアマガジンジャパン)、『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)がある。菊地成孔とのコンビによる講義録は本書のほかに『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社)、『東京大学のアルバート・アイラー  東大ジャズ講義録』(全2巻、文春文庫)、『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクァイアマガジンジャパン)がある。

夏の大△ / SummerTriangle

180308natsuno.jpg

2010年夏に開催された、大阪・梅香堂での展覧会「夏の大△」を起点とした、不定期にライブやイベント、展覧会を行う3人組。

大城真: 1978年、沖縄生まれ。 音を出すために自作した道具、または手を加えた既製品を使ってライブパフォーマンスを行う。またそれと平行して音・光・動きによる周期の干渉を利用したインスタレーション作品を発表している。近年は川口貴大、矢代諭史とのユニット”夏の大△”としても活動している。

川口貴大: 主に音のなるオブジェクトやさまざまな光、身の回りにあるモノで空間を構成してゆくライブパフォーマンスやインスタレーションを行う。ソロの他に自身のバンド”Hello”や村山政二朗、宇波拓、ユタ川崎との”OffCells”、江崎将史主催のアキビン吹奏楽団”アキビンオオケストラ”、大蔵雅彦による”ActiveRecovering Music”、”ユタカワサキバンド改めucnvバンド”のメンバーとしても活動している。

矢代諭史: 2003年頃より自走するスピーカーや自作の装置によるインスタレーション展示や演奏を始め、同時期より東京墨田区の廃工場を利用した「八広HIGHTI」の運営などを行っている。ドラムと動くウーハーのユニット「Motallica」としての活動も行っている。

View Event →
Aug
22
8:00 PM20:00

8/22(Thu) KILLER-BONG × Yoshio Ootani 3DAYS!!!!! - DAY3 -

大谷能生あるいは谷王(Jazz Dommunisters)です。K-BOMBと去年からはじめたブレイクビーツ・ライブ、荻窪ベルサン改修終了に乗っかってさらに拡大3DAYsで開催する。外山明/秋元修という世代屈指のドラマーに参加してもらうことの意味は明白だが、夏の大△!!! 密室に空高く輝く大事故の運河と濁流。さらに三日目にはもう一組ブランニューな荘子it (Dos Monos)が決定!!!我が身を燃やして打つ黒い花火を目撃せよ

act :

谷王+秋元修 / Tanioo (MC, PC, CDJ etc.) + Shu Akimoto (dr)

KILLER-BONG (MPC, KAOSS PAD etc.)

荘子it (Dos Monos)

open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,000 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name


KILLER-BONG

BLACK SMOKER RECORDS主宰。最も黒い男。
リミックス / プロディース / アートワーク なども手がける。無数の音と名前を持つ日本のクラブミュージックシーンを代表する異端児。


谷王 a.k.a. 大谷能生 Tanioo a.k.a. Yoshio Ootani

1972年生まれ。批評家、音楽家。96年、音楽批評誌「Espresso」を立ち上げ、02年まで編集、執筆。日本のインディペンデントな音楽シーンに実践と批評の両面から深く関わる。著書に『持ってゆく歌、置いてゆく歌 不良たちの文学と音楽』(エスクァイアマガジンジャパン)、『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』(メディア総合研究所)がある。菊地成孔とのコンビによる講義録は本書のほかに『憂鬱と官能を教えた学校 【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史』(河出書房新社)、『東京大学のアルバート・アイラー  東大ジャズ講義録』(全2巻、文春文庫)、『M/D マイルス・デューイ・デイヴィスIII世研究』(エスクァイアマガジンジャパン)がある。

秋元修 Osamu Akimoto

秋元修.jpg

1991年札幌出身。 洗足学園音楽大学音楽学部音楽学科ジャズコース首席卒業。 在学中、デスメタルバンド「Mysterious Priestess」がWacken Open Air Metal Battle Japan 2013 にて優勝。 ドイツでの本大会に日本代表として出場。 2015年、ネパールポップス歌手、Dpace Shresthaのサポートとしてシドニー公演を行う。 2017年、菊地成孔率いる「DC/PRG」に正式メンバーとして加入。 2018年、菊地成孔率いる「song-XX」の発足メンバーとして参加。 原 大力、岩根 匡伸、各氏に師事。

荘子it(ソーシット) a.k.a Zo Zhit

1993年生まれ。

東京を拠点に活動するトラックメイカー/ラッパー。

2019年3/20に1stAlbum「Dos City」でデビューしたDos Monosを率いながら、yahyel、向井太一、入江陽など、様々なアーティストへのトラック提供もしている。

楽曲制作に限らず、テレビやラジオの音楽番組のMCも務めるなど、現在もインディペンデントかつ越境的に活動の幅を拡げている。

View Event →
Aug
24
8:00 PM20:00

8/24(Sat) 暗い嵐の夜だった It was a dark and stormy night… Kazuhide Yamaji + Sakana Hosomi

flyer_190824_山椒魚.jpg-1.jpeg

act : 

