Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Back to All Events

6/25(日) 。。。『tententen』

【出演】Eugene The Oceanographer / Public Pool Gods / Lo-shi / NTsKi
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,000円(+1ドリンク)

- Eugene The Oceanographer

イングランドマンチェスターを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップアーティスト。自身のレーベル「Maybles Labels」から、三島由紀夫、1988年ソウルオリンピック、ソビエト社会主義共和国連邦といった、広範囲な題材をテーマにした作品をリリースしている。Scott Walker、Yellow Magic Orchestraに影響を受ける。2015年にリリースしたアルバム「The Tigers Of Mount Paektu」がThe Quietusのベストアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。2016年にポスト・コミュニストによるヨーロッパツアー行い、先月韓国ソウルでの公演を終えたばかり。 https://maybles.bandcamp.com/album/bun-bu-ryo-do https://youtu.be/-Dmm5_RvXkk https://maybles.bandcamp.com/album/seoul-1988

イングランドマンチェスターを拠点に活動するエクスペリメンタル・ポップアーティスト。自身のレーベル「Maybles Labels」から、三島由紀夫、1988年ソウルオリンピック、ソビエト社会主義共和国連邦といった、広範囲な題材をテーマにした作品をリリースしている。Scott Walker、Yellow Magic Orchestraに影響を受ける。2015年にリリースしたアルバム「The Tigers Of Mount Paektu」がThe Quietusのベストアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。2016年にポスト・コミュニストによるヨーロッパツアー行い、先月韓国ソウルでの公演を終えたばかり。
https://maybles.bandcamp.com/album/bun-bu-ryo-do
https://youtu.be/-Dmm5_RvXkk
https://maybles.bandcamp.com/album/seoul-1988

 

- Public Pool Gods (Biology of the Future + Cal Lyall) with Terada Kyosuke (visuals, from HUH)

2007年に結成された、東京都大久保出身の2ピース・トライバル・ユニット。バイオロジー・オブ・ザー・フューチャー・キャル・ライアルで構成。水中音声にポップ性を加味した新しいサウンドを創造。

2007年に結成された、東京都大久保出身の2ピース・トライバル・ユニット。バイオロジー・オブ・ザー・フューチャー・キャル・ライアルで構成。水中音声にポップ性を加味した新しいサウンドを創造。

 

テラダ キョウスケ (映像)

1985年生まれ 男 声、ギター、サンプラー、etc... 2008年より bum というソロ名義でノイズ制作を開始。 その後、カナダの Hobo Cult Records のオーナー Hobo Cubes と Leather Soup というノイズ/エクスペリメンタルデュオを組み、短い期間で3枚のダウンロードアルバムをリリースする(現在活動休止)。 2009年7月 フリーインプロ集団 MUTE MUTE を発足。 2013年1月 パワーバイオレンスバンド AiR STRIKES を結成。 他にも、個人名義でのソロ演奏や楽器や機材を限定しないでのセッションへの参加、風人氏とのTERROR HIT、脱構築を目的としたソロ oyogase や、ノイズデュオ VELTZ+bum、bum+scum、First Foods (Tanabe Yuuki+bum)や、T~ky、Naoki Nomoto氏との1534522、kkkならyyy、仙人の手、殺し屋ン2、秋福音、Making Music、E.Maki、他 DJ 等々で活動。 また 日の毬 , DOOOMBOYS presents Party "ABRACATABRA" レギュラーVJ を始め、バンド、ノイズ、クラブイベント等のVJ 絵やコラージュ等の平面作品、実験的な映像作品、CDジャケット、イベントフライヤー、PV等の制作も行っている。 https://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/

