Contact Us

荻窪ベルベットサンに関するご質問、ご相談はこちらにご記入下さい。

なおライブのご予約は、下記RESERVATIONフォームへのご記入をお願いします。

if you have any questions about ogikubo velvetson,

please send us messages from this form.

 

           

123 Street Avenue, City Town, 99999

(123) 555-6789

email@address.com

 

You can set your address, phone number, email and site description in the settings tab.
Link to read me page with more information.

Schedule

Feb
26
2:00 pm14:00

2/26(日) 昼の部:ermhoi × KHEV

【出演】ermhoi / KHEV (木村広人 sax 勝田弘和 gt 杉本亮 key 五日市扶 ba 新谷芳勇 dr 高見優貴 voice, sampler guest:高橋絢子 fl)
【開場】13:30
【開演】14:00
【料金】2,500円 (1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちらから

Mar
1
7:00 pm19:00

3/1(水) 【吉田アミ、か、大谷能生 2017】 どちらがさきに口火をきったのか、もうわからない。vol.2【出演:大谷能生・吉田アミ・滝口悠生】

文筆家/即興演奏家である男女が、書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み。

【出演】大谷能生・吉田アミ・滝口悠生
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

朗読DUO/「吉田アミ、か、大谷能生」

 演奏家としてステージに立ち、また同時に、小説/批評/エッセイの書き手として文学に関わる吉田アミと大谷能生は、2010年から朗読=演奏のユニット<朗読DUO>として、多数のステージでパフォーマンスを行ってきました。
 彼女/彼は、1990年代後半から試みられてきた、音と音楽、演奏することと聴き取ること、個人とアンサンブルの関係などを厳しく問い直す、あたらしい即興演奏の実践/批評に関わるところから、それぞれの活動をはじめました。
ここではその詳細に踏み込むことをしませんが、およそ十年は続いたこの実験的ムーブメントは多くの成果を生み、そのシーンを通過したミュージシャンたちは現在、自身の資質に当時の経験を改めて反映させながら、さまざまなかたちで演奏を継続させています。
 彼女/彼は、自ら生み出し、展開させたこのようなエクストリームな即興演奏の方法と倫理を、言葉と声の分野においても実践できないだろうかと考えました。
書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み――近代小説の前提である「黙読」というシステムで書かれた紙の上の言葉を、90年代後半から試みられてきた、ハードコアに個人主義的な日本のあたらしい即興演奏に接続することによって、まったくあたらしく響かせることは出来ないだろうか? このような無謀とも言えるアイディアから、吉田アミと大谷能生の<朗読DUO>は、はじめられました。
吉田アミの<ハウリング・ヴォイス>は、そもそも声の言語的使用・意味の伝達をまったく排除するところから形作られたものであり、大谷の楽器であるサックスは通常発話と同時に演奏されることはありません。胸と息と喉と声帯を使用しながら、その機能を言葉を伝えることとはまったく異なった状態に育て上げてきた即興演奏者が、その回路を通して、あるいは放棄して、ひとつの言葉を同時に読む。その言葉は、男性の声と女性の声のあいだで宙に釣られ、書き言葉がもともと持っていた「語り手の不明」さを明らかに示しながら、ひとつのものが同時に複数である経験をわたしたちに示してくれるでしょう。 
 これまで清澄白河Snac、浅草橋パラボリカ・ビス、アサヒ・アートスクエア、西麻布スーパーデラックスなどで試みられてきた彼女/彼らのステージは、現代文学/音楽の極端なオルタナティヴとして高く評価されてきました。2015年に「吉田アミ、か、大谷能生」名義で発表した舞台作品、『デジタル・ディスレクシア』から一年の充電期間を経て、2017年、毎回さまざまなゲストをお呼びしながら、およそ隔月のペースで、荻窪ベルベット・サンを中心にライブを企画してゆく予定です。われわれのステージにご期待ください。