ヤマジカズヒデ+細海魚

open 19:30 / start 20:00

adv ¥2,500、door ¥3,000 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name

ヤマジカズヒデ Kazuhide Yamaji

1991年dipを結成。現在までに12枚のアルバムと2枚のライヴ・アルバムを発表。

ソロ・アーティストとしても3枚のアルバムと30枚以上ものCD-R作品をリリースしている。

サイケデリックでノイジーだが想像力豊かでインスピレーションに富んだインプロヴィゼーション・プレイを得意とし、灰野敬二、中村達也、モモカズヒロ、クハラカズユキ、細海魚などさまざまなアーティストとセッション/ライヴ活動を展開しており、インプロヴァイザーとしての評価も高く、フジロックにも池畑潤二率いるROUTE17 ROCK'N'ROLL ORCHESTRAのギタリストとして2013年から毎年グリーンステージに出演している。

映画音楽作家としては豊田利晃監督の「9ソウルズ」「ポルノスター」「空中庭園」など5作品を手がけた。

2015年ごろからドイツ・ベルリンを皮切りに海外での演奏活動も始めており、

今後はヨーロッパやアメリカなどでライヴを行う予定もある。

diptheband.com


細海魚 Sakana Hosomi

北海道中標津町生れ。繭(Maju)、neina、hosomi、Livingstone Daisyなどの名義でも活動。豪EXTREMEより繭(Maju)名義で5枚、独Mille Plateauxよりneina名義で2枚のリリースがあり同レーベルのコンピレーションclick + cutsやplopのコンピレーション等にも参加。’13年春、八野英史とのユニットLivingstone Daisy「33 Minutes Before the Light」リリース。同年11月、細海魚名義では初となるソロアルバム「とこしえ」を新居昭乃プロデュースによるピュアハートレーベルより発表。2014年1月、b-flowerに正式加入。有機的な繊細さに満ちたそのサウンドは内外問わずファンも多く、とくに国内のアーティストやミュージシャンからは唯一無二の音楽観によって絶大な信頼を得ており、新居昭乃、ミナクマリ、AZUMA HITOMIのプロデュース、山口洋、ヤマジカズヒデ、芳垣安洋、MIGU、仲井戸麗一、おおはた雄一等とのコラボレーション、矢野顕子や鳥羽一郎のアレンジ、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加など、キーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとして多彩な活動を続けている。

https://sakanahosomi.jimdofree.com/


View Event →
Aug
25
7:00 PM19:00

8/25(Sun) blacksheep (Ryuichi Yoshida, Dairo Suga, Hiroyuki Ishikawa)

1801-2.jpg

新垣隆とのユニットN/Y、林栄一 GatosMeeting、藤井郷子オーケストラ、板橋文夫オーケストラ、芳垣安洋 MoGoToYoY等で活動するバリトンサックス/マルチリード奏者 吉田隆一が「音楽によるSF表現」を企み2005年に結成したトリオ。あるときは美しく、あるときは激しく、あるときはユーモラスに、あるときはシリアスに。変幻自在な即興と作曲により立ち現れる現実と非現実の断層。フリージャズとSFの融合。

act :

blacksheep

吉田隆一 / Ryuichi Yoshida (BaritoneSax)

スガダイロー / Dairo Suga (Piano)

石川広行 / Hiroyuki Ishikawa (Trumpet)

1st set : open 18:30 / start 19:00 / 1,000 yen (+tax)

2nd set : open 19:50 / start 20:10 / 1,500 yen (+tax)

3rd set : open 21:00 / start 21:30 / 1,500 yen (+tax)

● 入れ替え制となりますが、各回続けてのご鑑賞も可能です。

● 初回の入場時のみファーストドリンクのご注文をお願いいたします。

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
ご希望のset を選んでください / Check
View Event →
Aug
26
7:30 PM19:30

8/26(Mon) speak with … vol.4 イトケン with SPEAKERS / 角銅真実

65269470_457507568395398_47708376464883712_n.jpg

act :
イトケン with SPEAKERS
イトケン / Itoken (keyboards)、千葉広樹 / Hiroki Chiba (bass, keys)、オロロトリヒロ / Ororotrihiro (ukulele, keys)、三浦千明 / Chiaki Miura (Tp, keys)、松本一哉 Kazuya Matsumoto (drums, perc, keys) http://www.itoken-web.com/

角銅真実 / Manami Kakudo (Perc,Voice,Gt etc)

https://manamikakudo.wordpress.com/


open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,500 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

View Event →
Aug
27
8:00 PM20:00

8/27(Tue) Ortance 坪口昌恭・西田修大・大井一彌

Otance.jpg

多彩なキーボードプレイを持ち味としオルタネイティブな現代ジャズを実践してきた坪口昌恭、ギターのかっこよさとハイセンスなロックフィールをアピールする西田修大、ダブ・ステップ以降の音色にこだわったハイパーなドラミングでクラブを沸かせる大井一彌という、フィールドの異なる3人が共通の美意識の元にタッグを組み、テクノをあえて人の手を介しミクスチャーミュージックとして表現することにこだわったユニット「Ortance」、2018年春始動。Flying Lotusの「LA」全曲カバー以外は全て坪口の作曲であり、シンセサイザーに彩られたアンサンブルの中に、コアな要素としてアコースティック・ピアノのクラシカルな音構造が息づいている。坪口が自ら担当するシンセベース、楽音だけでなくノイズエフェクトの要素が色濃い西田のギター、マシーナリーだからこその色気を醸し出す大井のドラムなど聴き所満載だが、何より、これまで坪口を印象づけていたジャズ・アブストラクト、ポリリズムといったトリッキーな要素は影を潜め、リスナーが思い思いの映像やストーリーを心に描けるような、深層心理に迫るサウンドスケープを持ち味としている。

act :

