Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Mar
31
8:00 pm20:00

3/31(金) 寺尾洋之のイチから始めるアニメ・イラスト講座 3月号

第一部は、

映像に音楽をつける?音楽に映像をつける?
…の4回目!

映像の一つ一つの意味を紐解きながら、作画資料を見ながら順を追って見ていきたいと思います。
数か月連続シリーズですが、今回からでも大丈夫!分かりやすく楽しい、ためになる講義になっています!

第二部は、

ひさびさの作画実演。
ライトボックスを持ち込み、皆様のリクエストにこたえる形で動きなどをを描いててまいりたいと思います。
ご期待ください!

それでは皆様よろしくお願いいたします!!

【出演】寺尾洋之
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1D付、寺尾さんの書き下ろしイラスト付)

 

■ご予約はこちらから

Apr
1
7:00 pm19:00

4/1(土) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他)

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)
一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

Apr
3
8:00 pm20:00

4/3(月) SAICOBAB【YOSHIDADAIKITI・濱元智行(滞空時間)・YOSHIMIO(Boredoms / OOIOO)】

スパイラルなグラインド・ラーガ・コアによって覚醒させるものは、
エゴの世界を内包するスーパーオーガニズムの世界。
古代ヌメロロジカルな手法をもとに演奏される音楽は、
表層的な民族性を超え真我の次元へと誘なう。
メンバー、
シタール奏者YOSHIDADAIKITI、
ガムラン / パーカッション奏者として滞空時間などに参加する濱元智行。
そして
YOSHIMIO(Boredoms / OOIOO)。

【出演】
SAICOBAB
are
sitar player YOSHIDADAIKITI,
gamelan player/percussionist Tomoyuki Hamamoto from Taikuh Jikang,
and
YOSHIMIO (Boredoms / OOIOO).
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:3,000円 / 当日:3,500円 (共に+1ドリンク500円)

 

■ご予約はこちら

Apr
4
8:00 pm20:00

4/4(火) 池澤龍作ソロ (フード:eetee)

WUJA BIN BIN・スガダイロー「Little Blue」・Oncenth Trio・cooking songsにて活躍するドラマー、池澤龍作さんによるソロパフォーマンス。「eetee食堂」による出張フードもあります!

【出演】池澤龍作(drum.objects.toys.harmonium.etc)  / フード:eetee
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

Apr
7
8:00 pm20:00

4/7(金) 小西遼『象眠舎番外公演』× 俺はこんなもんじゃない

【出演】
■象眠舎番外公演
小西遼+向啓介+西田修大
■俺はこんなもんじゃない
Matsumura Takumi (Flute)
Ando Akihiko (alto sax)
Kariu Kenji (guitar)
Soeda Yusuke (bass)
Masuda Yuki (keyboards)
Takeda Yoshihiko (drums)
Kishida Yoshinari (percussion)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちら

Apr
13
8:00 pm20:00

4/13(木) Paradise / stand alone404

【出演】Paradise / stand alone404
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

■PARADISE / パラダイス (Finland)
Eetu Palomäki / エーテゥ・パロメキ (piano, electronics)
Kristian Westerling / キリスティアン・ヴェスタリング (guitar)
Henri Nikkilä / ヘンリー・ニッキレ (bass)
Niko Koivuhovi / ニコ・コイヴィホヴィ (drums)
フィンランド出身のバンド。多種多様な音楽やアートを吸収し、変幻自在なサウンドを生み出す彼らのスタイルは、まるでブラックホールのようだ。そのパフォーマンスは、即興やノイズ、ポップ、サウンドアート、実験的エレクトロニック・ミュージックで織り成される。限界を超えたアイデアで、「音」と「無」を探求していくバンドの結束力は秀逸。
世界各地でライブ・パフォーマンスを行い、多くの反響を呼んでいる。最近では、ロシア、サンクトペテルブルクでのJFCジャズ・クラブやイタリアのフロジノーネ・ミュージック・フェスティバルに参加し、観客を魅了した。
https://www.facebook.com/paradise1337/
https://www.youtube.com/watch?v=qR7Ihofb6IE
https://www.youtube.com/watch?v=nufk0rD1iz0