吉田アミ(よしだ あみ)
音楽・文筆・前衛家。1990年頃より音楽活動を開始。2003年にソロアルバム「虎鶫」をリリース。同年、Utah KawasakiとのユニットastrotwinとSachiko.MとのユニットcosmosのCD「astrotwin+cosmos」がアルスエレクトロニカデジタル・ミュージック部門のグランプリにあたるゴールデンニカを受賞。文筆家としても活躍し、小説やレビュー・論考を発表。著書に「サマースプリング」(太田出版)、小説「雪ちゃんの言うことは絶対。」(講談社)がある。

大谷能生(おおたに よしお)
1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)/批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。96年〜02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校』や、単著『貧しい音楽』『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』など著作多数。音楽家としてはsim、mas、JazzDommunisters、呑むズ、蓮沼執太フィルなど多くのグループやセッションに参加。ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題歌を担当。東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、室伏鴻ほか、演劇やダンス作品への参加も多い。近作は『マームとジプシーと大谷能生』、入江陽『仕事』(プロデュース)など。2015年6月に初舞台主演作品となる『海底で履く靴には紐がない』(山縣太一作・演出・振付)を上演。

スペシャルゲスト
滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)
小説家。1982年生まれ。2011年「楽器」で新潮新人賞を受けデビュー。15年、映画「男はつらいよ」シリーズをモチーフにした『愛と人生』(講談社)で野間文芸新人賞。16年、『死んでいない者』(文藝春秋)で芥川賞。デビューから一貫して小説におけるナラティブ(語り)を重視した作品を発表。音楽や映画や落語などしばしば異ジャンルへと侵蝕しながらユーモラスな小説世界を展開する。他の著書に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(ともに新潮社)。

Mar
8
8:00 pm20:00

3/8(水) 芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)

Orquesta Libre主宰・ROVOのドラマー芳垣安洋、ロック~アンビエントまで独自の世界を構築するキーボディスト細海魚、細野晴臣・星野源のサポートベーシストとして活躍する伊賀航、Blacksheep主宰でありSFをこよなく愛するバリトンサックスプレーヤー吉田隆一による異次元カルテット!
【出演】芳垣安洋(ds) 細海魚(key) 伊賀航(b) 吉田隆一(bs)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1drink付)

 

■ご予約はこちら

Mar
11
7:00 pm19:00

3/11(土) 夜の部:OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他)

【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)
一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。

 

■ご予約はこちら

Mar
16
8:00 pm20:00

3/16(木) 外山明とSUNDRUM!踊る春祭典!

【出演】
外山明(dr,ほか)
-SUNDRUM-
坪内敦(per)・大島菜央(dance)・ツダユキコ (vo)・亀田欣昌(dance)・横手ありさ(vo)・ハブヒロシ (遊鼓)・荒井康太(ds,太鼓)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1drink付)

 

■ご予約はこちら

Mar
19
6:30 pm18:30

3/19(日) ふーちんギド/海藻姉妹

【出演】ふーちんギド/海藻姉妹
【開場】18:00
【開演】18:30
【料金】予約:3000円(1ドリンク付) 当日3500円(1ドリンク付)

ふーちんギド
Tuba ギデオン・ジュークス(Sigur Rós, Orquesta Libre, シカラムータ)と Drum ふーちん(チャラン・ポ・ランタン, Libera Cielo)からなる HEAVY GYPSY ROCK バンド。2013年にレコーディングとライブセッションで意気投合。とりあえず2人でやってみよう!と、バンドを結成し、斬新な奏法を開拓。

海藻姉妹
わかめ、こんぶ、めかぶ、からなるユニット。わかめとこんぶはサクソフォンを、めかぶは鍵盤楽器を演奏。千代田芸術祭2013 音部門 岸野雄一賞 受賞 2015.9.20 CD&DVD「海底演奏会実況盤」をoutonediscよりリリース。

Mar
22
8:00 pm20:00

3/22(水) マハゴニーシティバンド【スガダイロー(pf) 竹内直(ts) ギデオン・ジュークス(tuba) 石川広行(tp) 石若駿(ds)】

【出演】スガダイロー(pf)竹内直(ts)ギデオン・ジュークス(tuba)石川広行(tp)石若駿(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円(1ドリンク付き)
2016年9月、KAAT神奈川芸術劇場にて公演された白井晃・演出「舞台マハゴニー市の興亡」。音楽監督としてクルト・ヴァイルの音楽を大胆にアレンジしたスガダイローさん率いるマハゴニーシティバンドが荻窪の地へ。自由と歓楽を!