Ortance

坪口昌恭(Masayasu Tzboguchi):Synthsizer, Synth.Bass, Piano
西田修大(Shuta Nishida):Guitar, Effect(from 中村佳穂BAND, 石若駿SongBook)
大井一彌(Kazuya Oi):Drums with Trigger System(from Yahyel, DATS)

open 19:30 / start 20:00

charge ¥2,500 (+1drink, tax )

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
View Event →
Aug
29
8:00 PM20:00

8/29(Thu) Tokyo sound-painting vol.6

iOS の画像.jpg

フランスで生まれた即興作曲手法、サウンドペインティングを用いて、ハンドサインによる指示に対応したインプロヴァイズを展開していく。

ブルックリンにて、この手法を培ったサウンドペインター小西遼のもと、 様々なバッググラウンドを持つ多彩なメンバーによって演奏を繰り広げる。今回6回目の開催となる一夜、誰にも予想のつかない展開を、ぜひ見届けにお越し頂きたい。

act :

小西遼 / Ryo Konishi (Sound-painter, from 象眠舎、CRCK/LCKS)

石川広行 / Hiroyuki Ishikawa (Tp)

タカラマハヤ / Mahaya Takara (Perc)

秋元修 Shu Akimoto (Dr)

本藤美咲 Misaki Motofuji (Sax)

杉本亮 Ryo Sugimoto (Pf)

小金丸 慧 Kei Koganemaru (Gt)

open 19:30 / start 20:00

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
View Event →
Sep
1
7:30 PM19:30

9/1(Sun) 纐纈雅代 Masayo Koketsu / 松丸契 Kei Matsumaru / 落合康介 Kosuke Ochiai / 林頼我 Raiga Hayashi

秘湯感、渋さ知らズオーケストラ、板橋文夫オーケストラほか様々なバンドやセッションで国内外で活動中のサックス奏者纐纈雅代、バークリー音楽大学を首席で卒業し石若駿らのバンドで活動するサックス奏者松丸契、田中信正トリオ、市野元彦Time Flows Quartet、松井宏樹グループなどで活躍中のベーシスト落合康介、20歳にして日野皓正、鈴木勲、林栄一、板橋文夫、南博、丈青ら日本を代表するジャズミュージシャンと共演を重ねるドラマー林頼我による初共演ライブ。

act :

纐纈雅代 / Masayo Koketsu (AltoSax)

松丸契 / Kei Matsumaru (AltoSax)

落合康介 / Kosuke Ochiai (Bass)

林頼我 / Raiga Hayashi (Drums)

open 19:00 / start 19:30

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

BOE9058.jpg

纐纈雅代 Masayo Koketsu (sax)

1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾く。 15歳でアルトサックスに転向。 チャーリーパーカーの存在に多大なる影響を受ける。 2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。 当時より個性的な音色、オリジナリティー溢れるプレイは唯一無二としょうされる。 2015年8月、自身のオリジナル曲を集めた1st ALBUM『Band of Eden』をrelease。 秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。

61418805_2383632931658016_3935212133683298304_n.jpg

松丸契 Kei Matsumaru (sax)

1995年千葉県生まれ。パプアニューギニアにある標高1500メートルの人口400人程度のウカルンパ村で3歳から高校卒業まで生活。

音楽嫌いを直すため両親に勧められクラリネットを始め、日本に一時帰国した際にアルトサックスを買ってもらい、ほぼ独学でスキルを磨く。

村人からの援助を受け、タイガー大越主催の北海道グルーブキャンプに参加。そこで初めて人と音楽を通して繋がる喜びを知り、学びを深めるためにバークリー音楽大学を目指すことを決意。

2014年全額奨学金を得てボストン・バークリー音楽大学に入学
2015年特別育成機関Berklee Global Jazz Instituteに加入
2016年Yamaha Young Performing Artist - Honorable Mention (2位)
2017年度ヤマハ音楽奨学支援奨学生
2018年米Downbeat誌で自身のトリオ・オリジナル作で優勝
2018年ボストン・バークリー音楽大学首席卒業 (Summa Cum Laude)

タイガー大越, George Garzone, Terri Lyne Carrington, John Patitucci, Joe Lovano, Danilo Perezの各氏に師事。

母国語同様の英語力で大学で英会話の個別講師を3年間勤め、現在フリーランスとして医療系の学術論文の英文校正などを手掛けている。
2018年9月に帰国し、すでに数多くの日本を代表するミュージシャンのライブなどでゲスト出演・共演をしている。(日野皓正・石若駿・金澤英明・石井彰・本田珠也・曽根麻央・須川崇志・松井宏樹・林栄一・etc)

現在都内を中心に音楽仲間を増やしつつ、積極的に演奏活動に取り組んでいる。

20934083_1520803007966531_5816880269665193376_o.jpg

落合康介 Kosuke Ochiai (bass)

