Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

         

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Back to All Events

10/16(Wed) Anima Mundi (芳垣安洋 x Santiago Vazquez) 2days

act :

芳垣安洋 Yasuhiro Yoshigaki (perc)
Santiago Vazquez (perc)
Milo Moya (human beat box)
高良久美子 Kumiko Takara (vib.perc)

open 19:30 / start 20:00

charge 3,000yen (+1drink, tax)

⬇ご予約はこちら / Reservation

名前 / Name *
名前 / Name

芳垣安洋 Yasuhiro Yoshigaki
Drums,Percussion,Trumpet,Compose

関西のジャズエリアでキャリアをスタートさせ、モダン・チョキチョキズ、ベツニ・ナンモ・クレズマー・オーケストラ、渋さ知らズなどに参加後上京。
渋谷 毅、山下洋輔、坂田明、板橋文夫、梅津和時、片山広明、巻上公一、ホッピー神山、大島保克、菊地成孔、オオヤユウスケ、高田漣、ヤドランカ、酒井俊、長谷川きよし、カルメン・マキ、おおたか静流、小島真由実、浜田真理子、カヒミ・カリィ、UA、原田郁子、John Zorn、Bill Laswellなど様々なミュージシャンと共演。
ROVO、大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラ、南博GO THERE、アルタード・ステイツや自己のバンドVincent Atmicus、Emergency!、Orquesta Nudge!Nudge!等のライブ活動の他、蜷川幸雄や文学座などの演劇や、映画の音楽制作も手掛ける。
メールスジャズフェスを始めとする欧米のジャズや現代音楽のフェスティバルへの出演や、来日するミュージシャンとの共演も多く、海外ではインプロヴァイザーとしての評価も高い。
レーベル「Glamorous」を主宰する。

サンティアゴ・ヴァスケス Santiago Vazquez

南米・アルゼンチンを代表する打楽器奏者・作曲家である。ビリンバウ。ムビラなども含む世界中のパーカッションに精通した鬼才。 バスケス氏は幼少期はクラシカルピアノを習い「神童」と呼ばれる程の腕前だったそうです。 現在は即興のコンダクションによるダンサブルなオーケストラをアルゼンチンで率いております。