 

■ご予約はこちら

Mar
23
7:30 pm19:30

3/23(木) Music reflexology第六弾・伴瀬朝彦ソロライブ

【出演】伴瀬朝彦
【リフレ(足つぼ)】kimidori
【フード】kimidori特製カレー
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】予約3,000円 当日3,500円 リフレ体験付き(10分程度)
【ご予約・お問い合わせ】090-2256-7192・kimidori.tori@gmail
※足裏のみの施術となります
※演奏前を施術時間としておりますが、人数・順番によっては休憩中・演奏後となります。時間についてはお問い合わせください。
※飲酒後の施術はお避け下さい

kimidori reflexology(足つぼマッサージ)で五感が開き
音の世界に包まれる
見逃せない一夜。ご期待ください!

 

■ご予約はこちらから

Apr
27
7:30 pm19:30

4/27(木) 「お絵描きの会」【長谷川優貴・せらみかる・田中光・岸田メル・ナターシャ・モネ・熊本アイ・畠山達也】

【出演】長谷川優貴(クレオパトラ) せらみかる 田中光 岸田メル ナターシャ(ニュークレープ) モネ(ジャパネーズ) 熊本アイ(ストレンジサニィシアター) 畠山達也
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,500円(1ドリンク付)
芸人・イラストレーター・絵師が一同に介し、「絵描き歌」「お絵描き人狼」といったテーマに沿って絵を描き競うイベント「お絵描きの会」。同じテーマでありながら各自の画風が表れる様と、臨場感あるトークが好評です!

 

■ご予約はこちら

Apr
28
8:00 pm20:00

4/28(金) OKI & Rekpo Talk&Live

【出演】OKI / Rekpo
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約3500円  /  当日4000円 (各1ドリンク付)

 

■ご予約はこちら


Feb
23
8:00 pm20:00

2/23(木)cooking song vol.17【cooking songs small set: 高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt)】

cooking songsによる食事と音楽の一夜。オリジナル曲や、small setならではのカバー曲まで、2setたっぷりお楽しみ下さい。
【出演】cooking songs small set【高橋保行(vo,tb,cook) 伴瀬朝彦(vo,pf ,cook) 池澤龍作(dr) 田島拓(gt)】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

■cooking songs
高橋保行(『渋さ知らズ』)と伴瀬朝彦(『片想い』『ホライズン山下宅配便』ほか)による双頭リーダーバンド。2016年に1st album「Cooking Song」をリリース。バンドメンバーにケイタイモ(『WUJA BIN BIN』『ikanimo』『ヘヴンリーボーイズ』『ex:BEAT CRUSADERS』ほか)、池澤龍作(『WUJA BIN BIN』『スガダイロー:リトルブルー』ほか)、田島拓(『two necks』『南国ペヤング』ほか)、上運天淳市(『stim』『WUJA BIN BIN』)パニック大原(即興舞台『瞬間を紡ぐ時間』)を迎えた7人組で活動中。
また、バンドから数名ピックアップしたcooking songs small setによる、ディナーと音楽を落ち着いて楽しむイベントとして”cooking song”も定期的に開催している。

■ご予約はこちらから

Feb
22
8:00 pm20:00

2/22(水)『ぐらもくらぶ毛利眞人アワーvol.01 エロエロ行進曲の巻』

エロ歌謡の真髄とは!昭和戦前エロ歌謡とエロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?毛利眞人による「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス モガ・モボ・ソングの世界(ビクターCD)」「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影(講談社メチエ選書)」の魅力を徹底解剖!
【出演】毛利眞人ほか
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,000円