1987年1月17日、神奈川県鎌倉市に生まれる。千葉県袖ケ浦市育ち。幼少よりピアノ、高校中退後に親戚のジャズ・ピアニスト中山静夫に勧められコントラバスをはじめる。その後ガット弦の魅力に取り憑かれ、田辺和弘にボウイングを師事。また、馬頭琴の音に衝撃をうけ、キンマンタツ、嵯峨治彦に師事。

自己のリーダーバンドでは、かみむら泰一(ts)、小林豊美(fl)、古和靖章(gt)、池澤龍作(ds)、ちゃる(tap)、池間由布子(vo)と、シブいオカズモキタとして活動。参加バンドは、田中信正トリオ、市野元彦Time Flows Quartet、松井宏樹グループ、寺井雄一カルテット、永武幹子トリオ、宅シューミー朱美、小島のり子トリオ、Joe Rosenberg、中村真トリオ、蜂谷真紀グループ、望月慎一郎トリオなど。

参加CDは、田中信正「作戦失敗」、望月慎一郎「Visionary」、「Another Vision」、永武幹子「Collection1」。

ガット弦の心揺さぶられる音色と、音楽への向き合い方、サウンドセンスの素晴らしさ、フレキシブルなアプローチ、これからのジャズシーンを闊歩していく若手ベーシスト。

コントラバスを通じた表現を日々研鑽、都内ライブハウスを中心に活動中。

_I2A9845.jpg

林 頼我 /ドラマー

1999年生まれ、東京 自由が丘出身。

8歳からドラムに親しみ、小学校高学年よりパンクバンドを始め 下北沢屋根裏 や 三軒茶屋 HEAVEN'S DOOR などに出演、同時に日野皓正主催のDREAMJAZZBANDに参加。中学三年生の終わりに林栄一トリオや森順治カルテットなどに入り、学業とライブ活動を両立させながら腕を磨く。

都立総合芸術高校の打楽器科に入学ののちプロ活動に専念するため中退。

 現在は林栄一カルテット、板橋文夫バンド、加藤崇之バンド、鈴木勲バンド、深海魚(吉本章紘、岩見継吾)、MYSH(南博、吉田隆一、瀬尾高志)、丈青トリオ(丈青、秋田ゴールドマン)、DNA(細井徳太郎、津上研太、高橋祐成、瀬尾貴志)、松井宏樹バンド、パンクバンドやヒップホップバンド などで活動中。

タイトでスピード感溢れるグルーヴから生まれるユニークなドラミングは、既に唯一無二のサウンドを確立しつつある。

これまでに打楽器、クラシックパーカッション、ドラムを阿久井喜一郎、坂田稔、Scott Latham、合田和美、田中徳崇、各氏に師事。

View Event →
Sep
3
8:00 PM20:00

9/3(Tue) "Set to Zero vol.01" 飛田雅弘(Masahiro TOBITA) / KNTC / 新留大介(Daisuke Niitome) / FORT

0903_フライヤー.JPG

放つ音に独自性の極みを感じるアーティストを集めたFORT企画第1弾。

act :

飛田雅弘 Masahiro TOBITA
KNTC
新留大介 Daisuke Niitome
FORT

open 19:30 / start 20:00

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name

飛田雅弘

90年代初頭から2018年2月迄、ハードコアバンドenvyとその前身バンドにて国内外、洋の東西を問わず活動し、同バンド脱退後、在籍中より行っていた即興演奏を軸に、R(L)N3 / ₦₮ / >IVAON<>異馬音< / ソロ・客演等々で活動中。 http://instagram.com/masahirotobita

KNTC(Kinetic)

2010年にBassとDrumsによる人力エレクトロニカユニットとして結成、東京都内を中心に活動。これまでにOMSB、K-BOMB、志人、Hidenka、小林うてな、Cal Lyal、Boris Hegenbart(Berlin)、Christophe Charles、大谷能生、千住宗臣らと共演。

2013年に1stアルバム「Kinetic」(Gnrtr Records)をリリース。

2016年にはOMSB (SIMI LAB)、志人(降神)、K-BOMB(Think Tank)のラッパー陣をゲストに迎え、マスタリングにFumitake Tamura(Bun)を起用した2ndアルバム「db」(Black Smoker Records)をリリース。

2019年、ドラマー脱退に伴い、千葉広樹のソロユニットとして再始動。

https://youtu.be/VkrOJqcnB8w

新留大介.JPG

Daisuke Niitome

2008年よりmouse on the keysの鍵盤奏者として活動。美術館でのインスタレーション、TVCM、ドラマ劇伴などの楽曲制作も手がける。2018年よりFORTとのアンビエントユニットDNAAK活動開始。並行してソロでのマシンライブも行っている。 http://mouseonthekeys.net/

FORT

Hip Hopをルーツに持つトラックメイカー。2005年〜2008年までFive Quartz名義で活動し、1st albumでカルフォルニア出身のソウル・シンガーAloe blaccとの共演が話題となる。2011年からFORTとして始動。FORTでは自身の音源以外にmouse on the keyのalbum制作に参加。また、クラムボン、Spangle call Lilli lineのリミックスに起用される。 http://atsuokimijima.tumblr.com