1985年生まれ 男
声、ギター、サンプラー、etc...
2008年より bum というソロ名義でノイズ制作を開始。
その後、カナダの Hobo Cult Records のオーナー Hobo Cubes と Leather Soup というノイズ/エクスペリメンタルデュオを組み、短い期間で3枚のダウンロードアルバムをリリースする(現在活動休止)。
2009年7月 フリーインプロ集団 MUTE MUTE を発足。
2013年1月 パワーバイオレンスバンド AiR STRIKES を結成。
他にも、個人名義でのソロ演奏や楽器や機材を限定しないでのセッションへの参加、風人氏とのTERROR HIT、脱構築を目的としたソロ oyogase や、ノイズデュオ VELTZ+bum、bum+scum、First Foods (Tanabe Yuuki+bum)や、T~ky、Naoki Nomoto氏との1534522、kkkならyyy、仙人の手、殺し屋ン2、秋福音、Making Music、E.Maki、他 DJ 等々で活動。
また 日の毬 , DOOOMBOYS presents Party "ABRACATABRA" レギュラーVJ を始め、バンド、ノイズ、クラブイベント等のVJ
絵やコラージュ等の平面作品、実験的な映像作品、CDジャケット、イベントフライヤー、PV等の制作も行っている。
https://huh.jimdo.com/profile-1/terada-kyosuke/

 

- Lo-shi

ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するイン ストゥルメンタルユニット。 ポスト・アシッドハウスやブリッティッシュエレクトロニカの早急ビートとコズミックなサウンドスケープを想起させるLo-shiの楽曲。Neu! や Cluster や CAN などに代表されるクラウトロックの中毒的な実験音楽、シュルレアリズムやダダなどの芸術活動への影響を受けていることが見て取れる彼等。2013年にはダモ鈴木と共にフリッツラングの「Metropolis」にあわせサウンドトラックを即興で表現するパフォーマンスを行い、さらに2015年には長野で開催された音楽フェスティバル TAICOCLUB への出演を果たす。 2016年には Echo Park Film Centerと現代美術ギャラリー Blum & Poe 東京とのコラボレーション映画「The Sound We See: A Tokyo City Symphony」のサウンドトラックを Blum & Poe にて即興演奏。 2017年の春、サードアルバム「 Ninjin」リリースツアーをダンサーの菊地美佐子と共にまわる。そしてその年、彼らのセカンドアルバム「 Baku」の楽曲が Anshul Chauhan 監督の短編映画「KAWAGUCHI 4256」のサウンドトラックとなった。 http://www.lo-shi.org https://soundcloud.com/lo-shi

ゴタル(ギター、サンプル、リズム)とラルーフ(テルミン、口琴)により2012年結成された、フランス人デュオLo-shi。 彼等は力強さと喚情的なサウンドで美しさと不調和を融合し不気味かつアトモスフォリックな音像を表現するイン ストゥルメンタルユニット。
ポスト・アシッドハウスやブリッティッシュエレクトロニカの早急ビートとコズミックなサウンドスケープを想起させるLo-shiの楽曲。Neu! や Cluster や CAN などに代表されるクラウトロックの中毒的な実験音楽、シュルレアリズムやダダなどの芸術活動への影響を受けていることが見て取れる彼等。2013年にはダモ鈴木と共にフリッツラングの「Metropolis」にあわせサウンドトラックを即興で表現するパフォーマンスを行い、さらに2015年には長野で開催された音楽フェスティバル TAICOCLUB への出演を果たす。
2016年には Echo Park Film Centerと現代美術ギャラリー Blum & Poe 東京とのコラボレーション映画「The Sound We See: A Tokyo City Symphony」のサウンドトラックを Blum & Poe にて即興演奏。
2017年の春、サードアルバム「 Ninjin」リリースツアーをダンサーの菊地美佐子と共にまわる。そしてその年、彼らのセカンドアルバム「 Baku」の楽曲が Anshul Chauhan 監督の短編映画「KAWAGUCHI 4256」のサウンドトラックとなった。
http://www.lo-shi.org

https://soundcloud.com/lo-shi

 

- NTsKi

マンチェスターを拠点に活動する京都出身のシンガーソングライター。 https://soundcloud.com/ntski

マンチェスターを拠点に活動する京都出身のシンガーソングライター。
https://soundcloud.com/ntski

 

- Dj : Ian Martin (Call And Response Records)

イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。

イアン・マーティンは東京を拠点とするインディーレーベルCall And Response Recordsを主宰して10年以上となる。日本のインディー音楽シーンについて執筆もしており、著書「Quit Your Band! Musical Notes from the Japanese Underground」が2016年Awai Booksより出版された。

 

 

■ご予約はこちら