■ご予約はこちらから

Feb
17
8:00 pm20:00

2/17(金) nouon Trio +1

【出演】山田あずさ(Vibraphone) Kevin McHugh(Fender Rhodes) 山本淳平(Drums) Tyler Eaton( Bass)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】3,000円 (1Drink付)

 

■ご予約はこちらから

Feb
15
8:00 pm20:00

2/15(水) 象眠舎 実験公演「デンキノヲト」【Ema・高木大輔・向啓介・小西遼】

象眠舎は小西遼を主宰とした「音と言葉と景色の融合」を標榜する表現集団。非常に多岐に渡る音楽的要素や演出の組み合わせによって、表現形態や規模に囚われない実験的作品群を創造し続けている。
"デンキノヲト"は小西遼&向啓介duoが続けてきたエレクトロ・ノイズ・アンビエントによるライブセットに、アコースティックギターの高木大輔とシンガーのEmaを迎えて臨む実験公演。
エレクトロのアコースティックの狭間に浮かぶ歌とは?
【出演】Ema(vo) 高木大輔(gt) 向啓介(electro) 小西遼(sax)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】予約:2,500円 当日:3,000円(予約当日とも1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちらから

 

 

Feb
13
7:30 pm19:30

2/13(月) Make Like a Tree(Sergey Onischenko) / Leka

ウクライナ出身アーティストによる、映像・音楽の饗宴。アーティストLekaによる「ことわざ」に関する考察と映像作品。音楽はMake Like a Treeによるライブ。現地のお酒もお楽しみ頂けます。ウクライナの文化にじっくりと触れることのできるイベント。この機会をお見逃しなく!
【出演(act)】Make Like a Tree(Sergey Onischenko) / Leka
【開場(open)】19:00
【開演(start)】19:30
【料金(charge)】予約(adv)\3,000 / 当日(door)\3,300
予約・当日ともウクライナワイン付き・ご希望によりその他のドリンクもお選び頂けます。
(the charge include Ukraine wine. If you request, you can order another drink.)
※フードにつきましては、都合により、ウクライナワインの提供に変更となりました。ご了承下さい。

 

■ご予約はこちらから(reservation)

Feb
12
7:00 pm19:00

2/12(日) みどりん・池澤龍作duo

”ジャズ”というカテゴリーには到底収まりきらず、アフロビート、ヒップホップ、ポップス、ノイズ、ロック、ファンク、現代音楽...。あらゆるリズム、歌、景色を紡ぎ、熱狂を巻き起こす2人のドラマー。
時に音楽として、時に美術のように、時に映画のように、時にダンスのように、時に有機的に、時に無機質に。
柔らかなリズムとメカニックなリズムが混じり合い、ドラム2台で最高の表現を生み出す貴重な一夜!!
ステージもフロアも汗だく間違いなし!!!!!どうぞお見逃しなく!!!!!
【出演】
みどりん(dr)from SOIL&"PIMP"SESSIONS, J.A.M.
池澤龍作(dr)from WUJA BIN BIN, Little Blue
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

チーズタルト・ブルーチーズ・ハチミツとローズマリーケーキ・グリルチキンと野菜のタヒニソースピタパンサンド・ダチョウすじ肉と野菜のスパイシースープ等のフードも販売予定です!

 

■ご予約はこちらから

Feb
9
8:00 pm20:00

2/9(木) +81 【松村拓海(Flute, Synth) 岸淑香(Piano) 森永達哉(Guitar) スズキトモヒサ(Perc)】

「1983」、「俺はこんなもんじゃない」、菊地雅晃氏のプロジェクト等で活躍する松村拓海によるユニット「+81」。ギターとパーカッションから紡がれるリフ。その上空で漂うピアノとフルートの旋律は、南米の風を纏いつつ、東京という都市の甘美さを提示する。+81久々のワンマンライブはベルベットサンにて開催。
【出演】松村拓海(Flute, Synth) 岸淑香(Piano) 森永達哉(Guitar) スズキトモヒサ(Perc)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)