View Event →
Sep
13
8:00 PM20:00

9/13(Fri) PRAED - Raed Yassin / Paed Conca -

iOS の画像.jpg

レバノン出身のRaed Yassin、スイス出身のPaed Concaによって2006年に結成された、レバノン発ユニットの来日公演。アラブ民衆音楽、フリージャズ、エレクトロニクスの要素を融合させ、幅広い地域の音楽から影響を受けた独自のサウンドを展開する。

act :

Raed Yassin(Keyboards, Laptop, Electronics, Vocals)

Paed Conca(Clarinet, Electric bass, Electronics)

open 19:30 / start 20:00

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

View Event →
Sep
14
8:00 PM20:00

9/14(Sat) nébuleuse ermhoi / 吉田隆一 Ryuichi Yoshida / 池澤龍作 Ryusaku Ikezawa

The Nebula Awards/星雲賞 米国と日本の優秀なSF作品に贈られる賞の名称から。

blackboboiでの活動を中心に複数の言語と独自のセンスで世界観を表現するermhoi、SFに造詣が深く文筆家としても精力的に活動するマルチリード奏者 吉田隆一、スガダイロー Little BlueやWUJA BIN BINほかで活動するドラムの池澤龍作によるトリオ。

act :

nébuleuse  

ermhoi (Vocal & Track)

吉田隆一 Ryuichi Yoshida (BaritoneSax & Flute)

池澤龍作 Ryusaku Ikezawa (Drums)

open 19:30 / start 20:00

charge 2,500yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name
ermhoi.jpg

ermhoi (Vocal & Track)

1歳より音楽好きな母と2人の姉の影響でピアノを弾く。 15歳でアルトサックスに転向。 チャーリーパーカーの存在に多大なる影響を受ける。 2008年9月SONY MUSICより『鈴木勲 SOLITUDE FEAT.纐纈雅代』でデビュー。 当時より個性的な音色、オリジナリティー溢れるプレイは唯一無二としょうされる。 2015年8月、自身のオリジナル曲を集めた1st ALBUM『Band of Eden』をrelease。 秋葉原 HOT MUSIC SCHOOLにてサックス科講師。

吉田隆一.jpg

吉田隆一 Ryuichi Yoshida (SF音楽家)

1971年、東京出身。バリトンサックス奏者。中学校の吹奏楽部でバリトンサックスを手にする。91年に林栄一『林管楽交』に参加。バリトンサックス無伴奏ソロ開始。97年に藤井郷子オーケストラに参加。同時期に『渋さ知らズ』に参加。98年、2000年のヨーロッパツアー全日程に参加する。’99年、浜松ジャス・ウィークに『高瀬アキ・スペシャル・オーケストラ』のメンバーとして参加。2000年、『東京中低域』に参加。2006年脱退。2008年10月『SXQ(松本健一SAX Quintet)』によるロシア・リトアニアツアーに参加。2009年8月『アラン・シルヴァCelestrial Communication Orchestra』に参加。
2005年”SF+フリージャズ”トリオ『blacksheep』(吉田隆一bs,後藤篤tb,スガダイローpf)結成。doubt musicより『blacksheep/blacksheep』『blacksheep/2』を発表。2013年、第51回日本SF大会”こいこん”にて招待演奏を行なう。2014年、後藤篤の脱退に伴い『blacksheep2D』(w/大谷能生pc,∞羊子ちゃん)『blacksheep 3D』(w/スガダイローpf,石川広行tp,常田大希cello&ds)と称するユニット等を軸に、さらに新垣隆、西島大介らと共に文化諸相の混在を図る。アニメ、SFに造詣が深く、雑誌やミニコミ誌等に論考やレビューを発表している。

55555.jpg

池澤龍作 ドラム/打楽器奏者 drums

1977年6月28日生まれ。幼少の頃より両親の影響で多種多様な音楽を体感。ジャズや即興音楽をルーツに自由な表現を志すようになる。洗足学園JAZZ科卒業後、アメリカ留学を経て帰国。様々なジャンルの音楽家や表現者と共演を重ねる一方で映画やCM音楽などにも携わる。参加バンドとしてはスガダイロー率いる次世代フリージャズトリオ「Little Blue」、ケイタイモ(ex Beat Crusaders)主宰プログレッシヴ吹奏楽団「WUJA BIN BIN」、伴瀬朝彦(片想い)と高橋保行(渋さ知らズ)のポップスバンド「cooking songs」、岩見継吾(b)、栗田妙子(p)と結成した新感覚ピアノトリオ「Oncenth Trio」など個性的なユニットに参加。近年はソロライブにも精力的に挑戦している。2012年ソロアルバム「IKEZAWA RYUSAKU」リリース。ユニークかつ叙情的な作曲にも定評がある。古澤良治郎、大坂昌彦に師事。「CANOPUS DRUM」エンドーサー

View Event →

Mar
10
2:00 PM14:00

3/10(日) 昼の部:LCC 2018 [day9 まとめ]

【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子

【開場】13:30

【開講】14:00

【料金】1回受講券 / ¥3,000+税(1ドリンク別) 通し券 / ¥25,000円+税(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■

LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!

講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!

アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!今期は仕事の都合などで、どうしてもベルベットサンに来れない。という方へ向けた「オンライン受講」もございます。

ご購入方法はご希望の方は、下記アドレスまでご連絡下さい。

velvetsun.ticket@gmail.com

View Event →
Feb
26
8:00 PM20:00

2/26(火) スガダイローLittle Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

ピアニスト・スガダイローを中心にドラマー・池澤龍作、ギター・細井徳太郎の三名からなるピアノトリオ「リトル・ブルー」。

フリージャズの遺伝子をリアルタイムに改変していく新世代のダイナミズムがジャズマニアからデジタルネイティブまで聴くもの全てを圧倒します。

激しさと静けさがせめぎ合う一回性の奇跡をお見逃しなく!

【出演】Little Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,500円+税(1D別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
29
8:00 PM20:00

1/29(火) 次ナルJAZZ問答 [蜂谷真紀(vo,voice,pf) 松島啓之(tp) 類家心平(tp) 須川崇志(bass) 本田珠也(drums)]

強力な5個性と挑む予測不可能なJAZZ。

「2tp+声」の蜂谷流3管アレンジひっさげトコトン参ります。構築と開放…

五人のスリリングな熱、見逃す手はない!

【出演】次ナルJAZZ問答 [蜂谷真紀(vo,voice,pf) 松島啓之(tp) 類家心平(tp) 須川崇志(bass) 本田珠也(drums)]

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,500円+税(1D別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
26
7:00 PM19:00

1/26(土) OKHPJAM [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt) 高橋保行(tb)]

毎月恒例!スガダイロー主催・OKHPJAM!

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画です。

演奏する人も演奏しない人も一緒に音楽を創りましょう!

【セッションホスト】 スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt) 高橋保行(tb)

【開場】18:30

【開演】19:00

【料金】参加:1,500円+税(1D別) 見学:無料(要1Dオーダー)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
25
8:00 PM20:00

1/25(金) スガダイローLittle Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

ピアニスト・スガダイローを中心にドラマー・池澤龍作、ギター・細井徳太郎の三名からなるピアノトリオ「リトル・ブルー」。

フリージャズの遺伝子をリアルタイムに改変していく新世代のダイナミズムがジャズマニアからデジタルネイティブまで聴くもの全てを圧倒します。

激しさと静けさがせめぎ合う一回性の奇跡をお見逃しなく!

【出演】Little Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,500円+税(1D別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
22
8:00 PM20:00

1/22(火)『ハミエットに捧ぐ……ふたつのバリトンサックス・ソロ』[吉田隆一(bs) RIO(bs)]

2018年10月4日、『World Saxophone Quartet』での活動、チャールズ・ミンガス氏やギル・エヴァンス氏との共演などで知られるバリトンサックス奏者、ハミエット・ブリューイット氏が他界しました。

ハミエット氏を敬愛する二人のバリサク奏者が、その偉大なる個性に敬意を込めて、ソロ演奏を捧げます。

【出演】吉田隆一(bs) RIO(bs)

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,000円+税 (1ドリンク別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
16
7:30 PM19:30

1/16(水)「At Beat Manifesto #3」 (with New Year Reception!) [谷王(Jazz Dommunisters) / K-BOMB(Blacksmoker Records)/ &more… food:AMA]

谷王とK-BOMBによるブレイク・ビーツに特化した新ライブ・シリーズ。

3区画目は、foodにAMAを招き、新年会の様相をまとって。

【出演】谷王(Jazz Dommunisters) / K-BOMB(Blacksmoker Records)/ &more… food:AMA

【開場/開演】19:30

【料金】2,000円+税(1ドリンク別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
13
6:00 PM18:00

1/13(日) 夜の部:『LL教室の試験に出ないJ-POPシリーズ〜1993年編〜 』[LL教室(森野誠一、ハシノイチロウ、矢野利裕) ゲスト:山田稔明(GOMES THE HIT MAN)]

1990年代の音楽を1年ごとに区切り、独自の観点から深く追求する「LL教室の試験に出ない90年代J-POPシリーズ」が今回取り上げるのは、ビーイング系がチャートを席巻した1993年。 ユニコーンの解散が象徴するように、80年代からのバンドブームがいよいよ終焉し、入れ替わるようにJ-POPという言葉が世間に定着してきたこの年。 Jリーグの開幕とドーハの悲劇、通信カラオケの登場、ポケベルなど、平成のカルチャーにとって重要なトピックがあらわれてきた一方で、The虎舞竜「ロード」の有線放送からの大ヒットなど、まだまだ昭和の残り香も世間に漂っていた時期でした。 今回のゲストにはGOMES THE HITMANの山田稔明さんをお迎えします。GOMES THE HITMANが結成された1993年、芸能音楽の世界とは異なるライブシーンはどのようなものだったのか。当時のライブハウスの話を中心に、音楽のことを幅広く伺います!猫に関する作品も多く出している山田さんと猫にまつわる企画も!?

【出演】LL教室(森野誠一、ハシノイチロウ、矢野利裕) ゲスト:山田稔明(GOMES THE HIT MAN)

【開場】17:30

【開演】18:00

【料金】1,620円 (1Drink別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
13
2:00 PM14:00

1/13(日) 昼の部:LCC 2018 [day07 Supra Vertical Tonal Gravity 1 統合された音楽]

【出演】講師:藤原大輔 アシスタント:船山美也子

【開場】13:30

【開講】14:00

【料金】1回受講券 / ¥3,000+税(1ドリンク別) 通し券 / ¥25,000円+税(1ドリンク別)

■■「フナヤマノート」と「講義動画」で万全のLCCフォロー体制!■■

LCC講座受けたいけど、初回は出れない…という貴方に朗報!