■stand alone-404
坂口光央(key,syn)、若杉大悟(ds)によるオルタナ電子ジャズユニット。シンセとアコースティックピアノ、ドラムが無機質に絡み、人力によって加速する。
https://soundcloud.com/mitsuhisa-sakaguchi/stand-alone-404-bar-isshee-2016

83AC3843-0365-4976-B5BF-FADBE0B4BD88.jpeg

■ご予約はこちら

Apr
14
8:00 pm20:00

4/14(金) Led Bib / Tobira-1

【出演】
-Led Bib
Mark holub(drums) Liran Donin(bass) Toby McLaren(keyboards) Chris Williams(saxophone) Pete grogan(saxophone)
-Tobira-1
藤井郷子(piano) 田村夏樹(trumpet) 井谷享志(drums)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら

Apr
20
8:00 pm20:00

4/20(木) Soft Core Duo + 立花秀輝【羽野昌二(dr) 中村大(b)】

阿部薫氏、近藤等則氏、デレク・ベイリー氏等と共演を重ねてきたドラマー羽野昌二さんと、ex)オーサカ=モノレール、Cracks&Rabbitsのベーシスト中村大さんによる即興デュオ"Soft Core"。緻密にドラムの音作りを行う羽野さんと、地に根を張ったような粘り強い中村さんのベースによるデュオです。今回はアルトサックスプレーヤー・立花秀輝さんが参加!
【出演】羽野昌二(dr) 中村大(b) 立花秀輝(as)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:2,500円(1ドリンク付き) 当日:3,000円(1ドリンクつき)

 

■ご予約はこちら

Apr
27
7:30 pm19:30

4/27(木) 「お絵描きの会」【長谷川優貴・せらみかる・田中光・岸田メル・ナターシャ・モネ・熊本アイ・畠山達也】

【出演】長谷川優貴(クレオパトラ) せらみかる 田中光 岸田メル ナターシャ(ニュークレープ) モネ(ジャパネーズ) 熊本アイ(ストレンジサニィシアター) 畠山達也
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,500円(1ドリンク付)
芸人・イラストレーター・絵師が一同に介し、「絵描き歌」「お絵描き人狼」といったテーマに沿って絵を描き競うイベント「お絵描きの会」。同じテーマでありながら各自の画風が表れる様と、臨場感あるトークが好評です!

 

■ご予約はこちら

Apr
28
8:00 pm20:00

4/28(金) OKI & Rekpo Talk&Live

【出演】OKI / Rekpo
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約3500円  /  当日4000円 (各1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら


Mar
28
7:00 pm19:00

3/28(火) Pequeño de La Señas × DJケペル木村

150種類以上のハンドサインを利用し、リズムを変化せ即興演奏を行うアルゼンチンの演奏法「Seña de percussion」。これを演奏する日本で唯一のバンド「La Señas」のライブ、そして南米音楽を語れば日本で右に出る人はいないケペル木村さんによるDJ。南米音楽でめちゃくちゃ踊れる一夜をお楽しみに!
【出演】Pequeño de La Señas(指宿克典 福岡高次 織本卓 岩澤駿 長野裕介 亀倉雛子) / ケペル木村
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちら

Mar
24
Mar 26

3/24(金)~3/26(日) 大悟の朗読会VOL.2   2017年春「大悟のいないいないジャーニ―」(出演:篠崎大悟(ロロ))

劇団「ロロ」の俳優・篠崎大悟による一人芝居「大悟の朗読会」、待望の第二回目の公演。

僕には僕の世界の見え方があるときに、彼女にも彼女の世界の見え方がある。
そんな二人が一緒に暮らしたらもう大変だよなって思います。ワールドイズマインVSワールドイズマイン。もうこれは戦争です。六畳の部屋にお互いのルールを張り巡らせ、向き合えばケンカをし、横に並べば同じものを見ているのか不安になり。背中合わせになれば、もう相手なんていらない。そんな気持ちとは裏腹にチンポだけが相手を求めて伸びていくこともあれば、精神だけが相手を求めさまよう時もある。さみしくて、彼女に手を伸ばしてみたがその時チンポは立たなかった。
あー、なんたるまぬけ。なんたる矛盾。
一緒に生きるって大変だな。だって確実にそこには見えない血が流れてる。そんな二人の生活を読んで、妄想して、演じてみる。今回はそんな朗読会です。