松村拓海
1982年2月16日生まれ。
9歳からフルートを始めたものの3年ほどで一度挫折。
高校入学後フルートを再開、ギターも独学で弾き始め、その頃にJeremy Steigのフルートを聴き、その自由な音楽表現に引き込まれていった。スタンダードジャズからフリージャズ、即興、ロックバンドやポップスなどジャンルを問わず活動し、自己ユニット"+81"などでオリジナル楽曲の演奏に取り組んでいる。ライヴ演奏の他にもTVやCM、様々な作品のレコーディングに参加し、レッスンにも力を注いでいる。リーダーユニット"+81"の他主な参加バンド、共演者は"菊地雅晃" "Kenichiro Nishihara" "菅原慎一" "1983" "peno" "俺はこんなもんじゃない"etc...

 

■ご予約はこちら

Feb
5
8:00 pm20:00

2/5(日) 吉田隆一「赤い砂漠 -Deserto rosso-」【吉田隆一(bs,cl,fl,作曲) 大谷能生(as,PC)安藤暁彦(as,effects)RIO(bs)トオイダイスケ(p,b,organ)池澤龍作(ds)】

Gouacheから名をあらため、本格的に始動する吉田隆一楽曲演奏プロジェクト。
赤い砂漠……それはミケランジェリ・アントニオーニの映画か、はたまた火星の大地か。モノクロームとカラーを行き来する色彩感。安寧と不安。あなたの魂に安らぎあれ。
【出演】吉田隆一(bs,cl,fl,作曲) 大谷能生(as,PC)安藤暁彦(as,effects)RIO(bs)トオイダイスケ(p,b,organ)池澤龍作(ds)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付き)
 

■ご予約はこちらから

Feb
3
7:00 pm19:00

2/3(金) OKHP JAM【スガダイロー(p)、Mr.Firebone(sax)、池澤龍作(dr)】

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。
【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr)他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちらから

Jan
30
7:30 pm19:30

1/30(月) Music reflexology第五弾・外山明(dr)ソロライブ

【出演】外山明(dr)
【リフレ(足つぼ)】kimidori
【フード】kimidori特製カレー
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】予約3,000円 当日3,500円 リフレ体験付き(10分程度)
【ご予約・お問い合わせ】090-2256-7192・kimidori.tori@gmail
※足裏のみの施術となります
※演奏前を施術時間としておりますが、人数・順番によっては休憩中・演奏後となります。時間についてはお問い合わせください。
※飲酒後の施術はお避け下さい

kimidori reflexology(足つぼマッサージ)で五感が開き
音の世界に包まれる
見逃せない一夜。ご期待ください!
ーーーーーーー
外山明 プロフィール
斬新なドラムセンスとテクニックで独特の磁場を創り出 し、ジャンルを問わず幅広く活動するドラマー。
24歳の時『坂田明DADADAオーケストラ』『日野皓正・HAVATAMPA』に参加。この頃から様々なセッション活動を行い、その後『渡辺貞夫グループ』 『松岡直也スーパー5』『Tipographica』などで活躍。キューバ、インド、西アフリカ などの多くの国を旅し、音色とリズムの幅を広げる。近年は単身ギニアに渡り、ギニア国立舞踊団のバラフォニストに手ほどきを受ける。
現在は<外山・大儀見DUO><Quivarac><Time Flows Trio><栗田妙子・外山明Duo><Phonolite Trio><しぶやさんといっしょ><渋谷毅オーケストラ><エッセンシャルエリントン><TOTONOTTA><松風鉱一カルテット><MULLHOUSE><BOZO>他で活動中。

 

■ご予約はこちらから

Jan
29
8:00 pm20:00

1/29(日) kinetic × O.P.P.A.I.【kinetic:千葉広樹b 服部正嗣dr O.P.P.A.I.:伊吹文裕dr 小金丸慧gt 竹之内カズヤgt 井上薫key 安藤康平sax 蒔野友美Toys 佐藤アンナVocal 新井和輝Bass】

【出演】kinetic/O.P.P.A.I.
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円 (1drink付)