講義にキャッチアップできるLCCフォローアップシステム!

アシスタント・船山先生がその日の講義をまとめた「フナヤマノート」と、レクチャーの模様を収めた動画を、どうしてもその日の講義は出られない…という方のためにご用意します!今期は仕事の都合などで、どうしてもベルベットサンに来れない。という方へ向けた「オンライン受講」もございます。

ご購入方法はご希望の方は、下記アドレスまでご連絡下さい。

velvetsun.ticket@gmail.com


■ご予約はこちら

View Event →
Jan
11
8:00 PM20:00

1/11(金) 坪口昌恭レクチャー・シリーズ “TZBOLABO” 2018 [バリーハリス・メソッドVSバークリー・メソッド 三木俊雄(ジャズサックス奏者)]

2018年、5年目を迎えるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」今年は真夏の8月から始まります。

初年度は「坪口昌恭の音楽形成ショウケース」、翌年は「今ジャズ分析」、一昨年はTowerRecords音楽誌「intoxicate」での楽曲分析コラム、昨年は自分が影響を受けてきた音楽の重要項目に再度向き合い、分析して参りました。今年は、“異種混合/生演奏増量”という方針を掲げて、それらのスペシャリストを年間6名お招きし、エピソードを交えながら分析してゆきます。実際に音源を聴いたり実演しながら、ジャンルを横断した表現の魅力を解き明かしてゆければと思います。

【出演】坪口昌恭・三木俊雄

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】¥2,500+税(1ドリンク別)

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
8
8:00 PM20:00

1/8(火) ぐらもくらぶvol.14 ぐらもくらぶ 新譜「ザッツ・ニッポン・キネマソング」発売記念! 新春!キネマソング大会!

★毎月第2火曜日は荻窪ベルベットサンぐらもくらぶの日!

佐藤利明のザッツ・ニッポン・エンタテインメント新春版!

これぞモダン!これぞキネマ!これぞ映画主題歌!

トーキー草創期から戦前にかけての日本映画界を彩った映画主題歌、挿入歌のオンパレード!トーキ初期のエポックメイキング作品から、エノケン、淡谷のり子、東海林太郎、藤山一郎たちが銀幕で歌った名曲、レアソングの数々。 「ザッツ・ニッポン・キネマソング」収録作と関連作品で綴る、キネマソングの戦前史!

【出演】佐藤利明 (娯楽映画研究家) /保利透(ぐらもくらぶ)

【開場】19:00

【開演】19:30

【料金】2,000円+税(1D別)

★当日ぐらもくらぶCD1枚購入につきドリンク1杯無料。

※ご予約の方優先でのご入場となります。またご予約の方は到着順の入場となりますので場合によっては立ち席になる場合があります。

■ご予約はこちら

View Event →
Jan
5
4:00 PM16:00

1/5(土) SuperDeluxe VELVETSUN [会場:六本木スーパー・デラックス]

会場は六本木スーパー・デラックスです!

お間違いないようにお願いします!

スーパーデラックスベルベットサン.jpg




2019年、共にひとつの節目を迎えるふたつのライブハウス、

六本木スーパー・デラックスと荻窪ベルベットサンがタッグを組み、極上の恍惚をお届けします。

絢爛な出演陣と豪勢なフード、あたらしい門出を一緒に祝いましょう。






出演:

●大御所のケンバンド

大御所のケン sax、スガダイロー p、石崎忍 sax、細井徳太郎 g、吉野弘志 b、芳垣安洋 dr

●芳垣細海伊賀吉田

芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)

●世武裕子

●小西遼 + ermhoi






●DJ:大谷能生

●FOOD:ネグラ 妄想インドカレー、cooking songs

●展示:西島大介「美しい山(歌碑III)」(2019)富士山展2.0

●お米提供:つじ農園





開場 16:00/開演 16:30

料金 3,500円+1D/4,000円+1D

会場 SuperDeluxe (東京都港区西麻布3-1-25 B1F)







■ご予約はこちら


View Event →
Dec
30
4:00 PM16:00

12/30(日) OKHPJAM 大忘年会! [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt) 高橋保行(tb)]

毎月恒例!スガダイロー主催・OKHPJAM!

恒例のオークションもあります!

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画です。

演奏する人も演奏しない人も一緒に音楽を創りましょう!

【セッションホスト】 スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt) 高橋保行(tb)

【開場】16:00

【開演】16:30

【料金】参加:1,500円+税(1D別) 見学:無料(要1Dオーダー)

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
28
8:00 PM20:00

12/28(金) スガダイローLittle Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

ピアニスト・スガダイローを中心にドラマー・池澤龍作、ギター・細井徳太郎の三名からなるピアノトリオ「リトル・ブルー」。

フリージャズの遺伝子をリアルタイムに改変していく新世代のダイナミズムがジャズマニアからデジタルネイティブまで聴くもの全てを圧倒します。

激しさと静けさがせめぎ合う一回性の奇跡をお見逃しなく!