【出演】篠崎大悟(劇団「ロロ」)
【日時】
・3/24(金) 開場18:30 開演19:00
・3/25(土) 開場14:30 開演15:00
・3/25(土) 開場18:30 開演19:00
・3/26(日) 開場14:30 開演15:00*

*終演後アフタートーク有り
ゲスト:LittleSophy主宰.演劇ライターの落雅季子さん
予定しておりましたアフタートークの日程が3/26(日)15:00の終演後に変更となりました。予めご了承ください。

【料金・チケット予約方法】
チケット全席自由・料金は当日受付にて支払い
◎特別早期割引(3/4~3/13迄)料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)
こちらのサイトからご予約下さい。
https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=41b9f92a06&s=&

◎当日一般 料金:2,000円(+1ドリンクオーダー)

制作・web:奥山三代都
制作補助・映像:稲川悟史

Mar
23
7:30 pm19:30

3/23(木) Music reflexology第六弾・伴瀬朝彦ソロライブ

【出演】伴瀬朝彦
【リフレ(足つぼ)】kimidori
【フード】kimidori特製カレー
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】予約3,000円 当日3,500円 リフレ体験付き(10分程度)
【ご予約・お問い合わせ】090-2256-7192・kimidori.tori@gmail
※足裏のみの施術となります
※演奏前を施術時間としておりますが、人数・順番によっては休憩中・演奏後となります。時間についてはお問い合わせください。
※飲酒後の施術はお避け下さい

kimidori reflexology(足つぼマッサージ)で五感が開き
音の世界に包まれる
見逃せない一夜。ご期待ください!

 

■ご予約はこちらから

Mar
22
8:00 pm20:00

3/22(水) マハゴニーシティバンド【スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)】

【出演】スガダイロー(pf)竹内直(ts)ギデオン・ジュークス(tuba)石川広行(tp)石若駿(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)
2016年9月、KAAT神奈川芸術劇場にて公演された白井晃・演出「舞台マハゴニー市の興亡」。音楽監督としてクルト・ヴァイルの音楽を大胆にアレンジしたスガダイローさん率いるマハゴニーシティバンドが荻窪の地へ。自由と歓楽を!

 

■ご予約はこちら

Mar
19
6:30 pm18:30

3/19(日) ふーちんギド/海藻姉妹

【出演】ふーちんギド/海藻姉妹
【開場】18:00
【開演】18:30
【料金】予約:3000円(1ドリンク付) 当日3500円(1ドリンク付)

ふーちんギド
Tuba ギデオン・ジュークス(Sigur Rós, Orquesta Libre, シカラムータ)と Drum ふーちん(チャラン・ポ・ランタン, Libera Cielo)からなる HEAVY GYPSY ROCK バンド。2013年にレコーディングとライブセッションで意気投合。とりあえず2人でやってみよう!と、バンドを結成し、斬新な奏法を開拓。

海藻姉妹
わかめ、こんぶ、めかぶ、からなるユニット。わかめとこんぶはサクソフォンを、めかぶは鍵盤楽器を演奏。千代田芸術祭2013 音部門 岸野雄一賞 受賞 2015.9.20 CD&DVD「海底演奏会実況盤」をoutonediscよりリリース。

Mar
18
5:00 pm17:00

3/18(土) 東京・安部公房・パーティー・ミーティングvol.29 『箱男』読書会

東京・安部公房・パーティ(通称TAP)による読書会inベルベットサン第10弾!
今回の課題本は『箱男』(1973)。安部公房の後期を代表する長編です。
発表当時よりも、インターネットの時代になって評価が上がった感のある問題作、作品に込められた仕掛けを、参加者全員で解き明かしましょう。
【開場】16:30
【開始】17:00
【料金】¥1,500(w/1D)
読み途中、未読でも問題なし! 安部公房ファンなら誰でも参加できます。
当日はUstreamの中継も予定しています。
尚、終了後は付近の居酒屋で二次会を予定しております(学割あり)。

 

■ご予約はこちら

Mar
16
8:00 pm20:00

3/16(木) 外山明とSUNDRUM!踊る春祭典!