■kinetic
千葉広樹(Bass)と服部正嗣(Drums)によるリアルタイムプロセッシング人力エレクトロニカリズムユニット。
これまでに1stアルバム「Kinetic」2016年6月にBlack Smoker RecordsよりOMSB、K-BOMB、志人をゲストに迎えた2nd Album「db」をリリース。これまでの共演はOMSB(SIMI LAB)、志人(降神)、K-BOMB、Boris Hegenbart(ベルリン)、Cal Lyall、大谷能生、千住宗臣、小林うてな。
http://kineticjapan.tumblr.com/

■O.P.P.A.I.
伊吹文裕 - Drums 小金丸慧 - Guitar 竹之内カズヤ - Guitar 井上薫 - Keyboards 安藤康平 - Sax 蒔野友美 - Toys 佐藤アンナ - Vocal 新井和輝 - Bass
2011年11月、ドラマー伊吹文裕を中心に神奈川県川崎市にて結成。エモーショナルでコンテンポラリーな超絶奇天烈ロックバンド。爆音、轟音、混沌とした音の中に美しさを見い出す、だいたい8人組。現在までに自主製作e.p.を3枚発表。2016年はマレーシアのパーカッショニストMuhammad Abdul Karimや、芸術家の中山晃子、VJ MEG(OVERHEADS)との共演を果たしている。
http://o-p-p-a-i.tumblr.com

 

■ご予約はこちら

Jan
24
8:00 pm20:00

1/24(火)ドキドキノイズ新年クラブ(前髪)

【出演】ドキドキクラブ(映像作家)、ノイズ中村、前髪(パフォーマー)
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】1,500円(1ドリンク付き)

 

■ご予約はこちらから

Jan
23
7:30 pm19:30

1/23(月) エキスペンデッド・サクスフォン/大谷能生×安藤暁彦 vol.1 (VJ/food: eetee)

サックス・PCを操る両者による音の構築、第一回。VJ & ケータリングとしてスパイス料理屋台「eetee食堂」も出演決定!
【出演】大谷能生(sax,etc)/安藤暁彦(sax,etc)/eetee(VJ,food)
【開場】19:00
【開演】19:30
【料金】2,000円 (1drink付) 

■大谷能生
1972年生まれ。音楽(サックス・エレクトロニクス・作編曲・トラックメイキング)/批評(ジャズ史・20世紀音楽史・音楽理論)。96年〜02年まで音楽批評誌「Espresso」を編集・執筆。菊地成孔との共著『憂鬱と官能を教えた学校』や、単著『貧しい音楽』『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』『ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く』など著作多数。音楽家としてはsim、mas、JazzDommunisters、呑むズ、蓮沼執太フィルなど多くのグループやセッションに参加。ソロ・アルバム『「河岸忘日抄」より』、『舞台のための音楽2』をHEADZから、『Jazz Abstractions』をBlackSmokerからリリース。映画『乱暴と待機』の音楽および「相対性理論と大谷能生」名義で主題歌を担当。東京デスロック、中野茂樹+フランケンズ、岩渕貞太、鈴木ユキオ、室伏鴻ほか、演劇やダンス作品への参加も多い。近作は『マームとジプシーと大谷能生』、入江陽『仕事』(プロデュース)など。2015年6月に初舞台主演作品となる『海底で履く靴には紐がない』(山縣太一作・演出・振付)を上演。http://www.ootany.com/

■安藤暁彦
kuruucrew, goat, bonanzas, owkmj, peno, FAIR PLAY,etcに参加。 sax,syn,effects,etcを担当。http://aka-akn.tumblr.com/

■eetee
おもな表現手段、映像と料理。
昂揚感の共有をモットーに神出鬼没の活動を続ける。
ライブカメラを駆使した手法が好評を得て、数々のアーティストと共演。
ほか、MVやトレイラーを作ったり、国際NGOの映像クルーとして、地球上のさまざまな国と地域を訪ねたり。
一方で、視覚だけでは飽き足らず、味覚へ訴えかける表現活動にも手を広げる。自宅でのカレーパーティーが、いつのまにかスパイス料理屋台「eetee食堂」として始動。個人宅、野外フェス、クラブイベント、結婚式、こどものたんじょうびかい、呼ばれればどこへでも。
http://me.eetee.net/?cid=31420

