Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Back to All Events

12/16(土) MOAN / 和田晋侍(DMBQ, 巨人ゆえにデカイetc) / 嶺川貴子 / 大谷能生・今泉総之輔(HIP HOP SET)

【出演】MOAN / 和田晋侍(DMBQ, 巨人ゆえにデカイetc) / 嶺川貴子 / 大谷能生・今泉総之輔(HIP HOP SET)
【開場】18:00
【開演】19:00
【料金】前売2,500円 当日3,000円(ともに1ドリンク付)

Moan

轟音ロックバンドとして世界に名を馳せる DMBQ ではギター/ヴォーカルを担当し、BOREDOMS ではギタリストとしてだけでなく特殊多弦楽器やオペレートなど異才を惜しみなく発揮する音楽家、増子真二と、2015年に惜しまれつつ解散した大阪の5人組ガールズ・ノイズポップ・バンド water fai のベーシストであり、現DMBQ のベーシストもあるマキによるユニット、Moan。

ロック、ドローン、ミニマルミュージック、アンビエント、エレクトロニカ、現代音楽等の要素を独自の解釈でブレンドし、新たな未踏の音響フロンティアの最前線を開拓した渾身の一枚。増子真二の改造を施されたエレクトリックギターの音色がどこまでも続く雄大な砂漠を突っ切るかのように響きわたり、マキのヴォイスが、時に呪文のように、または魔法のようにそのサウンドを包み込み、誰も想像しえないようなクライマックスに突入する。マニュエル・ゲッチングやエメラルズのマーク・マグワイア、ダスティン・ウォン等のギタリストのコンテキストを踏まえつつ現行インディーロックやアンビエント・ドローンの狭間を行く、極限のサウンドスケープ。それは時に北極の氷が壮大に溶けて行く時に発するような爆音のように地球規模の音塊を思わせる。

和田晋侍

アブストラクトバンド巨人ゆえにデカイ、ノイズロックバンドDMBQのドラマーとして国内外で活動。

石井モタコとの手ノ内嫁蔵、DODDODOband、近年はリンダ&マーヤ(N’夙川ボーイズ)、oni(あふりらんぽ)などのレコーディングやライブにも参加している。2013年自身のロックプロジェクト、ワダロッカーズで映画『太秦ヤコペッティ』の音楽を制作、サントラ「wadarockers10 plays太秦ヤコペッティ」リリース。(同映画主演も務める) 。2014年ドラムとアンプを使ったソロ音源「PANACUT8/PANA8」をbirdFriendからリリース。立体作品「ドラムボル」展示、演奏。2015年詩人辺口芳典、美術家水内義人のプロジェクトDGAに参加、日米カナダ11公演など。1981年、大阪府出身の音楽家/ドラマー。

嶺川貴子
1990年、フリッパーズ・ギター監修のオムニバス『FAB GEAR』にカヒミ・カリィとのユニットFancy Face Groovy Nameで参加。このときの名義は、本名のアナグラムMamene Kirerie。1992年、L⇔Rに加入。1994年1月にL⇔R脱退後、1995年『CHAT CHAT』でソロデビュー。以降、国内外8枚のアルバムを発売。近年は「細野晴臣トリビュート」や「PENGUIN CAFE ORCHESTRA -tribute-」などコンピレーションCDへの参加が続く。

大谷能生
1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)/批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。96年〜02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校』や、単著『貧しい音楽』『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』など著作多数。音楽家としてはsim、mas、JazzDommunisters、呑むズ、蓮沼執太フィルなど多くのグループやセッションに参加。ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題歌を担当。チェルフィッチュ、東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、大橋可也&ダンサーズ、室伏鴻、イデビアン・クルーなど、これまで50本以上の舞台作品に参加している。また、吉田アミとの「吉田アミ、か、大谷能生」では、朗読/音楽/文学の越境実験を継続的に展開中。山縣太一作・演出・振付作品『海底で履く靴には紐がない』(2015)、『ドッグマンノーライフ』(2016/第61回岸田戯曲賞最終選考候補)では主演を務める。最新作は『JazzAlternative』(2016/Blacksmoker)。

今泉総之輔/ドラマー
自己のTRIO(田村和大、須長和広)を中心に、大友康平、河口恭吾、K、Sowelu、mink、世理奈、等の レコーデイング&ライブサポートを務める。SMORKER RECORDSからBLAHMUZIKとのユニットBMSO にて音源をリリース。quasimodeメンバー。

■ご予約はこちら