外山明さんとSUNDRUMが夢のコラボレーション!!!
一夜限りのドラム祭り!!!
呑めや歌えや踊り狂いましょう!!!
間違いなく楽しいやつです!!!

【出演】
外山明(dr,ほか)
-SUNDRUM-
坪内敦(per)・大島菜央(dance)・ツダユキコ (vo)・亀田欣昌(dance)・横手ありさ(vo)・ハブヒロシ (遊鼓)・荒井康太(ds,太鼓)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1drink付)

 

■ご予約はこちら

Mar
11
7:00 pm19:00

3/11(土) 夜の部:OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他)

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)
一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

 

■ご予約はこちら

Mar
8
8:00 pm20:00

3/8(水) 芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)

Orquesta Libre主宰・ROVOのドラマー芳垣安洋、ロック~アンビエントまで独自の世界を構築するキーボディスト細海魚、細野晴臣・星野源のサポートベーシストとして活躍する伊賀航、Blacksheep主宰でありSFをこよなく愛するバリトンサックスプレーヤー吉田隆一による異次元カルテット!
【出演】芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1drink付)

 

■ご予約はこちら

Mar
1
7:00 pm19:00

3/1(水) 【吉田アミ、か、大谷能生 2017】 どちらがさきに口火をきったのか、もうわからない。vol.2【出演:大谷能生・吉田アミ・滝口悠生】

文筆家/即興演奏家である男女が、書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み。

【出演】大谷能生・吉田アミ・滝口悠生
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

朗読DUO/「吉田アミ、か、大谷能生」

 演奏家としてステージに立ち、また同時に、小説/批評/エッセイの書き手として文学に関わる吉田アミと大谷能生は、2010年から朗読=演奏のユニット<朗読DUO>として、多数のステージでパフォーマンスを行ってきました。
 彼女/彼は、1990年代後半から試みられてきた、音と音楽、演奏することと聴き取ること、個人とアンサンブルの関係などを厳しく問い直す、あたらしい即興演奏の実践/批評に関わるところから、それぞれの活動をはじめました。
ここではその詳細に踏み込むことをしませんが、およそ十年は続いたこの実験的ムーブメントは多くの成果を生み、そのシーンを通過したミュージシャンたちは現在、自身の資質に当時の経験を改めて反映させながら、さまざまなかたちで演奏を継続させています。
 彼女/彼は、自ら生み出し、展開させたこのようなエクストリームな即興演奏の方法と倫理を、言葉と声の分野においても実践できないだろうかと考えました。
書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み――近代小説の前提である「黙読」というシステムで書かれた紙の上の言葉を、90年代後半から試みられてきた、ハードコアに個人主義的な日本のあたらしい即興演奏に接続することによって、まったくあたらしく響かせることは出来ないだろうか? このような無謀とも言えるアイディアから、吉田アミと大谷能生の<朗読DUO>は、はじめられました。
吉田アミの<ハウリング・ヴォイス>は、そもそも声の言語的使用・意味の伝達をまったく排除するところから形作られたものであり、大谷の楽器であるサックスは通常発話と同時に演奏されることはありません。胸と息と喉と声帯を使用しながら、その機能を言葉を伝えることとはまったく異なった状態に育て上げてきた即興演奏者が、その回路を通して、あるいは放棄して、ひとつの言葉を同時に読む。その言葉は、男性の声と女性の声のあいだで宙に釣られ、書き言葉がもともと持っていた「語り手の不明」さを明らかに示しながら、ひとつのものが同時に複数である経験をわたしたちに示してくれるでしょう。 
 これまで清澄白河Snac、浅草橋パラボリカ・ビス、アサヒ・アートスクエア、西麻布スーパーデラックスなどで試みられてきた彼女/彼らのステージは、現代文学/音楽の極端なオルタナティヴとして高く評価されてきました。2015年に「吉田アミ、か、大谷能生」名義で発表した舞台作品、『デジタル・ディスレクシア』から一年の充電期間を経て、2017年、毎回さまざまなゲストをお呼びしながら、およそ隔月のペースで、荻窪ベルベット・サンを中心にライブを企画してゆく予定です。われわれのステージにご期待ください。