 

■ご予約はこちらから

Jan
22
7:00 pm19:00

1/22(日) OKHP JAM(スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他)

一般のお客様が誰でも参加出来るセッション企画になります。
皆様ご来場、心よりお待ちしております。
【セッションホスト】スガダイロー(p) Mr.Firebone(sax) 池澤龍作(dr) 高橋保行(tb)他
【開場】18:30
【開演】19:00
【料金】参加:2,000円(1ドリンク付き)見学:無料(要1ドリンクオーダー)

 

■ご予約はこちらから

Jan
21
8:00 pm20:00

1/21(土) 東京塩麹『ミニマリスト日和』

都内で唯一の人力ミニマル楽団として、2012年1月27日(日)に初ライブを敢行してから早4年。
メンバーの身体に蓄積された独自の演奏技術と、研ぎ澄まされたミニマル楽曲を最大限にアウトプット。
さらに、歴史的なミニマルミュージックの名曲も織り交ぜ、まさに阿鼻叫喚、ミニマル尽くしの単独ライブ。
日本中のミニマリストが寄せ合い、ひしめき合い、泣く子も黙る、超ストイックなミニマリスト日和。

【出演】渡辺南友(Tp)・渡辺菜月(Tb)・中山慧介(Pf)・額田大志(Key&Per)・寺田竜二(Gt)・初見元基(Ba)・渡健人(Dr)・タカラマハヤ(Per)・ermhoi(Vo)
【開場】19:30
【開演】20:00(終演:21:45予定、休憩有り)
【料金】¥2,500(w/1drink)

 

■ご予約はこちらから

Jan
18
8:00 pm20:00

1/18(水) 【再始動】吉田アミ、か、大谷能生【出演:大谷能生・吉田アミ・榎本櫻湖】

吉田アミ、か、大谷能生
文筆家/即興演奏家である男女が、書き言葉を舞台上で引き裂き、揺らめかせようとする試み。

【出演】大谷能生・吉田アミ・榎本櫻湖
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1ドリンク付)

榎本櫻湖(えのもと・さくらこ)

詩人。1987年生まれ。2007年より詩を書きはじめ、2011年第49回現代詩手帖賞受賞。著書に2012年『増殖する眼球にまたがって』(思潮社)、2014年『空腹時にアスピリンを飲んではいけない』(七月堂)など。また三軒茶屋にあるイベントスペース四軒茶屋にて、定期的にイベント『サクラコの部屋』開催。これまでに、芥川賞作家の滝口悠生や仲良しの詩人たちが出演。朗読パフォーマンスも精力的に行っている。

Jan
16
8:00 pm20:00

1/16(月)cooking song vol.16

【出演】cooking songs(small set)【高橋保行(vo,tb,cook)・伴瀬朝彦(pf,vo,cook)・田島拓(gt)】
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(料理付き・ドリンク別)

Jan
14
8:00 pm20:00

1/14(土)夜の部:寺尾洋之のイチから始めるアニメ・イラスト講座 1月号

【出演】寺尾洋之
【開場】19:30
【開演】20:00
【料金】2,500円(1D付、寺尾さんの書き下ろしイラスト付)

1月の講座は・・・

第一部は、

映像に音楽をつける?音楽に映像をつける?
…の2回目!
音源を聴くところから映像が出来上がるまでを、
各種、資料を見ながら順を追って見ていきたいと思います。
数か月連続シリーズですが、今回からでも大丈夫!分かりやすく楽しい、ためになる講義になっています!

第二部は、
新年の抱負大会。
今年はいろいろとありそうなので、ご期待ください!


講座の後は、新年会…!?
それでは今年もよろしくお願いします!!

それでは皆様よろしくお願いいたします!!