【出演】Little Blue [スガダイロー(p) 池澤龍作(dr) 細井徳太郎(gt)]

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,500円+税(1D別)

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
25
8:00 PM20:00

12/25(火) 芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)

細海さんのアンビエントな楽曲から、ガボール・ザボ、更にはジミヘンまで!

圧倒的な熱量で駆け抜ける「芳垣・細海・伊賀・吉田」カルテット!

【出演】芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】2,500円+税(1D別)

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
23
1:30 PM13:30

12/23(日) TOKYO SHIOKOUJI presents “FERMENT 2018” [Hatake Shocknin / Electrongo with ryo sugimoto / 荘子it / AVALAJAH / 東京塩麹]

8人組バンド・東京塩麹が手掛ける新たなライブシリーズが始動。

エレクトロ/クラブミュージックの2つを軸に、「その音楽性だけ」、つまり確かな音を奏でる4組を招いた昼夜2公演。

アンダーグラウンドとオーバーグラウンドの狭間で培われた、新たな東京の音楽を届けるライブイベント。



【出演・時間】

-Electro DAY-

Hatake Shocknin

Electrongo with ryo sugimoto

東京塩麹

開場 13:30

開演 14:00


-Club NIGHT-

荘子it

AVALAJAH

東京塩麹

開場 19:00

開演 19:30


【料金】

各回 予約:2,500円+1drink / 当日:3,000円+1drink

通し券 4,500円+drink

※料金はすべて内税

FERMENT2018_out@4x-8.png


■ご予約はこちら

公演をお選びください。
View Event →
Dec
22
7:00 PM19:00

12/22(日) サボテンレーダー / VARRISPEEDS / 俺はこんなもんじゃない

【出演】サボテンレーダー / VARRISPEEDS / 俺はこんなもんじゃない

【開場】18:30

【開演】19:00

【料金】¥2,000+税(+1D)

SABOTEN RADAR

【湯浅崇(Ba)、狩生健志(Gt)、小森耕造(Dr)】

VARRISPEEDS

池田"DTchainsaw"貴男(Rap)

尾崎慶太(Guitar)

高橋直康(Bass)

平沢勇次(Drums)

俺はこんなもんじゃない

Kariu Kenji (guitar)

Masuda Yuki (keyboards)

Takeda Yoshihiko (drums)

Kishida Yoshinari (percussion)

Ando Akihiko (alto sax)

Ando Tatsuya (soprano sax)

Soeda Yusuke (bass)

Tanaka Kotaro (guitar)

Matsumura Takumi (Flute)

181222_VOS.jpg

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
15
8:00 PM20:00

12/15(土) 『ひかりの歌』公開記念ライブ+短編映画『映写』上映イベント [日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)、西田夏奈子、鯉和鮎美(FUKAIPRODUCE羽衣)、金子岳憲]

上映作品『映写』(2012年、10分)

出演:鯉和鮎美、金子岳憲 監督:杉田協士 撮影:飯岡幸子 製作:映画美学校

杉田協士監督の7年ぶりとなる長編作『ひかりの歌』の公開を記念した音楽ライブ+映画上映イベント。

2012年に映画美学校のミニコラボ作品として杉田が監督し、鯉和鮎美(『ひかりの歌』第2章出演)と金子岳憲(第3章出演)が主演した『映写』の上映、及び2人によるライブパフォーマンス。

『ひかりの歌』第2章のライブシーンで日髙啓介と西田夏奈子によって歌われる楽曲のライブ演奏。

杉田も含めた出演者全員によるトークを行います。

『ひかりの歌』公式サイト

http://hikarinouta.jp

【出演】日髙啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)、西田夏奈子、鯉和鮎美(FUKAIPRODUCE羽衣)、金子岳憲

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】¥1,500+税(1drink付)

■ご予約はこちら

View Event →
Dec
14
8:00 PM20:00

12/14(金) 坪口昌恭レクチャー・シリーズ “TZBOLABO” 2018 [ジャズ・イノベイター分析 ゲスト:村井康司]

2018年、5年目を迎えるレクチャーシリーズ「TZBOLABO」今年は真夏の8月から始まります。

初年度は「坪口昌恭の音楽形成ショウケース」、翌年は「今ジャズ分析」、一昨年はTowerRecords音楽誌「intoxicate」での楽曲分析コラム、昨年は自分が影響を受けてきた音楽の重要項目に再度向き合い、分析して参りました。今年は、“異種混合/生演奏増量”という方針を掲げて、それらのスペシャリストを年間6名お招きし、エピソードを交えながら分析してゆきます。実際に音源を聴いたり実演しながら、ジャンルを横断した表現の魅力を解き明かしてゆければと思います。

【出演】坪口昌恭・村井康司

【開場】19:30

【開演】20:00

【料金】¥2,500+税(1ドリンク別)

■今後のスケジュール(予定)

第6回・2019年1月11日(金) バリーハリス・メソッドVSバークリー・メソッド ゲスト:三木俊雄 Toshio Miki(ジャズサックス奏者)

2018年8月より毎月1回、基本第2金曜日全6回を予定

※出演者の都合で変更する場合がありますので、Webサイトその他で随時告知いたします。

■ご予約はこちら

View Event →