吉田アミ(よしだ あみ)
音楽・文筆・前衛家。1990年頃より音楽活動を開始。2003年にソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、Utah KawasakiとのユニットastrotwinとSachiko.MとのユニットcosmosのCD「astrotwin+cosmos」がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。文筆家としても活躍し、小説やレビュー・論考を発表。著書に「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)がある。

大谷能生(おおたに よしお)
1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)/批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。96年〜02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校』や、単著『貧しい音楽』『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』など著作多数。音楽家としてはsim、mas、JazzDommunisters、呑むズ、蓮沼執太フィルなど多くのグループやセッションに参加。ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題歌を担当。東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、室伏鴻ほか、演劇やダンス作品への参加も多い。近作は『マームとジプシーと大谷能生』、入江陽『仕事』(プロデュース)など。2015年6月に初舞台主演作品となる『海底で履く靴には紐がない』(山縣太一作・演出・振付)を上演。

スペシャルゲスト
滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)
小説家。1982年生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。15年、映画「男はつらいよ」シリーズをモチーフにした『愛と人生』(講談社)で野間文芸新人賞。16年、『死んでいない者』(文藝春秋)で芥川賞。デビューから一貫して小説におけるナラティブ(語り)を重視した作品を発表。音楽や映画や落語などしばしば異ジャンルへと侵蝕しながらユーモラスな小説世界を展開する。他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(ともに新潮社)。

Feb
26
2:00 pm14:00

2/26(日) 昼の部:ermhoi × KHEV

【出演】ermhoi / KHEV (木村広人 sax 勝田弘和 gt 杉本亮 key 五日市扶 ba 新谷芳勇 dr 高見優貴 voice, sampler guest:高橋絢子 fl)
【開場】13:30
【開演】14:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちらから

Feb
23
8:00 pm20:00

2/23(木)cooking song vol.17【cooking songs small set: 高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt)】

cooking songsによる食事と音楽の一夜。オリジナル曲や、small setならではのカバー曲まで、2setたっぷりお楽しみ下さい。
【出演】cooking songs small set【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt)】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

■cooking songs
高橋保行(『渋さ知らズ』)と伴瀬朝彦(『片想い』『ホライズン山下宅配便』ほか)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーにケイタイモ(『WUJA BIN BIN』『ikanimo』『ヘヴンリーボーイズ』『ex:BEAT CRUSADERS』ほか)、池澤龍作(『WUJA BIN BIN』『スガダイロー:リトルブルー』ほか)、田島拓(『two necks』『南国ペヤング』ほか)、上運天淳市(『stim』『WUJA BIN BIN』)パニック大原(即興舞台『瞬間を紡ぐ時間』)を迎えた7人組で活動中。
また、バンドから数名ピックアップしたcooking songs small setによる、ディナーと音楽を落ち着いて楽しむイベントとして”cooking song”も定期的に開催している。

■ご予約はこちらから

Feb
22
8:00 pm20:00

2/22(水)『ぐらもくらぶ毛利眞人アワーvol.01 エロエロ行進曲の巻』

エロ歌謡の真髄とは!昭和戦前エロ歌謡とエロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?毛利眞人による「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス モガ・モボ・ソングの世界(ビクターCD)」「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影(講談社メチエ選書)」の魅力を徹底解剖!
【出演】毛利眞人ほか
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,000円

■ご予約はこちらから

Feb
17
8:00 pm20:00

2/17(金) nouon Trio +1

【出演】山田あずさ(Vibraphone) Kevin McHugh(Fender Rhodes) 山本淳平(Drums) Tyler Eaton( Bass)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円 (1Drink付)

 

■ご予約はこちらから

Feb
15
8:00 pm20:00

2/15(水) 象眠舎 実験公演「デンキノヲト」【Ema・高木大輔・向啓介・小西遼】

象眠舎は小西遼を主宰とした「音と言葉と景色の融合」を標榜する表現集団。非常に多岐に渡る音楽的要素や演出の組み合わせによって、表現形態や規模に囚われない実験的作品群を創造し続けている。
"デンキノヲト"は小西遼&向啓介duoが続けてきたエレクトロ・ノイズ・アンビエントによるライブセットに、アコースティックギターの高木大輔とシンガーのEmaを迎えて臨む実験公演。
エレクトロのアコースティックの狭間に浮かぶ歌とは?
【出演】Ema(vo) 高木大輔(gt) 向啓介(electro) 小西遼(sax)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:2,500円 当日:3,000円(予約当日とも1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちらから

 

 

Feb
13
7:30 pm19:30

2/13(月) Make Like a Tree(Sergey Onischenko) / Leka

ウクライナ出身アーティストによる、映像・音楽の饗宴。アーティストLekaによる「ことわざ」に関する考察と映像作品。音楽はMake Like a Treeによるライブ。現地のお酒もお楽しみ頂けます。ウクライナの文化にじっくりと触れることのできるイベント。この機会をお見逃しなく!
【出演(act)】Make Like a Tree(Sergey Onischenko) / Leka
【開場(open)】19:00
【開演(start)】19:30
【料金(charge)】予約(adv)\3,000 / 当日(door)\3,300
予約・当日ともウクライナワイン付き・ご希望によりその他のドリンクもお選び頂けます。
(the charge include Ukraine wine. If you request, you can order another drink.)
※フードにつきましては、都合により、ウクライナワインの提供に変更となりました。ご了承下さい。

 

■ご予約はこちらから(reservation)

Feb
12
7:00 pm19:00

2/12(日) みどりん・池澤龍作duo

”ジャズ”というカテゴリーには到底収まりきらず、アフロビート、ヒップホップ、ポップス、ノイズ、ロック、ファンク、現代音楽...。あらゆるリズム、歌、景色を紡ぎ、熱狂を巻き起こす2人のドラマー。
時に音楽として、時に美術のように、時に映画のように、時にダンスのように、時に有機的に、時に無機質に。
柔らかなリズムとメカニックなリズムが混じり合い、ドラム2台で最高の表現を生み出す貴重な一夜!!
ステージもフロアも汗だく間違いなし!!!!!どうぞお見逃しなく!!!!!
【出演】
みどりん(dr)from SOIL&"PIMP"SESSIONS, J.A.M.
池澤龍作(dr)from WUJA BIN BIN, Little Blue
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

チーズタルト・ブルーチーズ・ハチミツとローズマリーケーキ・グリルチキンと野菜のタヒニソースピタパンサンド・ダチョウすじ肉と野菜のスパイシースープ等のフードも販売予定です!

 

■ご予約はこちらから

Feb
9
8:00 pm20:00

2/9(木) +81 【松村拓海(Flute, Synth) 岸淑香(Piano) 森永達哉(Guitar) スズキトモヒサ(Perc)】

「1983」、「俺はこんなもんじゃない」、菊地雅晃氏のプロジェクト等で活躍する松村拓海によるユニット「+81」。ギターとパーカッションから紡がれるリフ。その上空で漂うピアノとフルートの旋律は、南米の風を纏いつつ、東京という都市の甘美さを提示する。+81久々のワンマンライブはベルベットサンにて開催。
【出演】松村拓海(Flute, Synth) 岸淑香(Piano) 森永達哉(Guitar) スズキトモヒサ(Perc)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

松村拓海
1982年2月16日生まれ。
9歳からフルートを始めたものの3年ほどで一度挫折。
高校入学後フルートを再開、ギターも独学で弾き始め、その頃にJeremy Steigのフルートを聴き、その自由な音楽表現に引き込まれていった。スタンダードジャズからフリージャズ、即興、ロックバンドやポップスなどジャンルを問わず活動し、自己ユニット"+81"などでオリジナル楽曲の演奏に取り組んでいる。ライヴ演奏の他にもTVやCM、様々な作品のレコーディングに参加し、レッスンにも力を注いでいる。リーダーユニット"+81"の他主な参加バンド、共演者は"菊地雅晃" "Kenichiro Nishihara" "菅原慎一" "1983" "peno" "俺はこんなもんじゃない"etc...

 

■ご予約はこちら